検索

2.7. OpenStack でのマシンセットの作成

download PDF

異なるマシンセットを作成して、Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) 上の OpenShift Container Platform クラスターで特定の目的で使用できます。たとえば、インフラストラクチャーマシンセットおよび関連マシンを作成して、サポートするワークロードを新しいマシンに移動できます。

重要

高度なマシン管理およびスケーリング機能は、マシン API が機能しているクラスターでのみ使用することができます。ユーザーがプロビジョニングしたインフラストラクチャーを持つクラスターでは、マシン API を使用するために追加の検証と設定が必要です。

インフラストラクチャープラットフォームタイプが none のクラスターは、マシン API を使用できません。この制限は、クラスターに接続されている計算マシンが、この機能をサポートするプラットフォームにインストールされている場合でも適用されます。このパラメーターは、インストール後に変更することはできません。

クラスターのプラットフォームタイプを表示するには、以下のコマンドを実行します。

$ oc get infrastructure cluster -o jsonpath='{.status.platform}'

2.7.1. RHOSP 上のマシンセットのカスタムリソースのサンプル YAML

このサンプル YAML は、Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) で実行され、node-role.kubernetes.io/<role>: "" というラベルが付けられたノードを作成するマシンセットを定義します。

このサンプルでは、<infrastructure_id> はクラスターのプロビジョニング時に設定したクラスター ID に基づくインフラストラクチャー ID であり、<role> は追加するノードラベルです。

apiVersion: machine.openshift.io/v1beta1
kind: MachineSet
metadata:
  labels:
    machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id> 1
    machine.openshift.io/cluster-api-machine-role: <role> 2
    machine.openshift.io/cluster-api-machine-type: <role> 3
  name: <infrastructure_id>-<role> 4
  namespace: openshift-machine-api
spec:
  replicas: <number_of_replicas>
  selector:
    matchLabels:
      machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id> 5
      machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <infrastructure_id>-<role> 6
  template:
    metadata:
      labels:
        machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id> 7
        machine.openshift.io/cluster-api-machine-role: <role> 8
        machine.openshift.io/cluster-api-machine-type: <role> 9
        machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <infrastructure_id>-<role> 10
    spec:
      providerSpec:
        value:
          apiVersion: openstackproviderconfig.openshift.io/v1alpha1
          cloudName: openstack
          cloudsSecret:
            name: openstack-cloud-credentials
            namespace: openshift-machine-api
          flavor: <nova_flavor>
          image: <glance_image_name_or_location>
          serverGroupID: <optional_UUID_of_server_group> 11
          kind: OpenstackProviderSpec
          networks: 12
          - filter: {}
            subnets:
            - filter:
                name: <subnet_name>
                tags: openshiftClusterID=<infrastructure_id> 13
          primarySubnet: <rhosp_subnet_UUID> 14
          securityGroups:
          - filter: {}
            name: <infrastructure_id>-worker 15
          serverMetadata:
            Name: <infrastructure_id>-worker 16
            openshiftClusterID: <infrastructure_id> 17
          tags:
          - openshiftClusterID=<infrastructure_id> 18
          trunk: true
          userDataSecret:
            name: worker-user-data 19
          availabilityZone: <optional_openstack_availability_zone>
1 5 7 13 15 16 17 18
クラスターのプロビジョニング時に設定したクラスター ID を基にするインフラストラクチャー ID を指定します。OpenShift CLI がインストールされている場合は、以下のコマンドを実行してインフラストラクチャー ID を取得できます。
$ oc get -o jsonpath='{.status.infrastructureName}{"\n"}' infrastructure cluster
2 3 8 9 19
追加するノードラベルを指定します。
4 6 10
インフラストラクチャー ID およびノードラベルを指定します。
11
MachineSet のサーバーグループポリシーを設定するには、サーバーグループの作成 から返された値を入力します。ほとんどのデプロイメントでは、anti-affinity または soft-anti-affinity が推奨されます。
12
複数ネットワークへのデプロイメントに必要です。複数のネットワークを指定するには、ネットワークアレイに別のエントリーを追加します。また、primarySubnet の値として使用されるネットワークが含まれる必要があります。
14
ノードのエンドポイントを公開する RHOSP サブネットを指定します。通常、これは install-config.yaml ファイルの machinesSubnet の値として使用される同じサブネットです。

