検索

12.4. FCP LUN のマルチパスの有効化

download PDF

このセクションのタスクでは、IBM Z または LinuxONE 環境で追加のデバイスを手動で設定する方法について説明します。この設定方法はノードの再起動後も持続しますが、OpenShift Container Platform ネイティブではなく、ノードを置き換える場合は手順をやり直す必要があります。

重要

IBM Z および LinuxONE では、インストール時にクラスターを設定した場合のみマルチパスを有効にできます。詳細は、IBM Z および LinuxONE への z/VM を使用したクラスターのインストールの RHCOS のインストールおよび OpenShift Container Platform ブートストラッププロセスの開始を参照してください。

前提条件

  • 管理者権限を持つユーザーとしてクラスターにログインしている。
  • 上記で説明したいずれかの方法で、LUN への複数のパスを設定している。

手順

  1. 次のコマンドを実行して、SSH 経由でノードに接続します。

    $ ssh <user>@<node_ip_address>

    次のコマンドを実行して、ノードへのデバッグセッションを開始することもできます。

    $ oc debug node/<node_name>
  2. マルチパスを有効にするには、次のコマンドを実行します。

    $ sudo /sbin/mpathconf --enable
  3. multipathd デーモンを開始するには、次のコマンドを実行します。

    $ sudo multipath
  4. オプション: マルチパスデバイスを fdisk でフォーマットするには、次のコマンドを実行します。

    $ sudo fdisk /dev/mapper/mpatha

検証

  • デバイスがグループ化されたことを確認するには、次のコマンドを実行します。

    $ sudo multipath -II

    出力例

    mpatha (20017380030290197) dm-1 IBM,2810XIV
       size=512G features='1 queue_if_no_path' hwhandler='1 alua' wp=rw
    	-+- policy='service-time 0' prio=50 status=enabled
     	|- 1:0:0:6  sde 68:16  active ready running
     	|- 1:0:1:6  sdf 69:24  active ready running
     	|- 0:0:0:6  sdg  8:80  active ready running
     	`- 0:0:1:6  sdh 66:48  active ready running

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.