検索

26.7. MetalLB のロギング、トラブルシューティング、サポート

download PDF

MetalLB 設定のトラブルシューティングが必要な場合は、次のセクションで一般的に使用されるコマンドを参照してください。

26.7.1. MetalLB ログレベルの設定

MetalLB は、デフォルト設定の info を使用してコンテナーで FRRouting (FRR) を使用し、大量のログを生成します。この例に示すように logLevel を設定することにより、生成されるログの詳細度を制御できます。

次のように logLeveldebug に設定することで、MetalLB についてより深い洞察を得ることができます。

前提条件

  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてクラスターにアクセスできる。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。

手順

  1. 以下の例のような内容で、setdebugloglevel.yaml などのファイルを作成します。

    apiVersion: metallb.io/v1beta1
    kind: MetalLB
    metadata:
      name: metallb
      namespace: metallb-system
    spec:
      logLevel: debug
      nodeSelector:
        node-role.kubernetes.io/worker: ""
  2. 設定を適用します。

    $ oc replace -f setdebugloglevel.yaml
    注記

    metallb CR はすでに作成されており、ここではログレベルを変更していることを理解たうえで、ocr eplace を使用します。

  3. speakerPod の名前を表示します。

    $ oc get -n metallb-system pods -l component=speaker

    出力例

    NAME                    READY   STATUS    RESTARTS   AGE
    speaker-2m9pm           4/4     Running   0          9m19s
    speaker-7m4qw           3/4     Running   0          19s
    speaker-szlmx           4/4     Running   0          9m19s

    注記

    スピーカー Pod とコントローラー Pod が再作成され、更新されたログレベルが確実に適用されます。MetalLB のすべてのコンポーネントのログレベルが変更されます。

  4. speaker ログを表示します。

    $ oc logs -n metallb-system speaker-7m4qw -c speaker

    出力例

    {"branch":"main","caller":"main.go:92","commit":"3d052535","goversion":"gc / go1.17.1 / amd64","level":"info","msg":"MetalLB speaker starting (commit 3d052535, branch main)","ts":"2022-05-17T09:55:05Z","version":""}
    {"caller":"announcer.go:110","event":"createARPResponder","interface":"ens4","level":"info","msg":"created ARP responder for interface","ts":"2022-05-17T09:55:05Z"}
    {"caller":"announcer.go:119","event":"createNDPResponder","interface":"ens4","level":"info","msg":"created NDP responder for interface","ts":"2022-05-17T09:55:05Z"}
    {"caller":"announcer.go:110","event":"createARPResponder","interface":"tun0","level":"info","msg":"created ARP responder for interface","ts":"2022-05-17T09:55:05Z"}
    {"caller":"announcer.go:119","event":"createNDPResponder","interface":"tun0","level":"info","msg":"created NDP responder for interface","ts":"2022-05-17T09:55:05Z"}
    I0517 09:55:06.515686      95 request.go:665] Waited for 1.026500832s due to client-side throttling, not priority and fairness, request: GET:https://172.30.0.1:443/apis/operators.coreos.com/v1alpha1?timeout=32s
    {"Starting Manager":"(MISSING)","caller":"k8s.go:389","level":"info","ts":"2022-05-17T09:55:08Z"}
    {"caller":"speakerlist.go:310","level":"info","msg":"node event - forcing sync","node addr":"10.0.128.4","node event":"NodeJoin","node name":"ci-ln-qb8t3mb-72292-7s7rh-worker-a-vvznj","ts":"2022-05-17T09:55:08Z"}
    {"caller":"service_controller.go:113","controller":"ServiceReconciler","enqueueing":"openshift-kube-controller-manager-operator/metrics","epslice":"{\"metadata\":{\"name\":\"metrics-xtsxr\",\"generateName\":\"metrics-\",\"namespace\":\"openshift-kube-controller-manager-operator\",\"uid\":\"ac6766d7-8504-492c-9d1e-4ae8897990ad\",\"resourceVersion\":\"9041\",\"generation\":4,\"creationTimestamp\":\"2022-05-17T07:16:53Z\",\"labels\":{\"app\":\"kube-controller-manager-operator\",\"endpointslice.kubernetes.io/managed-by\":\"endpointslice-controller.k8s.io\",\"kubernetes.io/service-name\":\"metrics\"},\"annotations\":{\"endpoints.kubernetes.io/last-change-trigger-time\":\"2022-05-17T07:21:34Z\"},\"ownerReferences\":[{\"apiVersion\":\"v1\",\"kind\":\"Service\",\"name\":\"metrics\",\"uid\":\"0518eed3-6152-42be-b566-0bd00a60faf8\",\"controller\":true,\"blockOwnerDeletion\":true}],\"managedFields\":[{\"manager\":\"kube-controller-manager\",\"operation\":\"Update\",\"apiVersion\":\"discovery.k8s.io/v1\",\"time\":\"2022-05-17T07:20:02Z\",\"fieldsType\":\"FieldsV1\",\"fieldsV1\":{\"f:addressType\":{},\"f:endpoints\":{},\"f:metadata\":{\"f:annotations\":{\".\":{},\"f:endpoints.kubernetes.io/last-change-trigger-time\":{}},\"f:generateName\":{},\"f:labels\":{\".\":{},\"f:app\":{},\"f:endpointslice.kubernetes.io/managed-by\":{},\"f:kubernetes.io/service-name\":{}},\"f:ownerReferences\":{\".\":{},\"k:{\\\"uid\\\":\\\"0518eed3-6152-42be-b566-0bd00a60faf8\\\"}\":{}}},\"f:ports\":{}}}]},\"addressType\":\"IPv4\",\"endpoints\":[{\"addresses\":[\"10.129.0.7\"],\"conditions\":{\"ready\":true,\"serving\":true,\"terminating\":false},\"targetRef\":{\"kind\":\"Pod\",\"namespace\":\"openshift-kube-controller-manager-operator\",\"name\":\"kube-controller-manager-operator-6b98b89ddd-8d4nf\",\"uid\":\"dd5139b8-e41c-4946-a31b-1a629314e844\",\"resourceVersion\":\"9038\"},\"nodeName\":\"ci-ln-qb8t3mb-72292-7s7rh-master-0\",\"zone\":\"us-central1-a\"}],\"ports\":[{\"name\":\"https\",\"protocol\":\"TCP\",\"port\":8443}]}","level":"debug","ts":"2022-05-17T09:55:08Z"}

