検索

第24章 ハードウェアネットワーク

download PDF

24.1. Single Root I/O Virtualization (SR-IOV) ハードウェアネットワークについて

Single Root I/O Virtualization (SR-IOV) 仕様は、単一デバイスを複数の Pod で共有できる PCI デバイス割り当てタイプの標準です。

SR-IOV を使用すると、準拠したネットワークデバイス (ホストノードで物理機能 (PF) として認識される) を複数の Virtual Function (VF) にセグメント化することができます。VF は他のネットワークデバイスと同様に使用されます。デバイスの SR-IOV ネットワークデバイスドライバーは、VF がコンテナーで公開される方法を判別します。

  • netdevice ドライバー: コンテナーの netns 内の通常のカーネルネットワークデバイス
  • vfio-pci ドライバー: コンテナーにマウントされるキャラクターデバイス

SR-IOV ネットワークデバイスは、ベアメタルまたは Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) インフラ上にインストールされた OpenShift Container Platform クラスターにネットワークを追加して、高帯域または低遅延を確保する必要のあるアプリケーションに使用できます。

SR-IOV ネットワークのマルチネットワークポリシーを設定できます。これのサポートはテクノロジープレビューであり、SR-IOV 追加ネットワークはカーネル NIC でのみサポートされます。データプレーン開発キット (DPDK) アプリケーションではサポートされていません。

注記

SR-IOV ネットワークでマルチネットワークポリシーを作成しても、マルチネットワークポリシーが設定されていない SR-IOV ネットワークと比較して、アプリケーションに同じパフォーマンスが提供されない場合があります。

重要

SR-IOV ネットワークのマルチネットワークポリシーは、テクノロジープレビュー機能です。テクノロジープレビュー機能は、Red Hat 製品サポートのサービスレベルアグリーメント (SLA) の対象外であり、機能的に完全ではない場合があります。Red Hat は、実稼働環境でこれらを使用することを推奨していません。テクノロジープレビュー機能は、最新の製品機能をいち早く提供して、開発段階で機能のテストを行いフィードバックを提供していただくことを目的としています。

Red Hat のテクノロジープレビュー機能のサポート範囲に関する詳細は、テクノロジープレビュー機能のサポート範囲 を参照してください。

次のコマンドを使用して、ノードで SR-IOV を有効にできます。

$ oc label node <node_name> feature.node.kubernetes.io/network-sriov.capable="true"

24.1.1. SR-IOV ネットワークデバイスを管理するコンポーネント

SR-IOV Network Operator は SR-IOV スタックのコンポーネントを作成し、管理します。以下の機能を実行します。

  • SR-IOV ネットワークデバイスの検出および管理のオーケストレーション
  • SR-IOV Container Network Interface (CNI) の NetworkAttachmentDefinition カスタムリソースの生成
  • SR-IOV ネットワークデバイスプラグインの設定の作成および更新
  • ノード固有の SriovNetworkNodeState カスタムリソースの作成
  • SriovNetworkNodeState カスタムリソースの spec.interfaces フィールドの更新

Operator は以下のコンポーネントをプロビジョニングします。

SR-IOV ネットワーク設定デーモン
SR-IOV Network Operator の起動時にワーカーノードにデプロイされるデーモンセット。デーモンは、クラスターで SR-IOV ネットワークデバイスを検出し、初期化します。
SR-IOV Network Operator Webhook
Operator カスタムリソースを検証し、未設定フィールドに適切なデフォルト値を設定する動的受付コントローラー Webhook。
SR-IOV Network Resources Injector
SR-IOV VF などのカスタムネットワークリソースの要求および制限のある Kubernetes Pod 仕様のパッチを適用するための機能を提供する動的受付コントローラー Webhook。SR-IOV ネットワークリソースインジェクターは、 Pod 内の最初のコンテナーのみに resource フィールドを自動的に追加します。
SR-IOV ネットワークデバイスプラグイン
SR-IOV ネットワーク Virtual Function (VF) リソースの検出、公開、割り当てを実行するデバイスプラグイン。デバイスプラグインは、とりわけ物理デバイスでの制限されたリソースの使用を有効にするために Kubernetes で使用されます。デバイスプラグインは Kubernetes スケジューラーにリソースの可用性を認識させるため、スケジューラーはリソースが十分にあるノードで Pod をスケジュールできます。
SR-IOV CNI プラグイン
SR-IOV ネットワークデバイスプラグインから割り当てられる VF インターフェイスを直接 Pod に割り当てる CNI プラグイン。
SR-IOV InfiniBand CNI プラグイン
SR-IOV ネットワークデバイスプラグインから割り当てられる InfiniBand (IB) VF インターフェイスを直接 Pod に割り当てる CNI プラグイン。
注記

SR-IOV Network Resources Injector および SR-IOV Network Operator Webhook は、デフォルトで有効にされ、defaultSriovOperatorConfig CR を編集して無効にできます。SR-IOV Network Operator Admission Controller Webhook を無効にする場合は注意してください。トラブルシューティングなどの特定の状況下や、サポートされていないデバイスを使用する場合は、Webhook を無効にすることができます。