2.7.2. RHOSP 上の SR-IOV を使用するマシンセットのカスタムリソースのサンプル YAML

クラスターを SR-IOV (Single-root I/O Virtualization) 用に設定している場合に、その技術を使用するマシンセットを作成できます。

このサンプル YAML は SR-IOV ネットワークを使用するマシンセットを定義します。作成するノードには node-role.openshift.io/<node_role>: "" というラベルが付けられます。

このサンプルでは、infrastructure_id はクラスターのプロビジョニング時に設定したクラスター ID に基づくインフラストラクチャー ID ラベルであり、node_role は追加するノードラベルです。

この例では、radio と uplink という名前の 2 つの SR-IOV ネットワークを想定しています。これらのネットワークは、spec.template.spec.providerSpec.value.ports 一覧のポート定義で使用されます。

注記

この例では、SR-IOV デプロイメント固有のパラメーターのみを説明します。より一般的なサンプルを確認するには、RHOSP 上のマシンセットのカスタムリソースのサンプル YAML を参照してください。

SR-IOV ネットワークを使用するマシンセットの例

apiVersion: machine.openshift.io/v1beta1
kind: MachineSet
metadata:
  labels:
    machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id>
    machine.openshift.io/cluster-api-machine-role: <node_role>
    machine.openshift.io/cluster-api-machine-type: <node_role>
  name: <infrastructure_id>-<node_role>
  namespace: openshift-machine-api
spec:
  replicas: <number_of_replicas>
  selector:
    matchLabels:
      machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id>
      machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <infrastructure_id>-<node_role>
  template:
    metadata:
      labels:
        machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id>
        machine.openshift.io/cluster-api-machine-role: <node_role>
        machine.openshift.io/cluster-api-machine-type: <node_role>
        machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <infrastructure_id>-<node_role>
    spec:
      metadata:
      providerSpec:
        value:
          apiVersion: openstackproviderconfig.openshift.io/v1alpha1
          cloudName: openstack
          cloudsSecret:
            name: openstack-cloud-credentials
            namespace: openshift-machine-api
          flavor: <nova_flavor>
          image: <glance_image_name_or_location>
          serverGroupID: <optional_UUID_of_server_group>
          kind: OpenstackProviderSpec
          networks:
            - subnets:
              - UUID: <machines_subnet_UUID>
          ports:
            - networkID: <radio_network_UUID> 1
              nameSuffix: radio
              fixedIPs:
                - subnetID: <radio_subnet_UUID> 2
              tags:
                - sriov
                - radio
              vnicType: direct 3
              portSecurity: false 4
            - networkID: <uplink_network_UUID> 5
              nameSuffix: uplink
              fixedIPs:
                - subnetID: <uplink_subnet_UUID> 6
              tags:
                - sriov
                - uplink
              vnicType: direct 7
              portSecurity: false 8
          primarySubnet: <machines_subnet_UUID>
          securityGroups:
          - filter: {}
            name: <infrastructure_id>-<node_role>
          serverMetadata:
            Name: <infrastructure_id>-<node_role>
            openshiftClusterID: <infrastructure_id>
          tags:
          - openshiftClusterID=<infrastructure_id>
          trunk: true
          userDataSecret:
            name: <node_role>-user-data
          availabilityZone: <optional_openstack_availability_zone>
          configDrive: true 9

1 5
各ポートにネットワークの UUID を入力します。
2 6
各ポートのサブネット UUID を入力します。
3 7
vnicType パラメーターの値は、各ポートに 直接 指定する必要があります。
4 8
portSecurity パラメーターの値は、各ポートで false である必要があります。

ポートセキュリティーが無効な場合は、ポートにセキュリティーグループと使用可能なアドレスペアを設定できません。インスタンスにセキュリティーグループを設定すると、グループが割り当てられているすべてのポートに適用されます。

9
configDrive パラメーターの値は true である必要があります。
注記

トランクは、ネットワークおよびサブネットの一覧のエントリーで作成されるポート向けに有効にされます。これらの一覧から作成されたポートの名前は、<machine_name>-<nameSuffix> パターンを使用します。nameSuffix フィールドは、ポート定義に必要です。