  5. FRR ログを表示します。

    $ oc logs -n metallb-system speaker-7m4qw -c frr

    出力例

    Started watchfrr
    2022/05/17 09:55:05 ZEBRA: client 16 says hello and bids fair to announce only bgp routes vrf=0
    2022/05/17 09:55:05 ZEBRA: client 31 says hello and bids fair to announce only vnc routes vrf=0
    2022/05/17 09:55:05 ZEBRA: client 38 says hello and bids fair to announce only static routes vrf=0
    2022/05/17 09:55:05 ZEBRA: client 43 says hello and bids fair to announce only bfd routes vrf=0
    2022/05/17 09:57:25.089 BGP: Creating Default VRF, AS 64500
    2022/05/17 09:57:25.090 BGP: dup addr detect enable max_moves 5 time 180 freeze disable freeze_time 0
    2022/05/17 09:57:25.090 BGP: bgp_get: Registering BGP instance (null) to zebra
    2022/05/17 09:57:25.090 BGP: Registering VRF 0
    2022/05/17 09:57:25.091 BGP: Rx Router Id update VRF 0 Id 10.131.0.1/32
    2022/05/17 09:57:25.091 BGP: RID change : vrf VRF default(0), RTR ID 10.131.0.1
    2022/05/17 09:57:25.091 BGP: Rx Intf add VRF 0 IF br0
    2022/05/17 09:57:25.091 BGP: Rx Intf add VRF 0 IF ens4
    2022/05/17 09:57:25.091 BGP: Rx Intf address add VRF 0 IF ens4 addr 10.0.128.4/32
    2022/05/17 09:57:25.091 BGP: Rx Intf address add VRF 0 IF ens4 addr fe80::c9d:84da:4d86:5618/64
    2022/05/17 09:57:25.091 BGP: Rx Intf add VRF 0 IF lo
    2022/05/17 09:57:25.091 BGP: Rx Intf add VRF 0 IF ovs-system
    2022/05/17 09:57:25.091 BGP: Rx Intf add VRF 0 IF tun0
    2022/05/17 09:57:25.091 BGP: Rx Intf address add VRF 0 IF tun0 addr 10.131.0.1/23
    2022/05/17 09:57:25.091 BGP: Rx Intf address add VRF 0 IF tun0 addr fe80::40f1:d1ff:feb6:5322/64
    2022/05/17 09:57:25.091 BGP: Rx Intf add VRF 0 IF veth2da49fed
    2022/05/17 09:57:25.091 BGP: Rx Intf address add VRF 0 IF veth2da49fed addr fe80::24bd:d1ff:fec1:d88/64
    2022/05/17 09:57:25.091 BGP: Rx Intf add VRF 0 IF veth2fa08c8c
    2022/05/17 09:57:25.091 BGP: Rx Intf address add VRF 0 IF veth2fa08c8c addr fe80::6870:ff:fe96:efc8/64
    2022/05/17 09:57:25.091 BGP: Rx Intf add VRF 0 IF veth41e356b7
    2022/05/17 09:57:25.091 BGP: Rx Intf address add VRF 0 IF veth41e356b7 addr fe80::48ff:37ff:fede:eb4b/64
    2022/05/17 09:57:25.092 BGP: Rx Intf add VRF 0 IF veth1295c6e2
    2022/05/17 09:57:25.092 BGP: Rx Intf address add VRF 0 IF veth1295c6e2 addr fe80::b827:a2ff:feed:637/64
    2022/05/17 09:57:25.092 BGP: Rx Intf add VRF 0 IF veth9733c6dc
    2022/05/17 09:57:25.092 BGP: Rx Intf address add VRF 0 IF veth9733c6dc addr fe80::3cf4:15ff:fe11:e541/64
    2022/05/17 09:57:25.092 BGP: Rx Intf add VRF 0 IF veth336680ea
    2022/05/17 09:57:25.092 BGP: Rx Intf address add VRF 0 IF veth336680ea addr fe80::94b1:8bff:fe7e:488c/64
    2022/05/17 09:57:25.092 BGP: Rx Intf add VRF 0 IF vetha0a907b7
    2022/05/17 09:57:25.092 BGP: Rx Intf address add VRF 0 IF vetha0a907b7 addr fe80::3855:a6ff:fe73:46c3/64
