検索

4.17. OpenShift Logging Operator を使用したパイプラインログの表示

download PDF

パイプライン実行、タスク実行、およびイベントリスナーによって生成されるログは、それぞれの Pod に保存されます。トラブルシューティングおよび監査に関するログの確認や分析は有用です。

ただし、Pod を無期限に保持すると、リソースを無駄に消費したり、namespace が不必要に分散されたりする可能性があります。

Pod の依存関係を削除して、パイプラインログを表示するには、OpenShift Elasticsearch Operator および OpenShift Logging Operator を使用できます。これらの Operator を使用すると、ログを含む Pod を削除した場合でも、Elasticsearch Kibana スタックを使用してパイプラインログを表示できます。

4.17.1. 前提条件

Kibana ダッシュボードでパイプラインログを表示しようとする前に、以下を確認してください。

  • クラスター管理者がこの手順を実行する。
  • パイプライン実行およびタスク実行のログが利用可能である。
  • OpenShift Elasticsearch Operator および OpenShift Logging Operator がインストールされている。

4.17.2. Kibana でのパイプラインログの表示

Kibana Web コンソールでパイプラインログを表示するには、以下を実行します。

手順

  1. クラスター管理者として OpenShift Container Platform Web コンソールにログインします。
  2. メニューバーの右上にある グリッド アイコン Observability Logging をクリックします。Kibana Web コンソールが表示されます。
  3. インデックスパターンを作成します。

    1. Kibana Web コンソールの左側のナビゲーションパネルで Management をクリックします。
    2. Create index pattern をクリックします。
    3. ステップ 1/2: Define index pattern Index pattern で、* のパターンを入力して Next Step をクリックします。
    4. ステップ 2/2: Configure settings Time filter field name で、ドロップダウンメニューから @timestamp を選択し、Create index pattern をクリックします。
  4. フィルターを追加します。

    1. Kibana Web コンソールの左側のナビゲーションパネルで Discover をクリックします。
    2. Add a filter + Edit Query DSL をクリックします。

      注記
      • 以下のフィルター例の例ごとに、クエリーを編集して Save をクリックします。
      • フィルターは順次、適用されます。
      1. パイプラインに関連するコンテナーをフィルタリングします。

        パイプラインコンテナーをフィルタリングするクエリーの例

        {
          "query": {
        	"match": {
          	"kubernetes.flat_labels": {
            	"query": "app_kubernetes_io/managed-by=tekton-pipelines",
            	"type": "phrase"
          	}
        	}
          }
        }

      2. place-tools コンテナーではないすべてのコンテナーをフィルタリングします。クエリー DSL を編集する代わりに、グラフィカルドロップダウンメニューを使用する例として、以下の方法を考慮してください。

        図4.6 ドロップダウンフィールドを使用したフィルタリングの例

        Not place-tools
      3. 強調表示できるように pipelinerun をラベルでフィルタリングします。

        強調表示できるように pipelinerun をラベルでフィルタリングするクエリーの例

        {
          "query": {
        	"match": {
          	"kubernetes.flat_labels": {
            	"query": "tekton_dev/pipelineRun=",
            	"type": "phrase"
          	}
        	}
          }
        }

      4. 強調表示できるように pipeline をラベルでフィルタリングします。

        強調表示できるように pipeline をラベルでフィルタリングするクエリーの例

        {
          "query": {
        	"match": {
          	"kubernetes.flat_labels": {
            	"query": "tekton_dev/pipeline=",
            	"type": "phrase"
          	}
        	}
          }
        }

    3. Available fields リストから以下のフィールドを選択します。

      • kubernetes.flat_labels
      • message

        選択したフィールドが Selected fields リストに表示されていることを確認します。

    4. ログは message フィールドの下に表示されます。

      図4.7 フィルタリングされたメッセージ

      フィルタリングされたメッセージ

4.17.3. 関連情報

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.