検索

9.2. ログ出力のタイプ

download PDF

出力は、ログフォワーダーから送信されるログの宛先を定義します。ClusterLogForwarder カスタムリソース (CR) で出力タイプを複数定義し、複数の異なるプロトコルをサポートするサーバーにログを送信できます。

9.2.1. サポート対象のログ転送出力

出力は次のいずれかのタイプになります。

表9.8 サポート対象のログ出力タイプ
出力タイププロトコルテストで使用ロギングバージョンサポート対象のコレクタータイプ

Elasticsearch v6

HTTP 1.1

6.8.1, 6.8.23

5.6+

Fluentd、Vector

Elasticsearch v7

HTTP 1.1

7.12.2, 7.17.7, 7.10.1

5.6+

Fluentd、Vector

Elasticsearch v8

HTTP 1.1

8.4.3, 8.6.1

5.6+

Fluentd [1]、Vector

Fluent Forward

Fluentd forward v1

Fluentd 1.14.6、Logstash 7.10.1、Fluentd 1.14.5

5.4+

Fluentd

Google Cloud Logging

REST over HTTPS

最新バージョン

5.7+

Vector

HTTP

HTTP 1.1

Fluentd 1.14.6、Vector 0.21

5.7+

Fluentd、Vector

Kafka

Kafka 0.11

Kafka 2.4.1、2.7.0、3.3.1

5.4+

Fluentd、Vector

Loki

REST over HTTP and HTTPS

2.3.0、2.5.0、2.7、2.2.1

5.4+

Fluentd、Vector

Splunk

HEC

8.2.9, 9.0.0

5.7+

Vector

Syslog

RFC3164、RFC5424

Rsyslog 8.37.0-9.el7、rsyslog-8.39.0

5.4+

Fluentd、Vector [2]

Amazon CloudWatch

REST over HTTPS

最新バージョン

5.4+

Fluentd、Vector

  1. Fluentd は、ロギングバージョン 5.6.2 で Elasticsearch 8 をサポートしていません。
  2. Vector は、ロギングバージョン 5.7 以降で Syslog をサポートします。

9.2.2. 出力タイプの説明

default

クラスター上の、Red Hat が管理するログストア。デフォルトの出力を設定する必要はありません。

注記

default 出力名は、クラスター上の Red Hat が管理するログストアを参照するために予約されているため、default 出力を設定するとエラーメッセージが表示されます。

loki
Loki: 水平方向にスケーラブルで可用性の高いマルチテナントログ集計システム。
kafka
Kafka ブローカー。kafka 出力は TCP または TLS 接続を使用できます。
elasticsearch
外部 Elasticsearch インスタンス。elasticsearch 出力では、TLS 接続を使用できます。
fluentdForward

Fluentd をサポートする外部ログ集計ソリューション。このオプションは、Fluentd forward プロトコルを使用します。fluentForward 出力は TCP または TLS 接続を使用でき、シークレットに shared_key フィールドを指定して共有キーの認証をサポートします。共有キーの認証は、TLS の有無に関係なく使用できます。

重要

fluentdForward 出力は、Fluentd コレクターを使用している場合にのみサポートされます。Vector コレクターを使用している場合はサポートされません。Vector コレクターを使用している場合は、http 出力を使用してログを Fluentd に転送できます。

syslog
syslog RFC3164 または RFC5424 プロトコルをサポートする外部ログ集計ソリューション。syslog 出力は、UDP、TCP、または TLS 接続を使用できます。
cloudwatch
Amazon Web Services (AWS) がホストするモニタリングおよびログストレージサービスである Amazon CloudWatch。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.