検索

3.4. サポートケースの送信

download PDF

前提条件

  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてクラスターにアクセスできる。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。
  • Red Hat カスタマーポータルのアカウントがある。
  • Red Hat の標準またはプレミアムサブスクリプションがある。

手順

  1. Red Hat カスタマーポータルの Customer Support ページ にログインします。
  2. Get support をクリックします。
  3. Customer Support ページの Cases タブで、以下を行います。

    1. オプション: 必要に応じて、事前に入力されたアカウントと所有者を変更します。
    2. 問題に該当するカテゴリー (Bug or Defect など) を選択し、Continue をクリックします。
  4. 以下の情報を入力します。

    1. Summary フィールドには、問題の簡潔で説明的な概要と、確認されている現象および予想される動作の詳細情報を入力します。
    2. Product ドロップダウンメニューから OpenShift Container Platform を選択します。
    3. Version ドロップダウンから 4.16 を選択します。
  5. Red Hat ナレッジベースで推奨されるソリューション一覧を確認してください。この一覧に上げられているソリューションは、報告しようとしている問題に適用される可能性があります。提案されている記事が問題に対応していない場合は、Continue をクリックします。
  6. 報告している問題に対する一致に基づいて推奨される Red Hat ナレッジベースソリューションの一覧が更新されることを確認してください。ケース作成プロセスでより多くの情報を提供すると、このリストの絞り込みが行われます。提案されている記事が問題に対応していない場合は、Continue をクリックします。
  7. アカウント情報が予想通りに表示されていることを確認し、そうでない場合は適宜修正します。
  8. 自動入力された OpenShift Container Platform クラスター ID が正しいことを確認します。正しくない場合は、クラスター ID を手動で取得します。

    • OpenShift Container Platform Web コンソールを使用してクラスター ID を手動で取得するには、以下を実行します。

      1. Home Overview に移動します。
      2. Details セクションの Cluster ID フィールドで値を見つけます。
    • または、OpenShift Container Platform Web コンソールで新規サポートケースを作成し、クラスター ID を自動的に入力することができます。

      1. ツールバーから、(?)Help Open Support Case に移動します。
      2. Cluster ID 値が自動的に入力されます。
    • OpenShift CLI (oc) を使用してクラスター ID を取得するには、以下のコマンドを実行します。

      $ oc get clusterversion -o jsonpath='{.items[].spec.clusterID}{"\n"}'
  9. プロンプトが表示されたら、以下の質問に入力し、Continue をクリックします。

    • 動作はどこで発生しているか。どの環境を使用しているか。
    • 動作はいつ発生するか。頻度は。Repeatedly? 特定のタイミングで発生するか。
    • 時間枠およびビジネスへの影響に関して提供できるどのような情報があるか ?
  10. 関連する診断データファイルをアップロードし、Continue をクリックします。まずは、oc adm must-gather コマンドを使用して収集されるデータと、そのコマンドによって収集されない問題に固有のデータを含めることが推奨されます。
  11. 関連するケース管理の詳細情報を入力し、Continue をクリックします。
  12. ケースの詳細を確認し、Submit をクリックします。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.