検索

第4章 アプリケーションのバックアップおよび復元

download PDF

4.1. OADP リリースノート

OpenShift API for Data Protection (OADP) のリリースノートでは、新機能と拡張機能、非推奨の機能、製品の推奨事項、既知の問題、および解決された問題について説明します。

4.1.1. OADP 1.2.0 リリースノート

OADP 1.2.0 リリースノートには、新機能、バグ修正、既知の問題に関する情報が含まれています。

4.1.1.1. 新機能

リソースタイムアウト

新しい resourceTimeout オプションは、さまざまな Velero リソースを待機するタイムアウト期間を分単位で指定します。このオプションは、Velero CRD の可用性、volumeSnapshot の削除、バックアップリポジトリーの可用性などのリソースに適用されます。デフォルトの継続時間は 10 分です。

AWS S3 互換のバックアップストレージプロバイダー

AWS S3 互換プロバイダーでオブジェクトとスナップショットをバックアップできます。

4.1.1.1.1. テクニカルプレビュー機能

Data Mover

OADP Data Mover を使用すると、Container Storage Interface (CSI) ボリュームのスナップショットをリモートオブジェクトストアにバックアップできます。Data Mover を有効にすると、クラスターの偶発的な削除、クラスター障害、またはデータ破損が発生した場合に、オブジェクトストアから取得した CSI ボリュームスナップショットを使用してステートフルアプリケーションを復元できます。

重要

OADP Data Mover はテクノロジープレビューのみの機能です。テクノロジープレビュー機能は、Red Hat 製品のサービスレベルアグリーメント (SLA) の対象外であり、機能的に完全ではないことがあります。Red Hat は実稼働環境でこれらを使用することを推奨していません。テクノロジープレビュー機能は、最新の製品機能をいち早く提供して、開発段階で機能のテストを行いフィードバックを提供していただくことを目的としています。

Red Hat のテクノロジープレビュー機能のサポート範囲に関する詳細は、テクノロジープレビュー機能のサポート範囲 を参照してください。

4.1.1.2. バグが修正されました。

このリリースでは、次のバグが修正されています。

4.1.1.3. 既知の問題

本リリースには既知の問題はありません。

4.1.2. OADP 1.1.4 リリースノート

OADP 1.1.4 リリースノートには、新機能、解決された問題とバグ、既知の問題がリストされています。

4.1.2.1. 新機能

このバージョンの OADP はサービスリリースです。このバージョンには新しい機能は追加されていません。

4.1.2.2. バグが修正されました。

このリリースでは、次のバグが修正されています。

4.1.2.3. 既知の問題

本リリースには、以下の既知の問題があります。

  • アプリケーションがリストアされたクラスター上で UID/GID 範囲が変更された可能性があるため、OADP バックアップが失敗する可能性があり、その結果、OADP が OpenShift Container Platform の UID/GID 範囲メタデータをバックアップおよびリストアしません。この問題を回避するには、バックアップされたアプリケーションに特定の UUID が必要な場合、復元時にその範囲が使用可能であることを確認してください。追加の回避策として、OADP が復元操作で namespace を作成できるようにすることが挙げられます。
  • ArgoCD の app.kubernetes.io/instance で使用されるラベルが原因で ArgoCD がプロセス中に使用されると、復元が失敗する場合があります。このラベルは、ArgoCD が管理する必要があるリソースを識別します。これにより、復元時にリソースを管理するための OADP の手順と競合が発生する可能性があります。この問題を回避するには、ArgoCD YAML の .spec.resourceTrackingMethodannotation+label または annotation に設定します。問題が解決しない場合は、復元を開始する前に ArgoCD を無効にし、復元が完了したら再び有効にします。

4.1.3. OADP 1.1.2 リリースノート

OADP 1.1.2 リリースノートには、製品の推奨事項、修正されたバグのリスト、および既知の問題の説明が含まれています。

4.1.3.1. 製品の推奨事項

VolSync

VolSync 0.5.1 から VolSync stable チャネルから入手可能な最新バージョンへのアップグレードを準備するには、次のコマンドを実行して、このアノテーションを openshift-adp namespace に追加する必要があります。

$ oc annotate --overwrite namespace/openshift-adp volsync.backube/privileged-movers='true'

Velero

このリリースでは、Velero がバージョン 1.9.2 からバージョン 1.9.5 にアップグレードされました。

Restic

このリリースでは、Restic がバージョン 0.13.1 からバージョン 0.14.0 にアップグレードされました。

4.1.3.2. バグが修正されました。

このリリースでは、次のバグが修正されています。

4.1.3.3. 既知の問題

本リリースには、以下の既知の問題があります。

  • OADP は現在、Velero で restic を使用した AWS EFS ボリュームのバックアップと復元をサポートしていません (OADP-778)。
  • PVC ごとの VolumeSnapshotContent スナップショットの Ceph 制限により、CSI バックアップが失敗する場合があります。

    同じ永続ボリューム要求 (PVC) のスナップショットを複数作成できますが、スナップショットの定期的な作成をスケジュールすることはできません。

    • CephFS の場合、PVC ごとに最大 100 スナップショットを作成できます。(OADP-804)
    • RADOS ブロックデバイス (RBD) の場合は、PVC ごとに最大 512 個のスナップショットを作成できます。(OADP-975)

    詳細は、ボリュームのスナップショット を参照してください。

4.1.4. OADP 1.1.1 リリースノート

OADP 1.1.1 リリースノートには、製品の推奨事項と既知の問題の説明が含まれています。

4.1.4.1. 製品の推奨事項

OADP 1.1.1 をインストールする前に、VolSync 0.5.1 をインストールするか、それにアップグレードすることをお勧めします。

4.1.4.2. 既知の問題

本リリースには、以下の既知の問題があります。

  • OADP は現在、Velero で restic を使用した AWS EFS ボリュームのバックアップと復元をサポートしていません (OADP-778)。
  • PVC ごとの VolumeSnapshotContent スナップショットの Ceph 制限により、CSI バックアップが失敗する場合があります。

    同じ永続ボリューム要求 (PVC) のスナップショットを複数作成できますが、スナップショットの定期的な作成をスケジュールすることはできません。

    • CephFS の場合、PVC ごとに最大 100 スナップショットを作成できます。
    • RADOS ブロックデバイス (RBD) の場合は、PVC ごとに最大 512 個のスナップショットを作成できます。(OADP-804) および (OADP-975)

      詳細は、ボリュームのスナップショット を参照してください。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.