検索

11.2. サンプル MachineHealthCheck リソース

download PDF

ベアメタルを除くすべてのクラウドベースのインストールタイプの MachineHealthCheck リソースは、以下の YAML ファイルのようになります。

apiVersion: machine.openshift.io/v1beta1
kind: MachineHealthCheck
metadata:
  name: example 1
  namespace: openshift-machine-api
spec:
  selector:
    matchLabels:
      machine.openshift.io/cluster-api-machine-role: <role> 2
      machine.openshift.io/cluster-api-machine-type: <role> 3
      machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <cluster_name>-<label>-<zone> 4
  unhealthyConditions:
  - type:    "Ready"
    timeout: "300s" 5
    status: "False"
  - type:    "Ready"
    timeout: "300s" 6
    status: "Unknown"
  maxUnhealthy: "40%" 7
  nodeStartupTimeout: "10m" 8
1
デプロイするマシンヘルスチェックの名前を指定します。
2 3
チェックする必要のあるマシンプールのラベルを指定します。
4
追跡するマシンセットを <cluster_name>-<label>-<zone> 形式で指定します。たとえば、prod-node-us-east-1a とします。
5 6
ノードの状態のタイムアウト期間を指定します。タイムアウト期間の条件が満たされると、マシンは修正されます。タイムアウトの時間が長くなると、正常でないマシンのワークロードのダウンタイムが長くなる可能性があります。
7
ターゲットプールで同時に修復できるマシンの数を指定します。これはパーセンテージまたは整数として設定できます。正常でないマシンの数が maxUnhealthy で設定された制限を超える場合、修復は実行されません。
8
マシンが正常でないと判別される前に、ノードがクラスターに参加するまでマシンヘルスチェックが待機する必要のあるタイムアウト期間を指定します。
注記

matchLabels はあくまでもサンプルであるため、特定のニーズに応じてマシングループをマッピングする必要があります。

11.2.1. マシンヘルスチェックによる修復の一時停止 (short-circuiting)

一時停止 (short-circuiting) が実行されることにより、マシンのヘルスチェックはクラスターが正常な場合にのみマシンを修復するようになります。一時停止 (short-circuiting) は、MachineHealthCheck リソースの maxUnhealthy フィールドで設定されます。

ユーザーがマシンの修復前に maxUnhealthy フィールドの値を定義する場合、MachineHealthCheckmaxUnhealthy の値を、正常でないと判別するターゲットプール内のマシン数と比較します。正常でないマシンの数が maxUnhealthy の制限を超える場合、修復は実行されません。

重要

maxUnhealthy が設定されていない場合、値は 100% にデフォルト設定され、マシンはクラスターの状態に関係なく修復されます。

適切な maxUnhealthy 値は、デプロイするクラスターの規模や、MachineHealthCheck が対応するマシンの数によって異なります。たとえば、maxUnhealthy 値を使用して複数のアベイラビリティーゾーン間で複数のマシンセットに対応でき、ゾーン全体が失われると、maxUnhealthy の設定によりクラスター内で追加の修復を防ぐことができます。複数のアベイラビリティーゾーンを持たないグローバル Azure リージョンでは、アベイラビリティーセットを使用して高可用性を確保できます。

maxUnhealthy フィールドは整数またはパーセンテージのいずれかに設定できます。maxUnhealthy の値によって、修復の実装が異なります。

11.2.1.1. 絶対値を使用した maxUnhealthy の設定

maxUnhealthy2 に設定される場合:

  • 2 つ以下のノードが正常でない場合に、修復が実行されます。
  • 3 つ以上のノードが正常でない場合は、修復は実行されません。

これらの値は、マシンヘルスチェックによってチェックされるマシン数と別個の値です。

11.2.1.2. パーセンテージを使用した maxUnhealthy の設定

maxUnhealthy40% に設定され、25 のマシンがチェックされる場合:

  • 10 以下のノードが正常でない場合に、修復が実行されます。
  • 11 以上のノードが正常でない場合は、修復は実行されません。

maxUnhealthy40% に設定され、6 マシンがチェックされる場合:

  • 2 つ以下のノードが正常でない場合に、修復が実行されます。
  • 3 つ以上のノードが正常でない場合は、修復は実行されません。
注記

チェックされる maxUnhealthy マシンの割合が整数ではない場合、マシンの許可される数は切り捨てられます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.