検索

第10章 エラータの管理

download PDF

Red Hat では、品質管理およびリリースプロセスの一部として、お客様に Red Hat RPM の公式リリースの更新を提供しています。Red Hat では、更新を説明するアドバイザリーと共に、関連パッケージのグループを エラータ にコンパイルします。アドバイザリーには以下の 3 種類があります (重要度の高い順)。

セキュリティーアドバイザリー
パッケージで見つかったセキュリティー問題の修正を説明。セキュリティー問題の重大度のレベルは、低、中、重要、重大に分かれています。
バグ修正アドバイザリー
パッケージのバグ修正を説明。
製品の機能拡張アドバイザリー
パッケージに追加された機能拡張および新機能を説明。

Red Hat Satellite は、リポジトリーを Red Hat の Content Delivery Network (CDN) と同期する際にこれらのエラータ情報をインポートします。Red Hat Satellite ではエラータを検証してフィルタリングするためのツールも提供しており、更新の管理が正確にできます。このようにして、関連のある更新を選択し、コンテンツビューから選択したコンテンツホストに伝播できます。

エラータには、それらに含まれる最も重要なアドバイザリータイプに応じてラベルが付けられます。そのため、製品の機能拡張アドバイザリー というラベルが付けられたエラータには機能拡張の更新のみが含まれ、バグ修正アドバイザリー エラータにはバグ修正と機能拡張の両方が含まれ、セキュリティーアドバイザリー にはこれら 3 つのタイプが含まれる場合があります。

Red Hat Satellite では、エラータと利用可能なコンテンツホストとの関係を表す 2 つのキーワードがあります。

適用可能
1 つ以上のコンテンツホストに適用されるエラータ。つまり、コンテンツホストに存在するパッケージを更新します。これらのエラータはコンテンツホストに適用されますが、状態が インストール可能 に変わるまでは、エラータのインストール準備はできていません。インストール可能なエラータは自動的に適用されます。
インストール可能
1 つ以上のコンテンツホストに適用され、コンテンツホストにインストールできるエラータ。インストール可能なエラータは、ライフサイクル環境および関連するコンテンツビューからコンテンツホストで利用できますが、まだインストールされていません。

本章では、エラータの管理方法と 1 つのホストまたは複数のホストへの適用方法を説明します。

10.1. エラータのベストプラクティス

  • エラータを使用して、他の影響を受けていないパッケージを更新せずに、セキュリティー問題のパッチをフリーズしたコンテンツのセットに追加します。
  • Hammer スクリプトまたは Ansible Playbook を使用して、エラータの管理を自動化します。
  • コンテンツホストページでエラータを表示し、現在のコンテンツビューとライフサイクル環境のエラータを、最新の同期パッケージを含むライブラリーライフサイクル環境と比較します。

    ホストのライフサイクルのコンテンツビューバージョンに含まれるエラータのみを適用できます。適用可能なエラータを推奨事項として表示し、ホストにエラータを提供するための増分コンテンツビューを作成できます。詳細は、「増分コンテンツビューへのエラータの追加」 を参照してください。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.