検索

2.9. vSphere でのマシンセットの作成

download PDF

VMware vSphere 上の OpenShift Container Platform クラスターで特定の目的を果たすように異なるマシンセットを作成することができます。たとえば、インフラストラクチャーマシンセットおよび関連マシンを作成して、サポートするワークロードを新しいマシンに移動できます。

重要

高度なマシン管理およびスケーリング機能は、マシン API が機能しているクラスターでのみ使用することができます。ユーザーがプロビジョニングしたインフラストラクチャーを持つクラスターでは、マシン API を使用するために追加の検証と設定が必要です。

インフラストラクチャープラットフォームタイプが none のクラスターは、マシン API を使用できません。この制限は、クラスターに接続されている計算マシンが、この機能をサポートするプラットフォームにインストールされている場合でも適用されます。このパラメーターは、インストール後に変更することはできません。

クラスターのプラットフォームタイプを表示するには、以下のコマンドを実行します。

$ oc get infrastructure cluster -o jsonpath='{.status.platform}'

2.9.1. vSphere 上のマシンセットのカスタムリソースのサンプル YAML

このサンプル YAML は、VMware vSphere で実行され、 node-role.kubernetes.io/<role>: "" というラベルが付けられたノードを作成するマシンセットを定義します。

このサンプルでは、<infrastructure_id> はクラスターのプロビジョニング時に設定したクラスター ID に基づくインフラストラクチャー ID であり、<role> は追加するノードラベルです。

apiVersion: machine.openshift.io/v1beta1
kind: MachineSet
metadata:
  creationTimestamp: null
  labels:
    machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id> 1
  name: <infrastructure_id>-<role> 2
  namespace: openshift-machine-api
spec:
  replicas: 1
  selector:
    matchLabels:
      machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id> 3
      machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <infrastructure_id>-<role> 4
  template:
    metadata:
      creationTimestamp: null
      labels:
        machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id> 5
        machine.openshift.io/cluster-api-machine-role: <role> 6
        machine.openshift.io/cluster-api-machine-type: <role> 7
        machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <infrastructure_id>-<role> 8
    spec:
      metadata:
        creationTimestamp: null
        labels:
          node-role.kubernetes.io/<role>: "" 9
      providerSpec:
        value:
          apiVersion: vsphereprovider.openshift.io/v1beta1
          credentialsSecret:
            name: vsphere-cloud-credentials
          diskGiB: 120
          kind: VSphereMachineProviderSpec
          memoryMiB: 8192
          metadata:
            creationTimestamp: null
          network:
            devices:
            - networkName: "<vm_network_name>" 10
          numCPUs: 4
          numCoresPerSocket: 1
          snapshot: ""
          template: <vm_template_name> 11
          userDataSecret:
            name: worker-user-data
          workspace:
            datacenter: <vcenter_datacenter_name> 12
            datastore: <vcenter_datastore_name> 13
            folder: <vcenter_vm_folder_path> 14
            resourcepool: <vsphere_resource_pool> 15
            server: <vcenter_server_ip> 16
1 3 5
クラスターのプロビジョニング時に設定したクラスター ID を基にするインフラストラクチャー ID を指定します。OpenShift CLI (oc) がインストールされている場合は、以下のコマンドを実行してインフラストラクチャー ID を取得できます。
$ oc get -o jsonpath='{.status.infrastructureName}{"\n"}' infrastructure cluster
2 4 8
インフラストラクチャー ID およびノードラベルを指定します。
6 7 9
追加するノードラベルを指定します。
10
コンピュートマシンセットをデプロイする vSphere 仮想マシンネットワークを指定します。この仮想マシンネットワークは、他のコンピューティングマシンがクラスター内に存在する場所である必要があります。
11
user-5ddjd-rhcos などの使用する vSphere 仮想マシンテンプレートを指定します。
12
コンピュートマシンセットをデプロイする vCenter Datacenter を指定します。
13
コンピュートマシンセットをデプロイする vCenter Datastore を指定します。
14
/dc1/vm/user-inst-5ddjd などの vCenter の vSphere 仮想マシンフォルダーへのパスを指定します。
15
仮想マシンの vSphere リソースプールを指定します。
16
vCenter サーバーの IP または完全修飾ドメイン名を指定します。