24.1.1.1. サポート対象のプラットフォーム

SR-IOV Network Operator は、以下のプラットフォームに対応しています。

  • ベアメタル
  • Red Hat OpenStack Platform (RHOSP)

24.1.1.2. サポートされるデバイス

以下のネットワークインターフェイスコントローラーは、OpenShift Container Platform でサポートされています。

表24.1 サポート対象のネットワークインターフェイスコントローラー
製造元モデルベンダー IDデバイス ID

Broadcom

BCM57414

14e4

16d7

Broadcom

BCM57508

14e4

1750

Broadcom

BCM57504

14e4

1751

Intel

X710

8086

1572

Intel

XL710

8086

1583

Intel

X710 Base T

8086

15ff

Intel

XXV710

8086

158b

Intel

E810-CQDA2

8086

1592

Intel

E810-2CQDA2

8086

1592

Intel

E810-XXVDA2

8086

159b

Intel

E810-XXVDA4

8086

1593

Mellanox

MT27700 Family [ConnectX‑4]

15b3

1013

Mellanox

MT27710 Family [ConnectX‑4 Lx]

15b3

1015

Mellanox

MT27800 Family [ConnectX‑5]

15b3

1017

Mellanox

MT28880 Family [ConnectX‑5 Ex]

15b3

1019

Mellanox

MT28908 Family [ConnectX‑6]

15b3

101b

Mellanox

MT2892 Family [ConnectX-6 Dx]

15b3

101d

Mellanox

MT2894 Family [ConnectX‑6 Lx]

15b3

101f

Mellanox

ConnectX-6 NIC モードの MT42822 BlueField-2

15b3

a2d6

Pensando [1]

Ionic ドライバー用 DSC-25 デュアルポート 25G 分散サービスカード

0x1dd8

0x1002

Pensando [1]

Ionic ドライバー用 DSC-100 デュアルポート 100G 分散サービスカード

0x1dd8

0x1003

Silicom

STS ファミリー

8086

1591

  1. OpenShift SR-IOV はサポートされますが、SR-IOV を使用する際に SR-IOV CNI config ファイルを使用して静的な Virtual Function (VF) メディアアクセス制御 (MAC) アドレスを設定する必要があります。
注記

サポートされているカードの最新リストおよび利用可能な互換性のある OpenShift Container Platform バージョンについては、Openshift Single Root I/O Virtualization (SR-IOV) and PTP hardware networks Support Matrix を参照してください。

24.1.1.3. SR-IOV ネットワークデバイスの自動検出

SR-IOV Network Operator は、クラスターでワーカーノード上の SR-IOV 対応ネットワークデバイスを検索します。Operator は、互換性のある SR-IOV ネットワークデバイスを提供する各ワーカーノードの SriovNetworkNodeState カスタムリソース (CR) を作成し、更新します。

CR にはワーカーノードと同じ名前が割り当てられます。status.interfaces 一覧は、ノード上のネットワークデバイスについての情報を提供します。

重要

SriovNetworkNodeState オブジェクトは変更しないでください。Operator はこれらのリソースを自動的に作成し、管理します。

24.1.1.3.1. SriovNetworkNodeState オブジェクトの例

以下の YAML は、SR-IOV Network Operator によって作成される SriovNetworkNodeState オブジェクトの例です。

SriovNetworkNodeState オブジェクト

apiVersion: sriovnetwork.openshift.io/v1
kind: SriovNetworkNodeState
metadata:
  name: node-25 1
  namespace: openshift-sriov-network-operator
  ownerReferences:
  - apiVersion: sriovnetwork.openshift.io/v1
    blockOwnerDeletion: true
    controller: true
    kind: SriovNetworkNodePolicy
    name: default
spec:
  dpConfigVersion: "39824"
status:
  interfaces: 2
  - deviceID: "1017"
    driver: mlx5_core
    mtu: 1500
    name: ens785f0
    pciAddress: "0000:18:00.0"
    totalvfs: 8
    vendor: 15b3
  - deviceID: "1017"
    driver: mlx5_core
    mtu: 1500
    name: ens785f1
    pciAddress: "0000:18:00.1"
    totalvfs: 8
    vendor: 15b3
  - deviceID: 158b
    driver: i40e
    mtu: 1500
    name: ens817f0
    pciAddress: 0000:81:00.0
    totalvfs: 64
    vendor: "8086"
  - deviceID: 158b
    driver: i40e
    mtu: 1500
    name: ens817f1
    pciAddress: 0000:81:00.1
    totalvfs: 64
    vendor: "8086"
  - deviceID: 158b
    driver: i40e
    mtu: 1500
    name: ens803f0
    pciAddress: 0000:86:00.0
    totalvfs: 64
    vendor: "8086"
  syncStatus: Succeeded

1
name フィールドの値はワーカーノードの名前と同じです。
2
interfaces スタンザには、ワーカーノード上の Operator によって検出されるすべての SR-IOV デバイスの一覧が含まれます。