    2022/05/17 09:57:25.092 BGP: Rx Intf add VRF 0 IF vethf35a4398
    2022/05/17 09:57:25.092 BGP: Rx Intf address add VRF 0 IF vethf35a4398 addr fe80::40ef:2fff:fe57:4c4d/64
    2022/05/17 09:57:25.092 BGP: Rx Intf add VRF 0 IF vethf831b7f4
    2022/05/17 09:57:25.092 BGP: Rx Intf address add VRF 0 IF vethf831b7f4 addr fe80::f0d9:89ff:fe7c:1d32/64
    2022/05/17 09:57:25.092 BGP: Rx Intf add VRF 0 IF vxlan_sys_4789
    2022/05/17 09:57:25.092 BGP: Rx Intf address add VRF 0 IF vxlan_sys_4789 addr fe80::80c1:82ff:fe4b:f078/64
    2022/05/17 09:57:26.094 BGP: 10.0.0.1 [FSM] Timer (start timer expire).
    2022/05/17 09:57:26.094 BGP: 10.0.0.1 [FSM] BGP_Start (Idle->Connect), fd -1
    2022/05/17 09:57:26.094 BGP: Allocated bnc 10.0.0.1/32(0)(VRF default) peer 0x7f807f7631a0
    2022/05/17 09:57:26.094 BGP: sendmsg_zebra_rnh: sending cmd ZEBRA_NEXTHOP_REGISTER for 10.0.0.1/32 (vrf VRF default)
    2022/05/17 09:57:26.094 BGP: 10.0.0.1 [FSM] Waiting for NHT
    2022/05/17 09:57:26.094 BGP: bgp_fsm_change_status : vrf default(0), Status: Connect established_peers 0
    2022/05/17 09:57:26.094 BGP: 10.0.0.1 went from Idle to Connect
    2022/05/17 09:57:26.094 BGP: 10.0.0.1 [FSM] TCP_connection_open_failed (Connect->Active), fd -1
    2022/05/17 09:57:26.094 BGP: bgp_fsm_change_status : vrf default(0), Status: Active established_peers 0
    2022/05/17 09:57:26.094 BGP: 10.0.0.1 went from Connect to Active
    2022/05/17 09:57:26.094 ZEBRA: rnh_register msg from client bgp: hdr->length=8, type=nexthop vrf=0
    2022/05/17 09:57:26.094 ZEBRA: 0: Add RNH 10.0.0.1/32 type Nexthop
    2022/05/17 09:57:26.094 ZEBRA: 0:10.0.0.1/32: Evaluate RNH, type Nexthop (force)
    2022/05/17 09:57:26.094 ZEBRA: 0:10.0.0.1/32: NH has become unresolved
    2022/05/17 09:57:26.094 ZEBRA: 0: Client bgp registers for RNH 10.0.0.1/32 type Nexthop
    2022/05/17 09:57:26.094 BGP: VRF default(0): Rcvd NH update 10.0.0.1/32(0) - metric 0/0 #nhops 0/0 flags 0x6
    2022/05/17 09:57:26.094 BGP: NH update for 10.0.0.1/32(0)(VRF default) - flags 0x6 chgflags 0x0 - evaluate paths
    2022/05/17 09:57:26.094 BGP: evaluate_paths: Updating peer (10.0.0.1(VRF default)) status with NHT
    2022/05/17 09:57:30.081 ZEBRA: Event driven route-map update triggered
    2022/05/17 09:57:30.081 ZEBRA: Event handler for route-map: 10.0.0.1-out
    2022/05/17 09:57:30.081 ZEBRA: Event handler for route-map: 10.0.0.1-in
    2022/05/17 09:57:31.104 ZEBRA: netlink_parse_info: netlink-listen (NS 0) type RTM_NEWNEIGH(28), len=76, seq=0, pid=0
    2022/05/17 09:57:31.104 ZEBRA: 	Neighbor Entry received is not on a VLAN or a BRIDGE, ignoring
    2022/05/17 09:57:31.105 ZEBRA: netlink_parse_info: netlink-listen (NS 0) type RTM_NEWNEIGH(28), len=76, seq=0, pid=0
    2022/05/17 09:57:31.105 ZEBRA: 	Neighbor Entry received is not on a VLAN or a BRIDGE, ignoring

