検索

20.2. ネットワークポリシーの作成

download PDF

admin ロールを持つユーザーは、namespace のネットワークポリシーを作成できます。

20.2.1. サンプル NetworkPolicy オブジェクト

以下は、サンプル NetworkPolicy オブジェクトにアノテーションを付けます。

kind: NetworkPolicy
apiVersion: networking.k8s.io/v1
metadata:
  name: allow-27107 1
spec:
  podSelector: 2
    matchLabels:
      app: mongodb
  ingress:
  - from:
    - podSelector: 3
        matchLabels:
          app: app
    ports: 4
    - protocol: TCP
      port: 27017
1
NetworkPolicy オブジェクトの名前。
2
ポリシーが適用される Pod を説明するセレクター。ポリシーオブジェクトは NetworkPolicy オブジェクトが定義されるプロジェクトの Pod のみを選択できます。
3
ポリシーオブジェクトが入力トラフィックを許可する Pod に一致するセレクター。セレクターは、NetworkPolicy と同じ namaspace にある Pod を照合して検索します。
4
トラフィックを受け入れる 1 つ以上の宛先ポートのリスト。

20.2.2. CLI を使用したネットワークポリシーの作成

クラスターの namespace に許可される Ingress または egress ネットワークトラフィックを記述する詳細なルールを定義するには、ネットワークポリシーを作成できます。

注記

cluster-admin ロールを持つユーザーでログインしている場合、クラスター内の任意の namespace でネットワークポリシーを作成できます。

前提条件

  • クラスターが、NetworkPolicy オブジェクトをサポートするネットワークプラグインを使用している (例: mode: NetworkPolicy が設定された OpenShift SDN ネットワークプロバイダー)。このモードは OpenShiftSDN のデフォルトです。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。
  • admin 権限を持つユーザーとしてクラスターにログインしている。
  • ネットワークポリシーが適用される namespace で作業している。

手順

  1. ポリシールールを作成します。

    1. <policy_name>.yaml ファイルを作成します。

      $ touch <policy_name>.yaml

      ここでは、以下のようになります。

      <policy_name>
      ネットワークポリシーファイル名を指定します。
    2. 作成したばかりのファイルで、以下の例のようなネットワークポリシーを定義します。

      すべての namespace のすべての Pod から ingress を拒否します。

      これは基本的なポリシーであり、他のネットワークポリシーの設定によって許可されたクロス Pod トラフィック以外のすべてのクロス Pod ネットワーキングをブロックします。

      kind: NetworkPolicy
      apiVersion: networking.k8s.io/v1
      metadata:
        name: deny-by-default
      spec:
        podSelector:
        ingress: []

      同じ namespace のすべての Pod から ingress を許可します。

      kind: NetworkPolicy
      apiVersion: networking.k8s.io/v1
      metadata:
        name: allow-same-namespace
      spec:
        podSelector:
        ingress:
        - from:
          - podSelector: {}

      特定の namespace から 1 つの Pod への上りトラフィックを許可する

      このポリシーは、namespace-y で実行されている Pod から pod-a というラベルの付いた Pod へのトラフィックを許可します。

      kind: NetworkPolicy
      apiVersion: networking.k8s.io/v1
      metadata:
        name: allow-traffic-pod
      spec:
        podSelector:
         matchLabels:
            pod: pod-a
        policyTypes:
        - Ingress
        ingress:
        - from:
          - namespaceSelector:
              matchLabels:
                 kubernetes.io/metadata.name: namespace-y
  2. ネットワークポリシーオブジェクトを作成するには、以下のコマンドを入力します。

    $ oc apply -f <policy_name>.yaml -n <namespace>

    ここでは、以下のようになります。

    <policy_name>
    ネットワークポリシーファイル名を指定します。
    <namespace>
    オプション: オブジェクトが現在の namespace 以外の namespace に定義されている場合は namespace を指定します。

    出力例

    networkpolicy.networking.k8s.io/deny-by-default created

注記

cluster-admin 権限で Web コンソールにログインする場合、YAML で、または Web コンソールのフォームから、クラスターの任意の namespace でネットワークポリシーを直接作成できます。

20.2.3. デフォルトの全拒否ネットワークポリシーの作成

これは基本的なポリシーであり、他のデプロイメントされたネットワークポリシーの設定によって許可されたネットワークトラフィック以外のすべてのクロス Pod ネットワークをブロックします。この手順では、デフォルトの deny-by-default ポリシーを適用します。

注記

cluster-admin ロールを持つユーザーでログインしている場合、クラスター内の任意の namespace でネットワークポリシーを作成できます。

前提条件

  • クラスターが、NetworkPolicy オブジェクトをサポートするネットワークプラグインを使用している (例: mode: NetworkPolicy が設定された OpenShift SDN ネットワークプロバイダー)。このモードは OpenShiftSDN のデフォルトです。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。
  • admin 権限を持つユーザーとしてクラスターにログインしている。
  • ネットワークポリシーが適用される namespace で作業している。

