検索

25.20. ネットワークフローの追跡

download PDF

クラスター管理者は、以下の領域をサポートする、クラスターからの Pod ネットワークフローについての情報を収集できます。

  • Pod ネットワークで ingress および egress トラフィックをモニターします。
  • パフォーマンスに関する問題のトラブルシューティング
  • 容量計画およびセキュリティー監査に関するデータを収集します。

ネットワークフローのコレクションを有効にすると、トラフィックに関するメタデータのみが収集されます。たとえば、パケットデータは収集されませんが、プロトコル、ソースアドレス、宛先アドレス、ポート番号、バイト数、その他のパケットレベルの情報を収集します。

データは、以下の 1 つ以上のレコード形式で収集されます。

  • NetFlow
  • sFlow
  • IPFIX

1 つ以上のコレクター IP アドレスおよびポート番号を使用して Cluster Network Operator (CNO) を設定する場合、Operator は各ノードで Open vSwitch (OVS) を設定し、ネットワークフローレコードを各コレクターに送信します。

Operator を、複数のネットワークフローコレクターにレコードを送信するように設定できます。たとえば、レコードを NetFlow コレクターに送信し、レコードを sFlow コレクターに送信することもできます。

OVS がデータをコレクターに送信すると、それぞれのタイプのコレクターは同一レコードを受け取ります。たとえば、2 つの NetFlow コレクターを設定すると、ノード上の OVS は同じレコードを 2 つのコレクターに送信します。また、2 つの sFlow コレクターを設定した場合には、2 つの sFlow コレクターが同じレコードを受け取ります。ただし、各コレクタータイプには固有のレコード形式があります。

ネットワークフローデータを収集し、レコードをコレクターに送信すると、パフォーマンスに影響があります。ノードは低速でパケットを処理します。パフォーマンスへの影響が大きすぎる場合は、コレクターの宛先を削除し、ネットワークフローデータの収集を無効にしてパフォーマンスを回復できます。

注記

ネットワークフローコレクターを有効にすると、クラスターネットワークの全体的なパフォーマンスに影響を与える可能性があります。

25.20.1. ネットワークフローを追跡するためのネットワークオブジェクト設定

Cluster Network Operator (CNO) でネットワークフローコレクターを設定するフィールドを以下の表に示します。

表25.12 ネットワークフローの設定
フィールド説明

metadata.name

string

CNO オブジェクトの名前。この名前は常に cluster です。

spec.exportNetworkFlows

object

1 つ以上の netFlowsFlow、または ipfix

spec.exportNetworkFlows.netFlow.collectors

array

最大 10 コレクターの IP アドレスとネットワークポートのペアのリスト。

spec.exportNetworkFlows.sFlow.collectors

array

最大 10 コレクターの IP アドレスとネットワークポートのペアのリスト。

spec.exportNetworkFlows.ipfix.collectors

array

最大 10 コレクターの IP アドレスとネットワークポートのペアのリスト。

以下のマニフェストを CNO に適用した後に、Operator は、192.168.1.99:2056 でリッスンする NetFlow コレクターにネットワークフローレコードを送信するようにクラスター内の各ノードで Open vSwitch (OVS) を設定します。

ネットワークフローを追跡するための設定例

apiVersion: operator.openshift.io/v1
kind: Network
metadata:
  name: cluster
spec:
  exportNetworkFlows:
    netFlow:
      collectors:
        - 192.168.1.99:2056

25.20.2. ネットワークフローコレクターの宛先の追加

クラスター管理者として、Cluster Network Operator (CNO) を設定して、Pod ネットワークについてのネットワークフローメタデータのネットワークフローコレクターへの送信を停止することができます。

前提条件

  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。
  • cluster-admin 権限を持つユーザーとしてクラスターにログインしている。
  • ネットワークフローコレクターがあり、リッスンする IP アドレスとポートを把握している。

手順

  1. ネットワークフローコレクターのタイプおよびコレクターの IP アドレスとポート情報を指定するパッチファイルを作成します。

    spec:
      exportNetworkFlows:
        netFlow:
          collectors:
            - 192.168.1.99:2056
  2. ネットワークフローコレクターで CNO を設定します。

    $ oc patch network.operator cluster --type merge -p "$(cat <file_name>.yaml)"

    出力例

    network.operator.openshift.io/cluster patched

検証

検証は通常必須ではありません。以下のコマンドを実行して、各ノードの Open vSwitch (OVS) がネットワークフローレコードを 1 つ以上のコレクターに送信するように設定されていることを確認できます。

  1. Operator 設定を表示して、exportNetworkFlows フィールドが設定されていることを確認します。

    $ oc get network.operator cluster -o jsonpath="{.spec.exportNetworkFlows}"

    出力例

    {"netFlow":{"collectors":["192.168.1.99:2056"]}}

  2. 各ノードから OVS のネットワークフロー設定を表示します。

    $ for pod in $(oc get pods -n openshift-ovn-kubernetes -l app=ovnkube-node -o jsonpath='{range@.items[*]}{.metadata.name}{"\n"}{end}');
      do ;
        echo;
        echo $pod;
        oc -n openshift-ovn-kubernetes exec -c ovnkube-node $pod \
          -- bash -c 'for type in ipfix sflow netflow ; do ovs-vsctl find $type ; done';
    done

    出力例

    ovnkube-node-xrn4p
    _uuid               : a4d2aaca-5023-4f3d-9400-7275f92611f9
    active_timeout      : 60
    add_id_to_interface : false
    engine_id           : []
    engine_type         : []
    external_ids        : {}
    targets             : ["192.168.1.99:2056"]
    
    ovnkube-node-z4vq9
    _uuid               : 61d02fdb-9228-4993-8ff5-b27f01a29bd6
    active_timeout      : 60
    add_id_to_interface : false
    engine_id           : []
    engine_type         : []
    external_ids        : {}
    targets             : ["192.168.1.99:2056"]-
    
    ...

25.20.3. ネットワークフローコレクターのすべての宛先の削除

クラスター管理者として、Cluster Network Operator (CNO) を設定して、ネットワークフローメタデータのネットワークフローコレクターへの送信を停止することができます。

前提条件

  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。
  • cluster-admin 権限を持つユーザーとしてクラスターにログインしている。

手順

  1. すべてのネットワークフローコレクターを削除します。

    $ oc patch network.operator cluster --type='json' \
        -p='[{"op":"remove", "path":"/spec/exportNetworkFlows"}]'

    出力例

    network.operator.openshift.io/cluster patched

25.20.4. 関連情報

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.