26.7.1.1. FRRouting (FRR) ログレベル

次の表で、FRR ログレベルについて説明します。

表26.5 ログレベル
ログレベル説明

all

すべてのログレベルのすべてのログ情報を提供します。

debug

診断に役立つ情報。詳細なトラブルシューティング情報を提供するには、debug に設定します。

info

常にログに記録する必要がある情報を提供しますが、通常の状況ではユーザーの介入は必要ありません。これはデフォルトのログレベルです。

warn

一貫性のない MetalLB 動作を引き起こす可能性のあるもの。通常、MetalLB はこのタイプのエラーから自動的に回復します。

error

MetalLB の機能に対して致命的なエラー。通常、これらのエラーの修正には管理者の介入が必要です。

none

すべてのロギングをオフにします。

26.7.2. BGP の問題のトラブルシューティング

Red Hat がサポートする BGP 実装は、speakerPod のコンテナーで FRRouting (FRR) を使用します。クラスター管理者は、BGP 設定の問題をトラブルシューティングする場合に、FRR コンテナーでコマンドを実行する必要があります。

前提条件

  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてクラスターにアクセスできる。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。

手順

  1. speakerPod の名前を表示します。

    $ oc get -n metallb-system pods -l app.kubernetes.io/component=speaker

    出力例

    NAME            READY   STATUS    RESTARTS   AGE
    speaker-66bth   4/4     Running   0          56m
    speaker-gvfnf   4/4     Running   0          56m
    ...

  2. FRR の実行設定を表示します。

    $ oc exec -n metallb-system speaker-66bth -c frr -- vtysh -c "show running-config"

    出力例

    Building configuration...
    
