11.4. イメージのミラーリング

download PDF

クラスターを適切に設定した後に、外部リポジトリーからミラーリポジトリーにイメージをミラーリングできます。

手順

  1. Operator Lifecycle Manager (OLM) イメージをミラーリングします。

    $ oc adm catalog mirror registry.redhat.io/redhat/redhat-operator-index:v{product-version} <mirror_registry>:<port>/olm -a <reg_creds>

    ここでは、以下のようになります。

    product-version
    インストールする OpenShift Container Platform のバージョンに対応するタグを指定します (例: 4.8)。
    mirror_registry
    Operator コンテンツをミラーリングするターゲットレジストリーおよび namespace の完全修飾ドメイン名 (FQDN) を指定します。ここで、<namespace> はレジストリーの既存の namespace です。
    reg_creds
    変更した .dockerconfigjson ファイルの場所を指定します。

    以下に例を示します。

    $ oc adm catalog mirror registry.redhat.io/redhat/redhat-operator-index:v4.8 mirror.registry.com:443/olm -a ./.dockerconfigjson  --index-filter-by-os='.*'
  2. 他の Red Hat が提供する Operator の内容をミラーリングします。

    $ oc adm catalog mirror <index_image> <mirror_registry>:<port>/<namespace> -a <reg_creds>

    ここでは、以下のようになります。

    index_image
    ミラーリングするカタログのインデックスイメージを指定します。たとえば、これは以前に作成したプルーニングされたインデックスイメージ、または {index-image-pullspec} などのデフォルトカタログのソースインデックスイメージのいずれかである可能性があります。
    mirror_registry
    Operator コンテンツをミラーリングするターゲットレジストリーの FQDN および namespace を指定します。ここで、<namespace> はレジストリーの既存の namespace です。
    reg_creds
    オプション: 必要な場合は、レジストリー認証情報ファイルの場所を指定します。

    以下に例を示します。

    $ oc adm catalog mirror registry.redhat.io/redhat/community-operator-index:v4.8 mirror.registry.com:443/olm -a ./.dockerconfigjson  --index-filter-by-os='.*'
  3. OpenShift Container Platform イメージリポジトリーをミラーリングします。

    $ oc adm release mirror -a .dockerconfigjson --from=quay.io/openshift-release-dev/ocp-release:v<product-version>-<architecture> --to=<local_registry>/<local_repository> --to-release-image=<local_registry>/<local_repository>:v<product-version>-<architecture>

    ここでは、以下のようになります。

    product-version
    インストールする OpenShift Container Platform のバージョンに対応するタグを指定します (例: 4.8.15-x86_64)。
    architecture
    サーバーのアーキテクチャーのタイプを指定します (例: x86_64)。
    local_registry
    ミラーリポジトリーのレジストリードメイン名を指定します。
    local_repository
    レジストリーに作成するリポジトリーの名前を指定します (例:ocp4/openshift4)。

    以下に例を示します。

    $ oc adm release mirror -a .dockerconfigjson --from=quay.io/openshift-release-dev/ocp-release:4.8.15-x86_64 --to=mirror.registry.com:443/ocp/release --to-release-image=mirror.registry.com:443/ocp/release:4.8.15-x86_64

    出力例

    info: Mirroring 109 images to mirror.registry.com/ocp/release ...
    mirror.registry.com:443/
      ocp/release
    	manifests:
      	sha256:086224cadce475029065a0efc5244923f43fb9bb3bb47637e0aaf1f32b9cad47 -> 4.8.15-x86_64-thanos
      	sha256:0a214f12737cb1cfbec473cc301aa2c289d4837224c9603e99d1e90fc00328db -> 4.8.15-x86_64-kuryr-controller
      	sha256:0cf5fd36ac4b95f9de506623b902118a90ff17a07b663aad5d57c425ca44038c -> 4.8.15-x86_64-pod
      	sha256:0d1c356c26d6e5945a488ab2b050b75a8b838fc948a75c0fa13a9084974680cb -> 4.8.15-x86_64-kube-client-agent
    
    …..
    sha256:66e37d2532607e6c91eedf23b9600b4db904ce68e92b43c43d5b417ca6c8e63c mirror.registry.com:443/ocp/release:4.5.41-multus-admission-controller
    sha256:d36efdbf8d5b2cbc4dcdbd64297107d88a31ef6b0ec4a39695915c10db4973f1 mirror.registry.com:443/ocp/release:4.5.41-cluster-kube-scheduler-operator
    sha256:bd1baa5c8239b23ecdf76819ddb63cd1cd6091119fecdbf1a0db1fb3760321a2 mirror.registry.com:443/ocp/release:4.5.41-aws-machine-controllers
    info: Mirroring completed in 2.02s (0B/s)
    
    Success
    Update image:  mirror.registry.com:443/ocp/release:4.5.41-x86_64
    Mirror prefix: mirror.registry.com:443/ocp/release

  4. 必要に応じて他のレジストリーをミラーリングします。

    $ oc image mirror <online_registry>/my/image:latest <mirror_registry>

関連情報

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.