検索

3.7. 非表示のレプリカモード

download PDF

非表示のレプリカは、稼働中および利用できるすべてのサービスを持つ IdM サーバーです。ただし、非表示のレプリカには DNS に SRV レコードがなく、LDAP サーバーロールが有効になっていません。そのため、クライアントはサービス検出を使用して非表示のレプリカを検出することができません。

デフォルトでは、レプリカをセットアップすると、インストールプログラムによって DNS にサービス (SRV) リソースレコードが自動的に作成されます。このレコードにより、クライアントはレプリカとそのサービスを自動検出できます。レプリカを非表示のレプリカとしてインストールする場合は、ipa-replica-install コマンドに --hidden-replica パラメーターを渡します。

注記

RHEL 8.1 で導入された非表示のレプリカ機能は、RHEL 8.2 以降で完全にサポートされています。

非表示のレプリカは主に、クライアントの停止を引き起こす可能性のある専用サービス用に設計されています。たとえば、IdM の完全バックアップでは、サーバー上のすべての IdM サービスをシャットダウンする必要があります。非表示のレプリカを使用するクライアントはないため、管理者はクライアントに影響を与えることなく、このホスト上のサービスを一時的にシャットダウンできます。

その他のユースケースには、大量インポートや詳細なクエリーなど、IdM API または LDAP サーバーの高負荷操作が含まれます。

非表示のレプリカをバックアップする前に、クラスターで使用されるすべての必要なサーバーロール (特に統合 CA が使用されている場合は Certificate Authority ロール) をインストールする必要があります。したがって、新しいホストで非表示のレプリカからバックアップを復元すると、常に通常のレプリカが作成されます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.