24.1.1.4. Pod での Virtual Function (VF) の使用例

SR-IOV VF が割り当てられている Pod で、Remote Direct Memory Access (RDMA) または Data Plane Development Kit (DPDK) アプリケーションを実行できます。

以下の例では、RDMA モードで Virtual Function (VF) を使用する Pod を示しています。

RDMA モードを使用する Pod 仕様

apiVersion: v1
kind: Pod
metadata:
  name: rdma-app
  annotations:
    k8s.v1.cni.cncf.io/networks: sriov-rdma-mlnx
spec:
  containers:
  - name: testpmd
    image: <RDMA_image>
    imagePullPolicy: IfNotPresent
    securityContext:
      runAsUser: 0
      capabilities:
        add: ["IPC_LOCK","SYS_RESOURCE","NET_RAW"]
    command: ["sleep", "infinity"]

以下の例は、DPDK モードの VF のある Pod を示しています。

DPDK モードを使用する Pod 仕様

apiVersion: v1
kind: Pod
metadata:
  name: dpdk-app
  annotations:
    k8s.v1.cni.cncf.io/networks: sriov-dpdk-net
spec:
  containers:
  - name: testpmd
    image: <DPDK_image>
    securityContext:
      runAsUser: 0
      capabilities:
        add: ["IPC_LOCK","SYS_RESOURCE","NET_RAW"]
    volumeMounts:
    - mountPath: /dev/hugepages
      name: hugepage
    resources:
      limits:
        memory: "1Gi"
        cpu: "2"
        hugepages-1Gi: "4Gi"
      requests:
        memory: "1Gi"
        cpu: "2"
        hugepages-1Gi: "4Gi"
    command: ["sleep", "infinity"]
  volumes:
  - name: hugepage
    emptyDir:
      medium: HugePages

24.1.1.5. コンテナーアプリケーションで使用する DPDK ライブラリー

オプションライブラリーapp-netutil は、その Pod 内で実行されるコンテナーから Pod についてのネットワーク情報を収集するための複数の API メソッドを提供します。

このライブラリーは、DPDK (Data Plane Development Kit) モードの SR-IOV Virtual Function (VF) のコンテナーへの統合を支援します。このライブラリーは Golang API と C API の両方を提供します。

現時点で 3 つの API メソッドが実装されています。

GetCPUInfo()
この機能は、コンテナーで利用可能な CPU を判別し、リストを返します。
GetHugepages()
この機能は、各コンテナーの Pod 仕様で要求される huge page メモリーの量を判別し、値を返します。
GetInterfaces()
この機能は、コンテナーのインターフェイスセットを判別し、インターフェイスタイプとタイプ固有のデータと共にリストを返します。戻り値には、インターフェイスのタイプと、各インターフェイスのタイプ固有のデータが含まれます。

ライブラリーのリポジトリーには、コンテナーイメージ dpdk-app-centos をビルドするためのサンプル Dockerfile が含まれます。コンテナーイメージは、Pod 仕様の環境変数に応じて、l2fwdl3wd または testpmd の DPDK サンプルアプリケーションのいずれかを実行できます。コンテナーイメージは、app-netutil ライブラリーをコンテナーイメージ自体に統合する例を提供します。ライブラリーを init コンテナーに統合することもできます。init コンテナーは必要なデータを収集し、データを既存の DPDK ワークロードに渡すことができます。

24.1.1.6. Downward API の Huge Page リソースの挿入

Pod 仕様に Huge Page のリソース要求または制限が含まれる場合、Network Resources Injector は Downward API フィールドを Pod 仕様に自動的に追加し、Huge Page 情報をコンテナーに提供します。

Network Resources Injector は、podnetinfo という名前のボリュームを追加し、Pod の各コンテナー用に /etc/podnetinfo にマウントされます。ボリュームは Downward API を使用し、Huge Page の要求および制限についてのファイルを追加します。ファイルの命名規則は以下のとおりです。

  • /etc/podnetinfo/hugepages_1G_request_<container-name>
  • /etc/podnetinfo/hugepages_1G_limit_<container-name>
  • /etc/podnetinfo/hugepages_2M_request_<container-name>
  • /etc/podnetinfo/hugepages_2M_limit_<container-name>

直前の一覧で指定されているパスは、app-netutil ライブラリーと互換性があります。デフォルトで、ライブラリーは、/etc/podnetinfo ディレクトリーのリソース情報を検索するように設定されます。Downward API パス項目を手動で指定する選択をする場合、app-netutil ライブラリーは前述の一覧のパスに加えて以下のパスを検索します。

  • /etc/podnetinfo/hugepages_request
  • /etc/podnetinfo/hugepages_limit
  • /etc/podnetinfo/hugepages_1G_request
  • /etc/podnetinfo/hugepages_1G_limit
  • /etc/podnetinfo/hugepages_2M_request
  • /etc/podnetinfo/hugepages_2M_limit

Network Resources Injector が作成できるパスと同様に、前述の一覧のパスの末尾にはオプションで _<container-name> 接尾辞を付けることができます。

24.1.2. 関連情報

24.1.3. 次のステップ

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.