手順

  1. すべての namespace におけるすべての Pod からの ingress を拒否する deny-by-default ポリシーを定義する次の YAML を作成します。YAML を deny-by-default.yaml ファイルに保存します。

    kind: NetworkPolicy
    apiVersion: networking.k8s.io/v1
    metadata:
      name: deny-by-default
      namespace: default 1
    spec:
      podSelector: {} 2
      ingress: [] 3
    1
    namespace: default は、このポリシーを default namespace にデプロイします。
    2
    podSelector: は空です。これは、すべての Pod に一致することを意味します。したがって、ポリシーはデフォルト namespace のすべての Pod に適用されます。
    3
    指定された ingress ルールはありません。これにより、着信トラフィックがすべての Pod にドロップされます。
  2. 次のコマンドを入力して、ポリシーを適用します。

    $ oc apply -f deny-by-default.yaml

    出力例

    networkpolicy.networking.k8s.io/deny-by-default created

20.2.4. 外部クライアントからのトラフィックを許可するネットワークポリシーの作成

deny-by-default ポリシーを設定すると、外部クライアントからラベル app=web を持つ Pod へのトラフィックを許可するポリシーの設定に進むことができます。

注記

cluster-admin ロールを持つユーザーでログインしている場合、クラスター内の任意の namespace でネットワークポリシーを作成できます。

この手順に従って、パブリックインターネットから直接、またはロードバランサーを使用して Pod にアクセスすることにより、外部サービスを許可するポリシーを設定します。トラフィックは、ラベル app=web を持つ Pod にのみ許可されます。

前提条件

  • クラスターが、NetworkPolicy オブジェクトをサポートするネットワークプラグインを使用している (例: mode: NetworkPolicy が設定された OpenShift SDN ネットワークプロバイダー)。このモードは OpenShiftSDN のデフォルトです。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。
  • admin 権限を持つユーザーとしてクラスターにログインしている。
  • ネットワークポリシーが適用される namespace で作業している。

手順

  1. パブリックインターネットからのトラフィックが直接、またはロードバランサーを使用して Pod にアクセスできるようにするポリシーを作成します。YAML を web-allow-external.yaml ファイルに保存します。

    kind: NetworkPolicy
    apiVersion: networking.k8s.io/v1
    metadata:
      name: web-allow-external
      namespace: default
    spec:
      policyTypes:
      - Ingress
      podSelector:
        matchLabels:
          app: web
      ingress:
        - {}
  2. 次のコマンドを入力して、ポリシーを適用します。

    $ oc apply -f web-allow-external.yaml

    出力例

    networkpolicy.networking.k8s.io/web-allow-external created

このポリシーは、次の図に示すように、外部トラフィックを含むすべてのリソースからのトラフィックを許可します。

外部クライアントからのトラフィックを許可する

20.2.5. すべての namespace からアプリケーションへのトラフィックを許可するネットワークポリシーを作成する

注記

cluster-admin ロールを持つユーザーでログインしている場合、クラスター内の任意の namespace でネットワークポリシーを作成できます。

この手順に従って、すべての namespace 内のすべての Pod から特定のアプリケーションへのトラフィックを許可するポリシーを設定します。

前提条件

  • クラスターが、NetworkPolicy オブジェクトをサポートするネットワークプラグインを使用している (例: mode: NetworkPolicy が設定された OpenShift SDN ネットワークプロバイダー)。このモードは OpenShiftSDN のデフォルトです。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。
  • admin 権限を持つユーザーとしてクラスターにログインしている。
  • ネットワークポリシーが適用される namespace で作業している。

手順

  1. すべての namespace のすべての Pod から特定のアプリケーションへのトラフィックを許可するポリシーを作成します。YAML を web-allow-all-namespaces.yaml ファイルに保存します。

    kind: NetworkPolicy
    apiVersion: networking.k8s.io/v1
    metadata:
      name: web-allow-all-namespaces
      namespace: default
    spec:
      podSelector:
        matchLabels:
          app: web 1
      policyTypes:
      - Ingress
      ingress:
      - from:
        - namespaceSelector: {} 2
    1
    デフォルトの namespace の app:web Pod にのみポリシーを適用します。
    2
    すべての namespace のすべての Pod を選択します。
    注記

    デフォルトでは、namespaceSelector の指定を省略した場合、namespace は選択されません。つまり、ポリシーは、ネットワークポリシーがデプロイされている namespace からのトラフィックのみを許可します。

  2. 次のコマンドを入力して、ポリシーを適用します。

    $ oc apply -f web-allow-all-namespaces.yaml

    出力例

    networkpolicy.networking.k8s.io/web-allow-all-namespaces created

検証

  1. 次のコマンドを入力して、default namespace で Web サービスを開始します。

    $ oc run web --namespace=default --image=nginx --labels="app=web" --expose --port=80
  2. 次のコマンドを実行して、alpine イメージを secondary namespace にデプロイし、シェルを開始します。

