検索

第2章 OpenShift Container Platform での AMQ Broker のデプロイメントのプランニング

download PDF

このセクションでは、Operator ベースのデプロイメントを計画する方法について説明します。

Operator は、OpenShift アプリケーションのパッケージ化、デプロイ、および管理を可能にするプログラムです。多くの場合、Operator は共通タスクまたは複雑なタスクを自動化します。通常、Operator は以下を提供することを目的としています。

  • 一貫性のある繰り返し可能なインストール
  • システムコンポーネントのヘルスチェック
  • OTA (Over-the-air) 更新
  • 管理アップグレード

Operator は、デプロイメントの設定に使用したカスタムリソース (CR) インスタンスへの変更を常にリッスンしているため、ブローカーインスタンスの実行中に変更を加えることができます。CR に変更を加えると、Operator は既存のブローカーデプロイメントの変更を調整し、変更を反映するためにデプロイメントを更新します。さらに、Operator は、メッセージングデータの整合性を維持するメッセージ移行機能を提供します。デプロイメントの失敗または意図的に縮小してクラスターデプロイメントのブローカーがシャットダウンすると、この機能はメッセージを同じブローカークラスターで実行されているブローカー Pod に移行します。

2.1. AMQ Broker Operator カスタムリソース定義の概要

通常、カスタムリソース定義 (CRD) は、Operator でデプロイされたカスタム OpenShift オブジェクトのスキーマです。対応するカスタムリソース (CR) インスタンスを作成すると、CRD の設定項目の値を指定できます。Operator 開発者の場合、CRD を使用して公開する内容は基本的に、デプロイされたオブジェクトの設定および使用方法のために API になります。CRD は Kubernetes 経由で自動的に公開されるため、通常の HTTP curl コマンドを使用して CRD に直接アクセスできます。

OperatorHub グラフィカルインターフェースを使用して、OpenShift コマンドラインインターフェース (CLI) または Operator Lifecycle Manager を使用して AMQ Broker Operator をインストールできます。いずれの場合も、AMQ Broker Operator に以下で説明されている CRD が含まれます。

メインブローカー CRD

この CRD に基づいて CR インスタンスをデプロイし、ブローカーデプロイメントを作成および設定します。

Operator のインストール方法に基づいて、この CRD は以下になります。

  • Operator インストールアーカイブの crds ディレクトリーにある broker_activemqartemis_crd ファイル (OpenShift CLI インストール方法)
  • OpenShift Container Platform Web コンソールのCustom Resource Definitions (OperatorHub インストール方法) の ActiveMQArtemis CRD
Address CRD

この CRD に基づいて CR インスタンスをデプロイし、ブローカーデプロイメントのアドレスおよびキューを作成します。

Operator のインストール方法に基づいて、この CRD は以下になります。

  • Operator インストールアーカイブの crds ディレクトリーにある broker_activemqartemisaddress_crd ファイル (OpenShift CLI インストール方法)
  • OpenShift Container Platform Web コンソールの Custom Resource Definitions セクションの ActiveMQArtemisAddresss CRD (OperatorHub インストール方法)
セキュリティー CRD

この CRD に基づいて CR インスタンスをデプロイし、ユーザーを作成してそのユーザーをセキュリティーコンテキストに関連付けます。

Operator のインストール方法に基づいて、この CRD は以下になります。

  • Operator インストールアーカイブの crds ディレクトリーにある broker_activemqartemissecurity_crd ファイル (OpenShift CLI インストール方法)
  • OpenShift Container Platform Web コンソールの Custom Resource Definitions セクションの ActiveMQArtemisSecurity CRD (OperatorHub インストール方法)
Scaledown CRD

Operator は、メッセージ移行用にスケールダウンコントローラーをインスタンス化する際に、この CRD に基づいて CR インスタンスを自動的に作成します。

Operator のインストール方法に基づいて、この CRD は以下になります。

  • Operator インストールアーカイブの crds ディレクトリーにある broker_activemqartemisscaledown_crd ファイル (OpenShift CLI インストール方法)
  • OpenShift Container Platform Web コンソールの Custom Resource Definitions セクションの ActiveMQArtemisScaledown CRD (OperatorHub インストール方法)

関連情報

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.