検索

33.8. MetalLB BFD プロファイルの設定

download PDF

クラスター管理者は、双方向フォワーディング検出 (BFD) プロファイルを追加、変更、および削除できます。MetalLB Operator は、BFD プロファイルのカスタムリソースを使用して、BFD を使用する BGP セッションで、BGP だけの時よりも障害検出のパスを素早く見つけ出すセッションを特定します。

33.8.1. BFD プロファイルカスタムリソースについて

次の表で、BFD プロファイルのカスタムリソースのフィールドについて説明します。

表33.7 BFD プロファイルカスタムリソース
フィールド説明

metadata.name

string

BFD プロファイルカスタムリソースの名前を指定します。

metadata.namespace

string

BFD プロファイルカスタムリソースの namespace を指定します。

spec.detectMultiplier

integer

パケット損失を決定するための検出乗数を指定します。リモート送信間隔にこの値を乗算して、接続損失検出タイマーを決定します。

たとえば、ローカルシステムの検出乗数が3に設定され、リモートシステムの送信間隔が300に設定されている場合に、ローカルシステムはパケットを受信せずに900ミリ秒後にのみ障害を検出します。

範囲は 2 から 255 です。デフォルト値は 3 です。

spec.echoMode

boolean

エコー送信モードを指定します。分散 BFD を使用していないと、エコー送信モードは、ピアが FRR でもある場合にのみ機能します。デフォルト値はfalseで、エコー送信モードは無効になっています。

エコー送信モードが有効になっている場合は、制御パケットの送信間隔を増やして、帯域幅の使用量を減らすことを検討してください。たとえば、送信間隔を2000ミリ秒に増やすことを検討してください。

spec.echoInterval

integer

このシステムがエコーパケットの送受信に使用する最小送信間隔 (ジッターの軽減) を指定します。範囲は 10 から 60000 です。デフォルト値は 50  ミリ秒です。

spec.minimumTtl

integer

着信制御パケットに最小限必要な TTL を指定します。このフィールドは、マルチホップセッションにのみ適用されます。

最小 TTL を設定する目的は、パケット検証要件をより厳しくし、他のセッションからの制御パケットの受信を回避することです。

デフォルト値は254で、システムでは、システムとピアの間のホップ数が 1 回のみとすると指定しています。

spec.passiveMode

boolean

セッションをアクティブまたはパッシブとしてマークするかどうかを指定します。パッシブセッションは接続の開始を試行しません。代わりに、パッシブセッションは、応答の開始前にピアからの制御パケットを待機します。

セッションをパッシブとしてマークすることは、スターネットワークの中央ノードとして機能するルーターがあり、システムが送信する必要のない制御パケットの送信を避ける場合に役立ちます。

デフォルト値はfalseで、セッションをアクティブとしてマークします。

spec.receiveInterval

integer

このシステムが制御パケットを受信できる最小間隔を指定します。範囲は 10 から 60000 です。デフォルト値は 300  ミリ秒です。

spec.transmitInterval

integer

このシステムが制御パケットの送信に使用する最小送信間隔 (ジッターの軽減) を指定します。範囲は 10 から 60000 です。デフォルト値は 300  ミリ秒です。

33.8.2. BFD プロファイルの設定

クラスター管理者は、BFD プロファイルを追加し、そのプロファイルを使用するように BGP ピアを設定できます。BFD は、BGP のみよりも、パスの障害検出が高速になります。

前提条件

  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。
  • cluster-admin 権限を持つユーザーとしてログインしている。

手順

  1. 次の例のようなコンテンツを含む bfdprofile.yaml などのファイルを作成します。

    apiVersion: metallb.io/v1beta1
    kind: BFDProfile
    metadata:
      name: doc-example-bfd-profile-full
      namespace: metallb-system
    spec:
      receiveInterval: 300
      transmitInterval: 300
      detectMultiplier: 3
      echoMode: false
      passiveMode: true
      minimumTtl: 254
  2. BFD プロファイルの設定を適用します。

    $ oc apply -f bfdprofile.yaml

33.8.3. 次のステップ

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.