検索

1.3. OpenShift Container Platform ネットワーキングの一般用語集

download PDF

この用語集では、ネットワーキングコンテンツで使用される一般的な用語を定義します。

authentication
OpenShift Container Platform クラスターへのアクセスを制御するために、クラスター管理者はユーザー認証を設定し、承認されたユーザーのみがクラスターにアクセスできます。OpenShift Container Platform クラスターと対話するには、OpenShift Container Platform API に対して認証する必要があります。Open Shift Container Platform API へのリクエストで、OAuth アクセストークンまたは X.509 クライアント証明書を提供することで認証できます。
AWS Load Balancer Operator
AWS Load Balancer (ALB) Operator は、aws-load-balancer-controller のインスタンスをデプロイおよび管理します。
Cluster Network Operator
Cluster Network Operator (CNO) は、OpenShift Container Platform クラスター内のクラスターネットワークコンポーネントをデプロイおよび管理します。これには、インストール中にクラスター用に選択された Container Network Interface (CNI) のデフォルトネットワークプロバイダープラグインのデプロイメントが含まれます。
設定マップ
ConfigMap は、設定データを Pod に注入する方法を提供します。タイプ ConfigMap のボリューム内の ConfigMap に格納されたデータを参照できます。Pod で実行しているアプリケーションは、このデータを使用できます。
カスタムリソース (CR)
CR は Kubernetes API の拡張です。カスタムリソースを作成できます。
DNS
クラスター DNS は、Kubernetes サービスの DNS レコードを提供する DNS サーバーです。Kubernetes により開始したコンテナーは、DNS 検索にこの DNS サーバーを自動的に含めます。
DNS Operator
DNS Operator は、CoreDNS をデプロイして管理し、Pod に名前解決サービスを提供します。これにより、OpenShift Container Platform で DNS ベースの Kubernetes サービス検出が可能になります。
deployment
アプリケーションのライフサイクルを維持する Kubernetes リソースオブジェクト。
domain
ドメインは、Ingress Controller によってサービスされる DNS 名です。
egress
Pod からのネットワークのアウトバウンドトラフィックを介して外部とデータを共有するプロセス。
外部 DNS Operator
外部 DNS Operator は、ExternalDNS をデプロイして管理し、外部 DNS プロバイダーから OpenShift Container Platform へのサービスおよびルートの名前解決を提供します。
HTTP ベースのルート
HTTP ベースのルートとは、セキュアではないルートで、基本的な HTTP ルーティングプロトコルを使用してセキュリティー保護されていないアプリケーションポートでサービスを公開します。
Ingress
OpenShift Container Platform の Kubernetes Ingress リソースは、クラスター内で Pod として実行される共有ルーターサービスと共に Ingress Controller を実装します。
Ingress Controller
Ingress Operator は Ingress Controller を管理します。Ingress Controller の使用は、最も一般的な、OpenShift Container Platform クラスターへの外部アクセスを許可する方法です。
インストーラーでプロビジョニングされるインフラストラクチャー
インストールプログラムは、クラスターが実行されるインフラストラクチャーをデプロイして設定します。
kubelet
コンテナーが Pod で実行されていることを確認するために、クラスター内の各ノードで実行されるプライマリーノードエージェント。
Kubernetes NMState Operator
Kubernetes NMState Operator は、NMState の OpenShift Container Platform クラスターのノード間でステートドリブンのネットワーク設定を実行するための Kubernetes API を提供します。
kube-proxy
Kube-proxy は、各ノードで実行するプロキシーサービスであり、外部ホストがサービスを利用できるようにするのに役立ちます。リクエストを正しいコンテナーに転送するのに役立ち、基本的な負荷分散を実行できます。
ロードバランサー
OpenShift Container Platform は、ロードバランサーを使用して、クラスターの外部からクラスターで実行されているサービスと通信します。
MetalLB Operator
クラスター管理者は、MetalLB Operator をクラスターに追加し、タイプ LoadBalancer のサービスがクラスターに追加されると、MetalLB はサービスの外部 IP アドレスを追加できます。
multicast
IP マルチキャストを使用すると、データが多数の IP アドレスに同時に配信されます。
namespace
namespace は、すべてのプロセスから見える特定のシステムリソースを分離します。namespace 内では、その namespace のメンバーであるプロセスのみがそれらのリソースを参照できます。
networking
OpenShift Container Platform クラスターのネットワーク情報。
node
OpenShift Container Platform クラスター内のワーカーマシン。ノードは、仮想マシン (VM) または物理マシンのいずれかです。
OpenShift Container Platform Ingress Operator
Ingress Operator は IngressController API を実装し、OpenShift Container Platform サービスへの外部アクセスを可能にするコンポーネントです。
Pod
OpenShift Container Platform クラスターで実行されている、ボリュームや IP アドレスなどの共有リソースを持つ 1 つ以上のコンテナー。Pod は、定義、デプロイ、および管理される最小のコンピュート単位です。
PTP Operator
PTP Operator は、linuxptp サービスを作成し、管理します。
route
OpenShift Container Platform ルートは、クラスターのサービスに Ingress トラフィックを提供します。ルートは、Blue-Green デプロイメント向けに TLS 再暗号化、TLS パススルー、分割トラフィックなどの標準の Kubernetes Ingress Controller でサポートされない可能性のある高度な機能を提供します。
スケーリング
リソース容量の増減。
サービス
一連の Pod で実行中のアプリケーションを公開します。
シングルルート I/O 仮想化 (SR-IOV) Network Operator
Single Root I/O Virtualization (SR-IOV) ネットワーク Operator は、クラスターで SR-IOV ネットワークデバイスおよびネットワーク割り当てを管理します。
ソフトウェア定義ネットワーク (SDN)
OpenShift Container Platform は、Software Defined Networking (SDN) アプローチを使用して、クラスターのネットワークを統合し、OpenShift Container Platform クラスターの Pod 間の通信を可能にします。
SCTP (Stream Control Transmission Protocol)
SCTP は、IP ネットワークの上部で実行される信頼できるメッセージベースのプロトコルです。
taint
テイントと容認により、Pod が適切なノードに確実にスケジュールされます。ノードに 1 つ以上のテイントを適用できます。
容認
Pod に容認を適用できます。Tolerations を使用すると、スケジューラーは、テイントが一致する Pod をスケジュールできます。
Web コンソール
OpenShift Container Platform を管理するためのユーザーインターフェイス (UI)。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.