検索

5.8. CoreDNS ログレベルの設定

download PDF

CoreDNS ログレベルを設定して、ログに記録されたエラーメッセージの情報量を決定できます。CoreDNS ログレベルの有効な値は、 NormalDebug、およびTraceです。デフォルトのlog LevelNormalです。

注記

エラープラグインは常に有効になっています。次のlogLevel設定は、さまざまなエラー応答を報告します。

  • logLevel: Normalは "errors" class: log . { class error } を有効にします。
  • logLevel: Debugは "denial" class: log . { class denial error } を有効にします。
  • logLevel: Traceは "all" class: log . { class all } を有効にします。

手順

  • logLevelDebugに設定するには、次のコマンドを入力します。

    $ oc patch dnses.operator.openshift.io/default -p '{"spec":{"logLevel":"Debug"}}' --type=merge
  • logLevelTraceに設定するには、次のコマンドを入力します。

    $ oc patch dnses.operator.openshift.io/default -p '{"spec":{"logLevel":"Trace"}}' --type=merge

検証

  • 目的のログレベルが設定されていることを確認するには、ConfigMap を確認します。

    $ oc get configmap/dns-default -n openshift-dns -o yaml
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.