    Current configuration:
    !
    frr version 7.5.1_git
    frr defaults traditional
    hostname some-hostname
    log file /etc/frr/frr.log informational
    log timestamp precision 3
    service integrated-vtysh-config
    !
    router bgp 64500  1
     bgp router-id 10.0.1.2
     no bgp ebgp-requires-policy
     no bgp default ipv4-unicast
     no bgp network import-check
     neighbor 10.0.2.3 remote-as 64500  2
     neighbor 10.0.2.3 bfd profile doc-example-bfd-profile-full  3
     neighbor 10.0.2.3 timers 5 15
     neighbor 10.0.2.4 remote-as 64500  4
     neighbor 10.0.2.4 bfd profile doc-example-bfd-profile-full  5
     neighbor 10.0.2.4 timers 5 15
     !
     address-family ipv4 unicast
      network 203.0.113.200/30   6
      neighbor 10.0.2.3 activate
      neighbor 10.0.2.3 route-map 10.0.2.3-in in
      neighbor 10.0.2.4 activate
      neighbor 10.0.2.4 route-map 10.0.2.4-in in
     exit-address-family
     !
     address-family ipv6 unicast
      network fc00:f853:ccd:e799::/124  7
      neighbor 10.0.2.3 activate
      neighbor 10.0.2.3 route-map 10.0.2.3-in in
      neighbor 10.0.2.4 activate
      neighbor 10.0.2.4 route-map 10.0.2.4-in in
     exit-address-family
    !
    route-map 10.0.2.3-in deny 20
    !
    route-map 10.0.2.4-in deny 20
    !
    ip nht resolve-via-default
    !
    ipv6 nht resolve-via-default
    !
    line vty
    !
    bfd
     profile doc-example-bfd-profile-full  8
      transmit-interval 35
      receive-interval 35
      passive-mode
      echo-mode
      echo-interval 35
      minimum-ttl 10
     !
    !
    end

    <.> ルーターの bgp セクションは、MetalLB の ASN を示します。<.> 追加した各 BGP ピアカスタムリソースに対して、neighbor <ip-address> remote-as <peer-ASN> 行が存在することを確認します。<.> BFD を設定した場合は、BFD プロファイルが正しい BGP ピアに関連付けられていること、および BFD プロファイルがコマンド出力に表示されることを確認します。<.> network <ip-address-range> 行が、追加したアドレスプールカスタムリソースで指定した IP アドレス範囲と一致することを確認します。

  3. BGP サマリーを表示します。

    $ oc exec -n metallb-system speaker-66bth -c frr -- vtysh -c "show bgp summary"

    出力例

    IPv4 Unicast Summary:
    BGP router identifier 10.0.1.2, local AS number 64500 vrf-id 0
    BGP table version 1
    RIB entries 1, using 192 bytes of memory
    Peers 2, using 29 KiB of memory
    
    Neighbor        V         AS   MsgRcvd   MsgSent   TblVer  InQ OutQ  Up/Down State/PfxRcd   PfxSnt
    10.0.2.3        4      64500       387       389        0    0    0 00:32:02            0        1  1
    10.0.2.4        4      64500         0         0        0    0    0    never       Active        0  2
    
    Total number of neighbors 2
    
    IPv6 Unicast Summary:
    BGP router identifier 10.0.1.2, local AS number 64500 vrf-id 0
    BGP table version 1
    RIB entries 1, using 192 bytes of memory
    Peers 2, using 29 KiB of memory
    
    Neighbor        V         AS   MsgRcvd   MsgSent   TblVer  InQ OutQ  Up/Down State/PfxRcd   PfxSnt
    10.0.2.3        4      64500       387       389        0    0    0 00:32:02 NoNeg  3
    10.0.2.4        4      64500         0         0        0    0    0    never       Active        0  4
    
    Total number of neighbors 2

    1 1 3
    追加した各 BGP ピアカスタムリソースの行が出力に含まれていることを確認します。
    2 4 2 4
    出力に、受信したメッセージと送信したメッセージが0が表示されている場合には、BGP ペアに BGP セッションがないことを示します。ネットワーク接続と BGP ピアの BGP 設定を確認します。
  4. アドレスプールを受信した BGP ピアを表示します。

    $ oc exec -n metallb-system speaker-66bth -c frr -- vtysh -c "show bgp ipv4 unicast 203.0.113.200/30"

    ipv4ipv6に置き換えて、IPv6 アドレスプールを受信した BGP ピアを表示します。203.0.113.200/30 は、アドレスプールの IPv4 または IPv6IP アドレス範囲に置き換えます。

    出力例

    BGP routing table entry for 203.0.113.200/30
    Paths: (1 available, best #1, table default)
      Advertised to non peer-group peers:
      10.0.2.3  <.>
      Local
        0.0.0.0 from 0.0.0.0 (10.0.1.2)
          Origin IGP, metric 0, weight 32768, valid, sourced, local, best (First path received)
          Last update: Mon Jan 10 19:49:07 2022