それぞれのポートにトランキングを有効にすることができます。

オプションで、タグを タグ 一覧の一部としてポートに追加できます。

2.7.3. ポートセキュリティーが無効にされている SR-IOV デプロイメントのサンプル YAML

ポートセキュリティーが無効にされたネットワークに single-root I/O Virtualization (SR-IOV) ポートを作成するには、spec.template.spec.providerSpec.value.ports 一覧の項目としてポートを含めてマシンセットを定義します。標準の SR-IOV マシンセットとのこの相違点は、ネットワークとサブネットインターフェイスを使用して作成されたポートに対して発生する自動セキュリティーグループと使用可能なアドレスペア設定によるものです。

マシンのサブネット用に定義するポートには、以下が必要です。

  • API および Ingress 仮想 IP ポート用に許可されるアドレスペア
  • コンピュートセキュリティーグループ
  • マシンネットワークおよびサブネットへの割り当て
注記

以下の例のように、ポートセキュリティーが無効になっている SR-IOV デプロイメント固有のパラメーターのみを説明します。より一般的なサンプルを確認するには、RHOSP 上の SR-IOV を使用するマシンセットカスタムリソースのサンプル YAML について参照してください。

SR-IOV ネットワークを使用し、ポートセキュリティーが無効にされているマシンセットの例

apiVersion: machine.openshift.io/v1beta1
kind: MachineSet
metadata:
  labels:
    machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id>
    machine.openshift.io/cluster-api-machine-role: <node_role>
    machine.openshift.io/cluster-api-machine-type: <node_role>
  name: <infrastructure_id>-<node_role>
  namespace: openshift-machine-api
spec:
  replicas: <number_of_replicas>
  selector:
    matchLabels:
      machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id>
      machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <infrastructure_id>-<node_role>
  template:
    metadata:
      labels:
        machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id>
        machine.openshift.io/cluster-api-machine-role: <node_role>
        machine.openshift.io/cluster-api-machine-type: <node_role>
        machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <infrastructure_id>-<node_role>
    spec:
      metadata: {}
      providerSpec:
        value:
          apiVersion: openstackproviderconfig.openshift.io/v1alpha1
          cloudName: openstack
          cloudsSecret:
            name: openstack-cloud-credentials
            namespace: openshift-machine-api
          flavor: <nova_flavor>
          image: <glance_image_name_or_location>
          kind: OpenstackProviderSpec
          ports:
            - allowedAddressPairs: 1
              - ipAddress: <API_VIP_port_IP>
              - ipAddress: <ingress_VIP_port_IP>
              fixedIPs:
                - subnetID: <machines_subnet_UUID> 2
              nameSuffix: nodes
              networkID: <machines_network_UUID> 3
              securityGroups:
                  - <compute_security_group_UUID> 4
            - networkID: <SRIOV_network_UUID>
              nameSuffix: sriov
              fixedIPs:
                - subnetID: <SRIOV_subnet_UUID>
              tags:
                - sriov
              vnicType: direct
              portSecurity: False
          primarySubnet: <machines_subnet_UUID>
          serverMetadata:
            Name: <infrastructure_ID>-<node_role>
            openshiftClusterID: <infrastructure_id>
          tags:
          - openshiftClusterID=<infrastructure_id>
          trunk: false
          userDataSecret:
            name: worker-user-data
          configDrive: True

1
API および Ingress ポート用に許可されるアドレスペアを指定します。
2 3
マシンネットワークおよびサブネットを指定します。
4
コンピュートマシンのセキュリティーグループを指定します。
注記

トランクは、ネットワークおよびサブネットの一覧のエントリーで作成されるポート向けに有効にされます。これらの一覧から作成されたポートの名前は、<machine_name>-<nameSuffix> パターンを使用します。nameSuffix フィールドは、ポート定義に必要です。

それぞれのポートにトランキングを有効にすることができます。

オプションで、タグを タグ 一覧の一部としてポートに追加できます。

クラスターで Kuryr を使用し、RHOSP SR-IOV ネットワークでポートセキュリティーが無効にされている場合に、コンピュートマシンのプライマリーポートには以下が必要になります。

  • spec.template.spec.providerSpec.value.networks.portSecurityEnabled パラメーターの値を false に設定します。
  • 各サブネットについて、spec.template.spec.providerSpec.value.networks.subnets.portSecurityEnabled パラメーターの値を false に設定します。
  • spec.template.spec.providerSpec.value.securityGroups の値は、空: [] に指定します。

SR-IOV を使用し、ポートセキュリティーが無効な Kuryr にあるクラスターのマシンセットのセクション例

...
          networks:
            - subnets:
              - uuid: <machines_subnet_UUID>
                portSecurityEnabled: false
              portSecurityEnabled: false
          securityGroups: []
...

