検索

28.8. ロードバランサーの許可された送信元範囲を使用した ingress クラスタートラフィックの設定

download PDF

IngressController の IP アドレス範囲の一覧を指定できます。endpointPublishingStrategyLoadBalancerService の場合、これにより、ロードバランサーサービスへのアクセスが制限されます。

28.8.1. ロードバランサーの許可されるソース範囲の設定

spec.endpointPublishingStrategy.loadBalancer.allowedSourceRanges フィールドを有効にして設定できます。ロードバランサーの許可されるソース範囲を設定することで、Ingress Contoller のロードバランサーへのアクセスを、指定された IP アドレス範囲のリストに制限できます。Ingress Operator はロードバランサー Service を調整し、AllowedSourceRanges に基づいて spec.loadBalancerSourceRanges フィールドを設定します。

注記

以前のバージョンの OpenShift Container Platform で spec.loadBalancerSourceRanges フィールドまたはロードバランサーサービスアノテーション service.beta.kubernetes.io/load-balancer-source-ranges をすでに設定している場合、Ingress コントローラーはアップグレード後に Progressing=True のレポートを開始します。これを修正するには、spec.loadBalancerSourceRanges フィールドを上書きし、service.beta.kubernetes.io/load-balancer-source-ranges アノテーションをクリアする AllowedSourceRanges を設定します。Ingress Controller は、再び Progressing=False の報告を開始します。

前提条件

  • 実行中のクラスターにデプロイされた Ingress Controller があります。

手順

  • 次のコマンドを実行して、Ingress Controller の許可されるソース範囲 API を設定します。

    $ oc -n openshift-ingress-operator patch ingresscontroller/default \
        --type=merge --patch='{"spec":{"endpointPublishingStrategy": \
        {"loadBalancer":{"allowedSourceRanges":["0.0.0.0/0"]}}}}' 1
    1
    例の値 0.0.0.0/0 は、許可されるソース範囲を指定します。

28.8.2. ロードバランサーの許可されたソース範囲への移行

アノテーション service.beta.kubernetes.io/load-balancer-source-ranges をすでに設定している場合は、ロードバランサーの許可されたソース範囲に移行できます。AllowedSourceRanges を設定すると、Ingress コントローラーは AllowedSourceRanges 値に基づいて spec.loadBalancerSourceRanges フィールドを設定し、service.beta.kubernetes.io/load-balancer-source-ranges アノテーションを設定解除します。

注記

以前のバージョンの OpenShift Container Platform で spec.loadBalancerSourceRanges フィールドまたはロードバランサーサービスアノテーション service.beta.kubernetes.io/load-balancer-source-ranges をすでに設定している場合、Ingress コントローラーはアップグレード後に Progressing=True のレポートを開始します。.これを修正するには、spec.loadBalancerSourceRanges フィールドを上書きし、service.beta.kubernetes.io/load-balancer-source-ranges アノテーションをクリアする AllowedSourceRanges を設定します。Ingress Controller は再び Progressing=False の報告を開始します。

前提条件

  • service.beta.kubernetes.io/load-balancer-source-ranges アノテーションを設定している。

手順

  1. service.beta.kubernetes.io/load-balancer-source-ranges が設定されていることを確認します。

    $ oc get svc router-default -n openshift-ingress -o yaml

    出力例

    apiVersion: v1
    kind: Service
    metadata:
      annotations:
        service.beta.kubernetes.io/load-balancer-source-ranges: 192.168.0.1/32

  2. spec.loadBalancerSourceRanges フィールドが設定されていないことを確認します。

    $ oc get svc router-default -n openshift-ingress -o yaml

    出力例

    ...
    spec:
      loadBalancerSourceRanges:
      - 0.0.0.0/0
    ...

  3. クラスターを OpenShift Container Platform 4.12 に更新します。
  4. 次のコマンドを実行して、ingresscontroller の許可されるソース範囲 API を設定します。

    $ oc -n openshift-ingress-operator patch ingresscontroller/default \
        --type=merge --patch='{"spec":{"endpointPublishingStrategy": \
        {"loadBalancer":{"allowedSourceRanges":["0.0.0.0/0"]}}}}' 1
    1
    例の値 0.0.0.0/0 は、許可されるソース範囲を指定します。

28.8.3. 関連情報

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.