検索

22.7. TLS Termination の追加

download PDF

AWS Load Balancer に TLS Termination を追加できます。

22.7.1. AWS Load Balancer への TLS Termination の追加

ドメインのトラフィックをサービスの Pod にルーティングし、AWS Load Balancer に TLS Termination を追加できます。

前提条件

  • OpenShift CLI (oc) にアクセスできる。

手順

  1. AWSLoadBalancerController リソースを定義する YAML ファイルを作成します。

    add-tls-termination-albc.yaml ファイルの例

    apiVersion: networking.olm.openshift.io/v1
    kind: AWSLoadBalancerController
    metadata:
      name: cluster
    spec:
      subnetTagging: Auto
      ingressClass: tls-termination 1

    1
    Ingress クラス名を定義します。クラスター内に Ingress クラスが存在しない場合は、AWS Load Balancer Controller によって作成されます。spec.controlleringress.k8s.aws/alb に設定されている場合、AWS Load Balancer Controller は追加の Ingress クラス値を調整します。
  2. Ingress リソースを定義する YAML ファイルを作成します。

    add-tls-termination-ingress.yaml ファイルの例

    apiVersion: networking.k8s.io/v1
    kind: Ingress
    metadata:
      name: <example> 1
      annotations:
        alb.ingress.kubernetes.io/scheme: internet-facing 2
        alb.ingress.kubernetes.io/certificate-arn: arn:aws:acm:us-west-2:xxxxx 3
    spec:
      ingressClassName: tls-termination 4
      rules:
      - host: <example.com> 5
        http:
            paths:
              - path: /
                pathType: Exact
                backend:
                  service:
                    name: <example-service> 6
                    port:
                      number: 80

    1
    Ingress 名を指定します。
    2
    コントローラーは、パブリックサブネット内の Ingress のロードバランサーをプロビジョニングし、インターネット経由でロードバランサーにアクセスします。
    3
    ロードバランサーに割り当てる証明書の Amazon Resource Name (ARN)。
    4
    Ingress クラス名を定義します。
    5
    トラフィックルーティングのドメインを定義します。
    6
    トラフィックルーティングのサービスを定義します。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.