検索

3.3. ISO イメージからのベース仮想マシンの作成

download PDF

ISO イメージから RHEL 8 ベースイメージを作成するには、ホストマシンの仮想化を有効にし、RHEL 仮想マシン (VM) を作成します。

前提条件

3.3.1. RHEL ISO イメージからの仮想マシンの作成

手順

  1. 仮想化用のホストマシンを有効にしていることを確認します。設定および手順は、RHEL 8 で仮想化を有効にする を参照してください。
  2. 基本的な Red Hat Enterprise Linux 仮想マシンを作成し、起動します。手順は、仮想マシンの作成 を参照してください。

    1. コマンドラインを使用して仮想マシンを作成する場合は、デフォルトのメモリーと CPU を仮想マシンの容量に設定するようにしてください。仮想ネットワークインターフェイスを virtio に設定します。

      たとえば、次のコマンドは /home/username/Downloads/rhel9.iso イメージを使用して仮想マシン kvmtest を作成します。

      # virt-install \
          --name kvmtest --memory 2048 --vcpus 2 \
          --cdrom /home/username/Downloads/rhel8.iso,bus=virtio \
          --os-variant=rhel8.0
    2. Web コンソールを使用して仮想マシンを作成する場合は、Web コンソールで仮想マシンの作成 の手順を行います。以下の点に注意してください。

      • 仮想マシンをすぐに起動 は選択しないでください。
      • メモリー を希望のサイズに変更します。
      • インストールを開始する前に、仮想ネットワークインターフェイス設定モデルvirtio に変更し、vCPUs を仮想マシンの容量設定に変更していることを確認します。

3.3.2. RHEL インストールの完了

Amazon Web Services (AWS) にデプロイする RHEL システムのインストールを完了するには、インストールの概要 ビューをカスタマイズし、インストールを開始し、仮想マシンの起動後にルートアクセスを有効にします。

手順

  1. インストールプロセス中に使用する言語を選択します。
  2. インストール概要 ビューで、以下を行います。

    1. ソフトウェアの選択 をクリックし、最小インストール を選択します。
    2. 完了 をクリックします。
    3. インストール先 をクリックし、ストレージ設定カスタム を選択します。

      • /boot で、500 MB 以上であることを確認してください。残りの領域は、root / に使用できます。
      • 標準のパーティションが推奨されますが、論理ボリューム管理 (LVM) を使用することも可能です。
      • ファイルシステムには、xfs、ext4、ext3 などを使用できます。
      • 変更が完了したら、完了 をクリックします。
  3. インストールの開始 をクリックします。
  4. Root パスワード を設定します。必要に応じて、他のユーザーを作成します。
  5. インストールが完了したら、仮想マシンを再起動して root でログインします。
  6. イメージを設定します。

    1. 仮想マシンを登録し、Red Hat Enterprise Linux 8 リポジトリーを有効にします。

      # subscription-manager register --auto-attach
    2. cloud-init パッケージがインストールされ、有効になっていることを確認します。

      # yum install cloud-init
      # systemctl enable --now cloud-init.service
  7. 重要: この手順は、AWS にアップロードする仮想マシンにのみ行います。

    1. AMD64 または Intel 64 (x86_64) 仮想マシンの場合は、nvme ドライバー、xen-netfront ドライバー、および xen-blkfront ドライバー をインストールします。

      # dracut -f --add-drivers "nvme xen-netfront xen-blkfront"
    2. ARM 64 (aarch64) 仮想マシンの場合は、nvme ドライバーをインストールします。

      # dracut -f --add-drivers "nvme"

      これらのドライバーを追加すると、dracut タイムアウトの可能性がなくなります。

      ここでは、ドライバーを /etc/dracut.conf.d/ に追加し、dracut -f を入力して既存の initramfs ファイルを上書きできます。

  8. 仮想マシンの電源をオフにします。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.