    <.> 出力に BGP ピアの IP アドレスが含まれていることを確認します。

26.7.3. BFD の問題のトラブルシューティング

Red Hat がサポートする双方向フォワーディング検出 (BFD) の実装では、speakerPod のコンテナーで FR Routing (FRR) を使用します。BFD の実装は、BFD ピアに依存しており、このピアは、BGP セッションが確立されている BGP ピアとして設定されています。クラスター管理者は、BFD 設定の問題をトラブルシューティングする場合に、FRR コンテナーでコマンドを実行する必要があります。

前提条件

  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてクラスターにアクセスできる。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。

手順

  1. speakerPod の名前を表示します。

    $ oc get -n metallb-system pods -l app.kubernetes.io/component=speaker

    出力例

    NAME            READY   STATUS    RESTARTS   AGE
    speaker-66bth   4/4     Running   0          26m
    speaker-gvfnf   4/4     Running   0          26m
    ...

  2. BFD ピアを表示します。

    $ oc exec -n metallb-system speaker-66bth -c frr -- vtysh -c "show bfd peers brief"

    出力例

    Session count: 2
    SessionId  LocalAddress              PeerAddress              Status
    =========  ============              ===========              ======
    3909139637 10.0.1.2                  10.0.2.3                 up  <.>

    <.> PeerAddress 列に各 BFD ピアが含まれていることを確認します。出力に含まれると予想される BFD ピア IP アドレスが出力にリストされていない場合は、ピアとの BGP 接続のトラブルシューティングを行います。ステータスフィールドがdownと表示されている場合は、ノードとピア間のリンクと機器の接続を確認します。speaker Pod のノード名は、 oc get pods -n metallb-system speaker-66bth -o jsonpath='{.spec.nodeName}' などのコマンドで判断できます。

26.7.4. BGP および BFD の MetalLB メトリック

OpenShift Container Platform は、MetalLB および BGP ピアと BFD プロファイルに関連する以下のメトリックをキャプチャーします。

  • metallb_bfd_control_packet_inputは、各 BFD ピアから受信した BFD 制御パケットの数をカウントします。
  • metallb_bfd_control_packet_outputは、各 BFD ピアに送信された BFD 制御パケットの数をカウントします。
  • metallb_bfd_echo_packet_inputは、各 BFD ピアから受信した BFD エコーパケットの数をカウントします。
  • metallb_bfd_echo_packet_outputは、各 BFD ピアに送信された BFD エコーパケットの数をカウントします。
  • metallb_bfd_session_down_eventsは、ピアとの BFD セッションがdown の状態になった回数をカウントします。
  • metallb_bfd_session_upは、BFD ピアとの接続状態を示します。1はセッションがup であること、 0down であることを示します。
  • metallb_bfd_session_up_eventsは、ピアとの BFD セッションが up の状態になった回数をカウントします。
  • metallb_bfd_zebra_notificationsは、各 BFD ピアの BFD Zebra 通知の数をカウントします。
  • metallb_bgp_announced_prefixes_totalは、BGP ピアにアドバタイズされるロードバランサーの IP アドレス接頭辞の数をカウントします。接頭辞集約ルートという用語は同じ意味です。
  • metallb_bgp_session_upは、BGP ピアとの接続状態を示します。1はセッションがup であること、 0down であることを示します。
  • metallb_bgp_updates_totalは、BGP ピアに送信された BGP更新メッセージの数をカウントします。

関連情報

26.7.5. Metal LB データの収集について

oc adm must-gather CLI コマンドを使用して、クラスター、MetalLB 設定、および MetalLB Operator に関する情報を収集できます。次の機能とオブジェクトは、MetalLB と MetalLB Operator に関連付けられています。

  • MetalLB Operator がデプロイされている namespace と子オブジェクト
  • すべての MetalLB Operator カスタムリソース定義 (CRD)

oc adm must-gatherCLI コマンドは、Red Hat が BGP および BFD 実装に使用する FR Routing (FRR) から次の情報を収集します。

  • /etc/frr/frr.conf
  • /etc/frr/frr.log
  • /etc/frr/daemons 設定ファイル
  • /etc/frr/vtysh.conf

上記のリストのログファイルと設定ファイルは、各speaker Pod の frr コンテナーから収集されます。

ログファイルと設定ファイル以外に、oc adm must-gather の CLI コマンドは、次のvtyshコマンドからの出力を収集します。

  • show running-config
  • show bgp ipv4
  • show bgp ipv6
  • show bgp neighbor
  • show bfd peer

oc adm must-gather CLI コマンドを実行する場合、追加の設定は必要ありません。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.