検索

第5章 マシンの削除

download PDF

特定のマシンを削除できます。

5.1. 特定マシンの削除

特定のマシンを削除できます。

注記

コントロールプレーンマシンは削除できません。

前提条件

  • OpenShift Container Platform クラスターをインストールします。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。
  • cluster-admin パーミッションを持つユーザーとして、oc にログインする。

手順

  1. 次のコマンドを実行して、クラスター内のマシンを表示します。

    $ oc get machine -n openshift-machine-api

    コマンド出力には、<clusterid>-<role>-<cloud_region> 形式のマシンのリストが含まれます。

  2. 削除するマシンを特定します。
  3. 次のコマンドを実行してマシンを削除します。

    $ oc delete machine <machine> -n openshift-machine-api
    重要

    デフォルトでは、マシンコントローラーは、成功するまでマシンによってサポートされるノードをドレイン (解放) しようとします。Pod 中断バジェットの設定が間違っているなど、状況によっては、ドレイン操作が成功しない可能性があります。排水操作が失敗した場合、マシンコントローラーはマシンの取り外しを続行できません。

    特定のマシンの machine.openshift.io/exclude-node-draining にアノテーションを付けると、ノードのドレイン (解放) を省略できます。

    削除するマシンがマシンセットに属している場合は、指定された数のレプリカを満たす新しいマシンがすぐに作成されます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.