検索

26.14. プロジェクトのマルチキャストの有効化

download PDF

26.14.1. マルチキャストについて

IP マルチキャストを使用すると、データが多数の IP アドレスに同時に配信されます。

重要
  • 現時点で、マルチキャストは低帯域幅の調整またはサービスの検出での使用に最も適しており、高帯域幅のソリューションとしては適していません。
  • デフォルトでは、ネットワークポリシーは namespace 内のすべての接続に影響します。ただし、マルチキャストはネットワークポリシーの影響を受けません。マルチキャストがネットワークポリシーと同じ namespace で有効にされている場合、deny-all ネットワークポリシーがある場合でも、マルチキャストは常に許可されます。クラスター管理者は、これを有効にする前に、ネットワークポリシーからマルチキャストが除外されることの影響を考慮する必要があります。

OpenShift Container Platform の Pod 間のマルチキャストトラフィックはデフォルトで無効にされます。OpenShift SDN ネットワークプラグインを使用している場合、プロジェクトごとにマルチキャストを有効にできます。

networkpolicy 分離モードで OpenShift SDN ネットワークプラグインを使用する場合は、以下を行います。

  • Pod によって送信されるマルチキャストパケットは、NetworkPolicy オブジェクトに関係なく、プロジェクトの他のすべての Pod に送信されます。Pod はユニキャストで通信できない場合でもマルチキャストで通信できます。
  • 1 つのプロジェクトの Pod によって送信されるマルチキャストパケットは、NetworkPolicy オブジェクトがプロジェクト間の通信を許可する場合であっても、それ以外のプロジェクトの Pod に送信されることはありません。

multinenant 分離モードで OpenShift SDN ネットワークプラグインを使用する場合は、以下を行います。

  • Pod で送信されるマルチキャストパケットはプロジェクトにあるその他の全 Pod に送信されます。
  • あるプロジェクトの Pod によって送信されるマルチキャストパケットは、各プロジェクトが結合し、マルチキャストが結合した各プロジェクトで有効にされている場合にのみ、他のプロジェクトの Pod に送信されます。

26.14.2. Pod 間のマルチキャストの有効化

プロジェクトの Pod でマルチキャストを有効にすることができます。

前提条件

  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。
  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてクラスターにログインする必要があります。

手順

  • 以下のコマンドを実行し、プロジェクトのマルチキャストを有効にします。<namespace> を、マルチキャストを有効にする必要のある namespace に置き換えます。

    $ oc annotate netnamespace <namespace> \
        netnamespace.network.openshift.io/multicast-enabled=true

検証

マルチキャストがプロジェクトについて有効にされていることを確認するには、以下の手順を実行します。

  1. 現在のプロジェクトを、マルチキャストを有効にしたプロジェクトに切り替えます。<project> をプロジェクト名に置き換えます。

    $ oc project <project>
  2. マルチキャストレシーバーとして機能する Pod を作成します。

    $ cat <<EOF| oc create -f -
    apiVersion: v1
    kind: Pod
    metadata:
      name: mlistener
      labels:
        app: multicast-verify
    spec:
      containers:
        - name: mlistener
          image: registry.access.redhat.com/ubi8
          command: ["/bin/sh", "-c"]
          args:
            ["dnf -y install socat hostname && sleep inf"]
          ports:
            - containerPort: 30102
              name: mlistener
              protocol: UDP
    EOF
  3. マルチキャストセンダーとして機能する Pod を作成します。

    $ cat <<EOF| oc create -f -
    apiVersion: v1
    kind: Pod
    metadata:
      name: msender
      labels:
        app: multicast-verify
    spec:
      containers:
        - name: msender
          image: registry.access.redhat.com/ubi8
          command: ["/bin/sh", "-c"]
          args:
            ["dnf -y install socat && sleep inf"]
    EOF
  4. 新しいターミナルウィンドウまたはタブで、マルチキャストリスナーを起動します。

    1. Pod の IP アドレスを取得します。

      $ POD_IP=$(oc get pods mlistener -o jsonpath='{.status.podIP}')
    2. 次のコマンドを入力して、マルチキャストリスナーを起動します。

      $ oc exec mlistener -i -t -- \
          socat UDP4-RECVFROM:30102,ip-add-membership=224.1.0.1:$POD_IP,fork EXEC:hostname
  5. マルチキャストトランスミッターを開始します。

    1. Pod ネットワーク IP アドレス範囲を取得します。

      $ CIDR=$(oc get Network.config.openshift.io cluster \
          -o jsonpath='{.status.clusterNetwork[0].cidr}')
    2. マルチキャストメッセージを送信するには、以下のコマンドを入力します。

      $ oc exec msender -i -t -- \
          /bin/bash -c "echo | socat STDIO UDP4-DATAGRAM:224.1.0.1:30102,range=$CIDR,ip-multicast-ttl=64"

      マルチキャストが機能している場合、直前のコマンドは以下の出力を返します。

      mlistener
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.