今回の場合は、仮想マシンの作成後にコンピュートセキュリティーグループをプライマリー仮想マシンインターフェイスに適用できます。たとえば、コマンドラインでは、以下を実行します。

$ openstack port set --enable-port-security --security-group <infrastructure_id>-<node_role> <main_port_ID>

2.7.4. マシンセットの作成

インストールプログラムによって作成されるコンピュートセットセットに加えて、独自のマシンセットを作成して、選択した特定のワークロードのマシンコンピューティングリソースを動的に管理できます。

前提条件

  • OpenShift Container Platform クラスターをデプロイすること。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。
  • cluster-admin パーミッションを持つユーザーとして、oc にログインする。

手順

  1. 説明されているようにマシンセット カスタムリソース (CR) サンプルを含む新規 YAML ファイルを作成し、そのファイルに <file_name>.yaml という名前を付けます。

    <clusterID> および <role> パラメーターの値を設定していることを確認します。

  2. オプション: 特定のフィールドに設定する値がわからない場合は、クラスターから既存のコンピュートマシンセットを確認できます。

    1. クラスター内のコンピュートマシンセットをリスト表示するには、次のコマンドを実行します。

      $ oc get machinesets -n openshift-machine-api

      出力例

      NAME                                DESIRED   CURRENT   READY   AVAILABLE   AGE
      agl030519-vplxk-worker-us-east-1a   1         1         1       1           55m
      agl030519-vplxk-worker-us-east-1b   1         1         1       1           55m
      agl030519-vplxk-worker-us-east-1c   1         1         1       1           55m
      agl030519-vplxk-worker-us-east-1d   0         0                             55m
      agl030519-vplxk-worker-us-east-1e   0         0                             55m
      agl030519-vplxk-worker-us-east-1f   0         0                             55m

    2. 特定のコンピュートマシンセットカスタムリソース(CR)の値を表示するには、以下のコマンドを実行します。

      $ oc get machineset <machineset_name> \
        -n openshift-machine-api -o yaml

      出力例

      apiVersion: machine.openshift.io/v1beta1
      kind: MachineSet
      metadata:
        labels:
          machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id> 1
        name: <infrastructure_id>-<role> 2
        namespace: openshift-machine-api
      spec:
        replicas: 1
        selector:
          matchLabels:
            machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id>
            machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <infrastructure_id>-<role>
        template:
          metadata:
            labels:
              machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id>
              machine.openshift.io/cluster-api-machine-role: <role>
              machine.openshift.io/cluster-api-machine-type: <role>
              machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <infrastructure_id>-<role>
          spec:
            providerSpec: 3
              ...

      1
      クラスターインフラストラクチャー ID。
      2
      デフォルトのノードラベル。
      注記

      ユーザーがプロビジョニングしたインフラストラクチャーを持つクラスターの場合、コンピュートマシンセットは worker および infra タイプのマシンのみを作成できます。

      3
      コンピュートマシンセット CR の <providerSpec> セクションの値は、プラットフォーム固有です。CR の <providerSpec> パラメーターの詳細については、プロバイダーのサンプルコンピュートマシンセット CR 設定を参照してください。
  3. 次のコマンドを実行して MachineSet CR を作成します。

    $ oc create -f <file_name>.yaml

検証

  • 次のコマンドを実行して、コンピュートマシンセットのリストを表示します。

    $ oc get machineset -n openshift-machine-api

    出力例

    NAME                                DESIRED   CURRENT   READY   AVAILABLE   AGE
    agl030519-vplxk-infra-us-east-1a    1         1         1       1           11m
    agl030519-vplxk-worker-us-east-1a   1         1         1       1           55m
    agl030519-vplxk-worker-us-east-1b   1         1         1       1           55m
    agl030519-vplxk-worker-us-east-1c   1         1         1       1           55m
    agl030519-vplxk-worker-us-east-1d   0         0                             55m
    agl030519-vplxk-worker-us-east-1e   0         0                             55m
    agl030519-vplxk-worker-us-east-1f   0         0                             55m

    新規のマシンセットが利用可能な場合、 DESIRED および CURRENT の値は一致します。マシンセットが利用可能でない場合、数分待機してからコマンドを再度実行します。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.