検索

14.6. GCP での DNS レコードの作成

download PDF

外部 DNS Operator を使用して、GCP で DNS レコードを作成できます。

14.6.1. Red Hat 外部 DNS Operator を使用した GCP のパブリックマネージドゾーンへの DNS レコードの作成

Red Hat 外部 DNS Operator を使用して、GCP のパブリックマネージドゾーンに DNS レコードを作成できます。

手順

  1. ユーザーを確認してください。ユーザーは、 kube-systemnamespace にアクセスできる必要があります。クレデンシャルがない場合は、 kube-systemnamespace からクレデンシャルを取得すると、クラウドプロバイダークライアントを使用できます。

    $ oc whoami

    出力例

    system:admin

  2. 次のコマンドを実行して、encoded-gcloud.json ファイルの gcp-credentials シークレットの service_account.json の値をコピーします。

    $ oc get secret gcp-credentials -n kube-system --template='{{$v := index .data "service_account.json"}}{{$v}}' | base64 -d - > decoded-gcloud.json
  3. Google のクレデンシャルをエクスポートします。

    $ export GOOGLE_CREDENTIALS=decoded-gcloud.json
  4. 次のコマンドを使用して、アカウントをアクティブ化します。

    $ gcloud auth activate-service-account  <client_email as per decoded-gcloud.json> --key-file=decoded-gcloud.json
  5. プロジェクトを設定します。

    $ gcloud config set project <project_id as per decoded-gcloud.json>
  6. ルートを取得して、ドメインを確認します。

    $ oc get routes --all-namespaces | grep console

    出力例

    openshift-console          console             console-openshift-console.apps.test.gcp.example.com                       console             https   reencrypt/Redirect     None
    openshift-console          downloads           downloads-openshift-console.apps.test.gcp.example.com                     downloads           http    edge/Redirect          None

  7. 管理対象ゾーンのリストを取得して、以前に検出されたルートのドメインに対応するゾーンを見つけます。

    $ gcloud dns managed-zones list | grep test.gcp.example.com
    qe-cvs4g-private-zone test.gcp.example.com
  8. route ソースの ExternalDNS リソースを作成します。

    apiVersion: externaldns.olm.openshift.io/v1alpha1
    kind: ExternalDNS
    metadata:
      name: sample-gcp 1
    spec:
      domains:
        - filterType: Include 2
          matchType: Exact 3
          name: test.gcp.example.com 4
      provider:
        type: GCP 5
      source:
        openshiftRouteOptions: 6
          routerName: default 7
        type: OpenShiftRoute 8
    EOF
    1
    外部 DNS CR の名前を指定します。
    2
    デフォルトでは、すべてのホストゾーンがターゲット候補として選択されます。必要なホストゾーンを追加できます。
    3
    ターゲットゾーンのドメインは、(正規表現の一致とは対照的に) 完全一致である必要があります。
    4
    更新するゾーンのドメインを正確に指定します。ルートのホスト名は、指定されたドメインのサブドメインである必要があります。
    5
    Google Cloud DNS プロバイダーを定義します。
    6
    DNS レコードのソースのオプションを定義できます。
    7
    ソースが OpenShiftRoute の場合、OpenShift Ingress Controller 名を指定できます。外部 DNS は、CNAME レコードの作成時に、そのルーターの正規のホスト名をターゲットとして選択します。
    8
    以前に指定された DNS プロバイダーで作成される DNS レコードのソースとして OpenShift route リソースを定義します。
  9. 次のコマンドを使用して、OCP ルート用に作成されたレコードを確認します。

    $ gcloud dns record-sets list --zone=qe-cvs4g-private-zone | grep console
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.