2.9.2. マシンセット管理に最低限必要な vCenter 権限

vCenter 上の OpenShift Container Platform クラスターでマシンセットを管理するには、必要なリソースの読み取り、作成、および削除を行う権限を持つアカウントを使用する必要があります。グローバル管理者権限のあるアカウントを使用すること方法が、必要なすべてのパーミッションにアクセスするための最も簡単な方法です。

グローバル管理者権限を持つアカウントを使用できない場合は、最低限必要な権限を付与するロールを作成する必要があります。次の表に、マシンセットの作成、スケーリング、削除、および OpenShift Container Platform クラスター内のマシンの削除に必要な vCenter の最小のロールと特権を示します。

例2.1 マシンセットの管理に必要な最小限の vCenter のロールと権限

ロールの vSphere オブジェクト必要になる場合必要な特権

vSphere vCenter

Always

InventoryService.Tagging.AttachTag
InventoryService.Tagging.CreateCategory
InventoryService.Tagging.CreateTag
InventoryService.Tagging.DeleteCategory
InventoryService.Tagging.DeleteTag
InventoryService.Tagging.EditCategory
InventoryService.Tagging.EditTag
Sessions.ValidateSession
StorageProfile.Update1
StorageProfile.View1

vSphere vCenter Cluster

Always

Resource.AssignVMToPool

vSphere Datastore

Always

Datastore.AllocateSpace
Datastore.Browse

vSphere ポートグループ

Always

Network.Assign

仮想マシンフォルダー

Always

VirtualMachine.Config.AddRemoveDevice
VirtualMachine.Config.AdvancedConfig
VirtualMachine.Config.Annotation
VirtualMachine.Config.CPUCount
VirtualMachine.Config.DiskExtend
VirtualMachine.Config.Memory
VirtualMachine.Config.Settings
VirtualMachine.Interact.PowerOff
VirtualMachine.Interact.PowerOn
VirtualMachine.Inventory.CreateFromExisting
VirtualMachine.Inventory.Delete
VirtualMachine.Provisioning.Clone

vSphere vCenter Datacenter

インストールプログラムが仮想マシンフォルダーを作成する場合

Resource.AssignVMToPool
VirtualMachine.Provisioning.DeployTemplate

1StorageProfile.Update および StorageProfile.View 権限は、Container Storage Interface (CSI) を使用するストレージバックエンドにのみ必要です。

重要

CSI ドライバーおよび機能の一部は、OpenShift Container Platform 4.10 ではテクノロジープレビューとして提供されています。詳細は、OpenShift Container Platform でサポートされる CSI ドライバー を参照してください。

次の表に、マシンセットの管理に必要なパーミッションと伝播設定の詳細を示します。

例2.2 必要なパーミッションおよび伝播の設定

vSphere オブジェクトフォルダータイプ子への伝播パーミッションが必要

vSphere vCenter

Always

必須ではありません。

必要な特権が一覧表示

vSphere vCenter Datacenter

既存のフォルダー

必須ではありません。

ReadOnly パーミッション

インストールプログラムがフォルダーを作成する

必須

必要な特権が一覧表示

vSphere vCenter Cluster

Always

必須

必要な特権が一覧表示

vSphere vCenter Datastore

Always

必須ではありません。

必要な特権が一覧表示

vSphere Switch

Always

必須ではありません。

ReadOnly パーミッション

vSphere ポートグループ

Always

必須ではありません。

必要な特権が一覧表示

vSphere vCenter 仮想マシンフォルダー

既存のフォルダー

必須

必要な特権が一覧表示

必要な権限のみを持つアカウントの作成に関する詳細は、vSphere ドキュメントの vSphere Permissions and User Management Tasks を参照してください。

関連情報

2.9.3. コンピュートマシンセットを使用するための、ユーザーがプロビジョニングしたインフラストラクチャーを持つクラスターの要件

ユーザーがプロビジョニングしたインフラストラクチャーを持つクラスターでコンピュートマシンセットを使用するには、クラスター設定が Machine API の使用をサポートしていることを確認する必要があります。

インフラストラクチャー ID の取得

コンピュートマシンセットを作成するには、クラスターのインフラストラクチャー ID を指定できる必要があります。

手順

  • クラスターのインフラストラクチャー ID を取得するには、次のコマンドを実行します。

    $ oc get infrastructure cluster -o jsonpath='{.status.infrastructureName}'
vSphere 認証情報の要件を満たす

