検索

9.6. Kubernetes イベントの収集および保存

download PDF

OpenShift Container Platform イベントルーターは、Kubernetes イベントを監視し、それらをロギングによって収集できるようにログに記録する Pod です。イベントルーターは手動でデプロイする必要があります。

イベントルーターはすべてのプロジェクトからイベントを収集し、それらを STDOUT に書き込みます。次に、コレクターはそれらのイベントを ClusterLogForwarder カスタムリソース (CR) で定義されたストアに転送します。

重要

イベントルーターは追加の負荷を Fluentd に追加し、処理できる他のログメッセージの数に影響を与える可能性があります。

9.6.1. イベントルーターのデプロイおよび設定

以下の手順を使用してイベントルーターをクラスターにデプロイします。イベントルーターを openshift-logging プロジェクトに常にデプロイし、クラスター全体でイベントが収集されるようにする必要があります。

注記

Event Router イメージは Red Hat OpenShift Logging Operator の一部ではないため、個別にダウンロードする必要があります。

次の Template オブジェクトは、イベントルーターに必要なサービスアカウント、クラスターロール、およびクラスターロールバインディングを作成します。テンプレートはイベントルーター Pod も設定し、デプロイします。このテンプレートを変更せずに使用することも、テンプレートを編集してデプロイメントオブジェクトの CPU およびメモリー要求を変更することもできます。

前提条件

  • サービスアカウントを作成し、クラスターロールバインディングを更新するには、適切なパーミッションが必要です。たとえば、以下のテンプレートを、cluster-admin ロールを持つユーザーで実行できます。
  • Red Hat OpenShift Logging Operator がインストールされている必要があります。

手順

  1. イベントルーターのテンプレートを作成します。

    apiVersion: template.openshift.io/v1
    kind: Template
    metadata:
      name: eventrouter-template
      annotations:
        description: "A pod forwarding kubernetes events to OpenShift Logging stack."
        tags: "events,EFK,logging,cluster-logging"
    objects:
      - kind: ServiceAccount 1
        apiVersion: v1
        metadata:
          name: eventrouter
          namespace: ${NAMESPACE}
      - kind: ClusterRole 2
        apiVersion: rbac.authorization.k8s.io/v1
        metadata:
          name: event-reader
        rules:
        - apiGroups: [""]
          resources: ["events"]
          verbs: ["get", "watch", "list"]
      - kind: ClusterRoleBinding 3
        apiVersion: rbac.authorization.k8s.io/v1
        metadata:
          name: event-reader-binding
        subjects:
        - kind: ServiceAccount
          name: eventrouter
          namespace: ${NAMESPACE}
        roleRef:
          kind: ClusterRole
          name: event-reader
      - kind: ConfigMap 4
        apiVersion: v1
        metadata:
          name: eventrouter
          namespace: ${NAMESPACE}
        data:
          config.json: |-
            {
              "sink": "stdout"
            }
      - kind: Deployment 5
        apiVersion: apps/v1
        metadata:
          name: eventrouter
          namespace: ${NAMESPACE}
          labels:
            component: "eventrouter"
            logging-infra: "eventrouter"
            provider: "openshift"
        spec:
          selector:
            matchLabels:
              component: "eventrouter"
              logging-infra: "eventrouter"
              provider: "openshift"
          replicas: 1
          template:
            metadata:
              labels:
                component: "eventrouter"
                logging-infra: "eventrouter"
                provider: "openshift"
              name: eventrouter
            spec:
              serviceAccount: eventrouter
              containers:
                - name: kube-eventrouter
                  image: ${IMAGE}
                  imagePullPolicy: IfNotPresent
                  resources:
                    requests:
                      cpu: ${CPU}
                      memory: ${MEMORY}
                  volumeMounts:
                  - name: config-volume
                    mountPath: /etc/eventrouter
                  securityContext:
                    allowPrivilegeEscalation: false
                    capabilities:
                      drop: ["ALL"]
              securityContext:
                runAsNonRoot: true
                seccompProfile:
                  type: RuntimeDefault
              volumes:
              - name: config-volume
                configMap:
                  name: eventrouter
    parameters:
      - name: IMAGE 6
        displayName: Image
        value: "registry.redhat.io/openshift-logging/eventrouter-rhel8:v0.4"
      - name: CPU 7
        displayName: CPU
        value: "100m"
      - name: MEMORY 8
        displayName: Memory
        value: "128Mi"
      - name: NAMESPACE
        displayName: Namespace
        value: "openshift-logging" 9
    1
    イベントルーターの openshift-logging プロジェクトでサービスアカウントを作成します。
    2
    ClusterRole を作成し、クラスター内のイベントを監視します。
    3
    ClusterRoleBinding を作成し、ClusterRole をサービスアカウントにバインドします。
    4
    openshift-logging プロジェクトで設定マップを作成し、必要な config.json ファイルを生成します。
    5
    openshift-logging プロジェクトでデプロイメントを作成し、イベントルーター Pod を生成し、設定します。
    6
    v0.4 などのタグで識別されるイメージを指定します。
    7
    イベントルーター Pod に割り当てる CPU の最小量を指定します。デフォルトは 100m に設定されます。
    8
    イベントルーター Pod に割り当てるメモリーの最小量を指定します。デフォルトは 128Mi に設定されます。
    9
    オブジェクトをインストールする openshift-logging プロジェクトを指定します。
  2. 以下のコマンドを使用してテンプレートを処理し、これを適用します。

    $ oc process -f <templatefile> | oc apply -n openshift-logging -f -

    以下に例を示します。

    $ oc process -f eventrouter.yaml | oc apply -n openshift-logging -f -

    出力例

    serviceaccount/eventrouter created
    clusterrole.rbac.authorization.k8s.io/event-reader created
    clusterrolebinding.rbac.authorization.k8s.io/event-reader-binding created
    configmap/eventrouter created
    deployment.apps/eventrouter created

  3. イベントルーターが openshift-logging プロジェクトにインストールされていることを確認します。

    1. 新規イベントルーター Pod を表示します。

      $ oc get pods --selector  component=eventrouter -o name -n openshift-logging

      出力例

      pod/cluster-logging-eventrouter-d649f97c8-qvv8r

    2. イベントルーターによって収集されるイベントを表示します。

      $ oc logs <cluster_logging_eventrouter_pod> -n openshift-logging

      以下に例を示します。

      $ oc logs cluster-logging-eventrouter-d649f97c8-qvv8r -n openshift-logging

      出力例

      {"verb":"ADDED","event":{"metadata":{"name":"openshift-service-catalog-controller-manager-remover.1632d931e88fcd8f","namespace":"openshift-service-catalog-removed","selfLink":"/api/v1/namespaces/openshift-service-catalog-removed/events/openshift-service-catalog-controller-manager-remover.1632d931e88fcd8f","uid":"787d7b26-3d2f-4017-b0b0-420db4ae62c0","resourceVersion":"21399","creationTimestamp":"2020-09-08T15:40:26Z"},"involvedObject":{"kind":"Job","namespace":"openshift-service-catalog-removed","name":"openshift-service-catalog-controller-manager-remover","uid":"fac9f479-4ad5-4a57-8adc-cb25d3d9cf8f","apiVersion":"batch/v1","resourceVersion":"21280"},"reason":"Completed","message":"Job completed","source":{"component":"job-controller"},"firstTimestamp":"2020-09-08T15:40:26Z","lastTimestamp":"2020-09-08T15:40:26Z","count":1,"type":"Normal"}}

      また、Elasticsearch infra インデックスを使用してインデックスパターンを作成し、Kibana を使用してイベントを表示することもできます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.