コンピュートマシンセットを使用するには、マシン API が vCenter と対話できる必要があります。マシン API コンポーネントが vCenter と対話することを許可する認証情報は、openshift-machine-api 名前空間のシークレットに存在する必要があります。

手順

  1. 必要な認証情報が存在するかどうかを確認するには、次のコマンドを実行します。

    $ oc get secret \
      -n openshift-machine-api vsphere-cloud-credentials \
      -o go-template='{{range $k,$v := .data}}{{printf "%s: " $k}}{{if not $v}}{{$v}}{{else}}{{$v | base64decode}}{{end}}{{"\n"}}{{end}}'

    出力例

    <vcenter-server>.password=<openshift-user-password>
    <vcenter-server>.username=<openshift-user>

    ここで、<vcenter-server> は vCenter サーバーの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名 (FQDN) であり、<openshift-user> および <openshift-user-password> は使用する OpenShift Container Platform 管理者の認証情報です。

  2. シークレットが存在しない場合は、次のコマンドを実行して作成します。

    $ oc create secret generic vsphere-cloud-credentials \
      -n openshift-machine-api \
      --from-literal=<vcenter-server>.username=<openshift-user> --from-literal=<vcenter-server>.password=<openshift-user-password>
Ignition 設定要件を満たす

仮想マシン (VM) のプロビジョニングには、有効な Ignition 設定が必要です。Ignition 設定には、machine-config-server アドレスと、Machine Config Operator からさらに Ignition 設定を取得するためのシステム信頼バンドルが含まれています。

デフォルトでは、この設定は machine-api-operator namespace の worker-user-data シークレットに保存されます。コンピュートマシンセットは、マシンの作成プロセス中にシークレットを参照します。

手順

  1. 必要なシークレットが存在するかどうかを判断するには、次のコマンドを実行します。

    $ oc get secret \
      -n openshift-machine-api worker-user-data \
      -o go-template='{{range $k,$v := .data}}{{printf "%s: " $k}}{{if not $v}}{{$v}}{{else}}{{$v | base64decode}}{{end}}{{"\n"}}{{end}}'

    出力例

    disableTemplating: false
    userData: 1
      {
        "ignition": {
          ...
          },
        ...
      }

    1
    ここでは完全な出力は省略しますが、この形式にする必要があります。
  2. シークレットが存在しない場合は、次のコマンドを実行して作成します。

    $ oc create secret generic worker-user-data \
      -n openshift-machine-api \
      --from-file=<installation_directory>/worker.ign

    ここで <installation_directory>、クラスターのインストール中にインストール資産を保管するために使用されたディレクトリーです。

2.9.4. マシンセットの作成

インストールプログラムによって作成されるコンピュートセットセットに加えて、独自のマシンセットを作成して、選択した特定のワークロードのマシンコンピューティングリソースを動的に管理できます。

注記

ユーザーがプロビジョニングしたインフラストラクチャーを使用してインストールされたクラスターには、インストールプログラムによってプロビジョニングされたインフラストラクチャーを使用したクラスターとは異なるネットワークスタックがあります。この違いの結果、自動ロードバランサー管理は、ユーザーがプロビジョニングしたインフラストラクチャーを持つクラスターではサポートされません。これらのクラスターの場合、コンピュートマシンセットは worker および infra タイプのマシンのみを作成できます。

前提条件

  • OpenShift Container Platform クラスターをデプロイすること。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。
  • cluster-admin パーミッションを持つユーザーとして、oc にログインする。
  • vCenter インスタンスに仮想マシンをデプロイするのに必要なパーミッションがあり、指定されたデータストアへのアクセス権限が必要です。
  • クラスターがユーザーによってプロビジョニングされたインフラストラクチャーを使用している場合、その設定の特定のマシン API 要件を満たしています。

手順

  1. 説明されているようにマシンセット カスタムリソース (CR) サンプルを含む新規 YAML ファイルを作成し、そのファイルに <file_name>.yaml という名前を付けます。

    <clusterID> および <role> パラメーターの値を設定していることを確認します。

  2. オプション: 特定のフィールドに設定する値がわからない場合は、クラスターから既存のコンピュートマシンセットを確認できます。

    1. クラスター内のコンピュートマシンセットをリスト表示するには、次のコマンドを実行します。

      $ oc get machinesets -n openshift-machine-api

      出力例

      NAME                                DESIRED   CURRENT   READY   AVAILABLE   AGE
      agl030519-vplxk-worker-us-east-1a   1         1         1       1           55m
      agl030519-vplxk-worker-us-east-1b   1         1         1       1           55m
      agl030519-vplxk-worker-us-east-1c   1         1         1       1           55m
      agl030519-vplxk-worker-us-east-1d   0         0                             55m
      agl030519-vplxk-worker-us-east-1e   0         0                             55m
      agl030519-vplxk-worker-us-east-1f   0         0                             55m

    2. 特定のコンピュートマシンセットカスタムリソース(CR)の値を表示するには、以下のコマンドを実行します。

      $ oc get machineset <machineset_name> \
        -n openshift-machine-api -o yaml

      出力例

      apiVersion: machine.openshift.io/v1beta1
      kind: MachineSet
      metadata:
        labels:
          machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id> 1
        name: <infrastructure_id>-<role> 2
        namespace: openshift-machine-api
      spec:
        replicas: 1
        selector:
          matchLabels:
            machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id>
            machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <infrastructure_id>-<role>
        template:
          metadata:
            labels:
              machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id>
              machine.openshift.io/cluster-api-machine-role: <role>
              machine.openshift.io/cluster-api-machine-type: <role>
              machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <infrastructure_id>-<role>
          spec:
            providerSpec: 3
              ...

      1
      クラスターインフラストラクチャー ID。
      2
      デフォルトのノードラベル。
      注記

      ユーザーがプロビジョニングしたインフラストラクチャーを持つクラスターの場合、コンピュートマシンセットは worker および infra タイプのマシンのみを作成できます。

      3
      コンピュートマシンセット CR の <providerSpec> セクションの値は、プラットフォーム固有です。CR の <providerSpec> パラメーターの詳細については、プロバイダーのサンプルコンピュートマシンセット CR 設定を参照してください。
    3. ユーザーがプロビジョニングしたインフラストラクチャーを持つクラスター用のコンピュートマシンセットを作成する場合は、次の重要な値に注意してください。

      例: vSphere providerSpec

      apiVersion: machine.openshift.io/v1beta1
      kind: MachineSet
      ...
      template:
        ...
        spec:
          providerSpec:
            value:
              apiVersion: machine.openshift.io/v1beta1
              credentialsSecret:
                name: vsphere-cloud-credentials 1
              diskGiB: 120
              kind: VSphereMachineProviderSpec
              memoryMiB: 16384
              network:
                devices:
                  - networkName: "<vm_network_name>"
              numCPUs: 4
              numCoresPerSocket: 4
              snapshot: ""
              template: <vm_template_name> 2
              userDataSecret:
                name: worker-user-data 3
              workspace:
                datacenter: <vcenter_datacenter_name>
                datastore: <vcenter_datastore_name>
                folder: <vcenter_vm_folder_path>
                resourcepool: <vsphere_resource_pool>
                server: <vcenter_server_address> 4

      1
      必要な vCenter 認証情報を含む openshift-machine-api 名前空間のシークレットの名前。
      2
      インストール中に作成されたクラスターの RHCOS VM テンプレートの名前。
      3
      必要な Ignition 設定認証情報を含む openshift-machine-api namespace のシークレットの名前。
      4
      vCenter サーバーの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名 (FQDN)。
  3. 次のコマンドを実行して MachineSet CR を作成します。

    $ oc create -f <file_name>.yaml

検証

  • 次のコマンドを実行して、コンピュートマシンセットのリストを表示します。

    $ oc get machineset -n openshift-machine-api

    出力例

    NAME                                DESIRED   CURRENT   READY   AVAILABLE   AGE
    agl030519-vplxk-infra-us-east-1a    1         1         1       1           11m
    agl030519-vplxk-worker-us-east-1a   1         1         1       1           55m
    agl030519-vplxk-worker-us-east-1b   1         1         1       1           55m
    agl030519-vplxk-worker-us-east-1c   1         1         1       1           55m
    agl030519-vplxk-worker-us-east-1d   0         0                             55m
    agl030519-vplxk-worker-us-east-1e   0         0                             55m
    agl030519-vplxk-worker-us-east-1f   0         0                             55m

    新規のマシンセットが利用可能な場合、 DESIRED および CURRENT の値は一致します。マシンセットが利用可能でない場合、数分待機してからコマンドを再度実行します。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.