    $ oc run test-$RANDOM --namespace=secondary --rm -i -t --image=alpine -- sh
  3. シェルで次のコマンドを実行し、リクエストが許可されていることを確認します。

    # wget -qO- --timeout=2 http://web.default

    予想される出力

    <!DOCTYPE html>
    <html>
    <head>
    <title>Welcome to nginx!</title>
    <style>
    html { color-scheme: light dark; }
    body { width: 35em; margin: 0 auto;
    font-family: Tahoma, Verdana, Arial, sans-serif; }
    </style>
    </head>
    <body>
    <h1>Welcome to nginx!</h1>
    <p>If you see this page, the nginx web server is successfully installed and
    working. Further configuration is required.</p>
    
    <p>For online documentation and support please refer to
    <a href="http://nginx.org/">nginx.org</a>.<br/>
    Commercial support is available at
    <a href="http://nginx.com/">nginx.com</a>.</p>
    
    <p><em>Thank you for using nginx.</em></p>
    </body>
    </html>

20.2.6. namespace からアプリケーションへのトラフィックを許可するネットワークポリシーの作成

注記

cluster-admin ロールを持つユーザーでログインしている場合、クラスター内の任意の namespace でネットワークポリシーを作成できます。

特定の namespace からラベル app=web を持つ Pod へのトラフィックを許可するポリシーを設定するには、次の手順に従います。以下の場合にこれを行うことができます。

  • 運用データベースへのトラフィックを、運用ワークロードがデプロイされている namespace のみに制限します。
  • 特定の namespace にデプロイされた監視ツールを有効にして、現在の namespace からメトリクスをスクレイピングします。

前提条件

  • クラスターが、NetworkPolicy オブジェクトをサポートするネットワークプラグインを使用している (例: mode: NetworkPolicy が設定された OpenShift SDN ネットワークプロバイダー)。このモードは OpenShiftSDN のデフォルトです。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。
  • admin 権限を持つユーザーとしてクラスターにログインしている。
  • ネットワークポリシーが適用される namespace で作業している。

手順

  1. ラベルが purpose=production の特定の namespace 内にあるすべての Pod からのトラフィックを許可するポリシーを作成します。YAML を web-allow-prod.yaml ファイルに保存します。

    kind: NetworkPolicy
    apiVersion: networking.k8s.io/v1
    metadata:
      name: web-allow-prod
      namespace: default
    spec:
      podSelector:
        matchLabels:
          app: web 1
      policyTypes:
      - Ingress
      ingress:
      - from:
        - namespaceSelector:
            matchLabels:
              purpose: production 2
    1
    デフォルトの namespace の app:web Pod にのみポリシーを適用します。
    2
    ラベルが purpose=production の namespace 内にある Pod のみにトラフィックを制限します。
  2. 次のコマンドを入力して、ポリシーを適用します。

    $ oc apply -f web-allow-prod.yaml

    出力例

    networkpolicy.networking.k8s.io/web-allow-prod created

検証

  1. 次のコマンドを入力して、default namespace で Web サービスを開始します。

    $ oc run web --namespace=default --image=nginx --labels="app=web" --expose --port=80
  2. 次のコマンドを実行して、prod namespace を作成します。

    $ oc create namespace prod
  3. 次のコマンドを実行して、prod namespace にラベルを付けます。

    $ oc label namespace/prod purpose=production
  4. 次のコマンドを実行して、dev namespace を作成します。

    $ oc create namespace dev
  5. 次のコマンドを実行して、dev namespace にラベルを付けます。

    $ oc label namespace/dev purpose=testing
  6. 次のコマンドを実行して、alpine イメージを dev namespace にデプロイし、シェルを開始します。

    $ oc run test-$RANDOM --namespace=dev --rm -i -t --image=alpine -- sh
  7. シェルで次のコマンドを実行し、リクエストがブロックされていることを確認します。

    # wget -qO- --timeout=2 http://web.default

    予想される出力

    wget: download timed out

  8. 次のコマンドを実行して、alpine イメージを prod namespace にデプロイし、シェルを開始します。

    $ oc run test-$RANDOM --namespace=prod --rm -i -t --image=alpine -- sh
  9. シェルで次のコマンドを実行し、リクエストが許可されていることを確認します。

    # wget -qO- --timeout=2 http://web.default

    予想される出力

    <!DOCTYPE html>
    <html>
    <head>
    <title>Welcome to nginx!</title>
    <style>
    html { color-scheme: light dark; }
    body { width: 35em; margin: 0 auto;
    font-family: Tahoma, Verdana, Arial, sans-serif; }
    </style>
    </head>
    <body>
    <h1>Welcome to nginx!</h1>
    <p>If you see this page, the nginx web server is successfully installed and
    working. Further configuration is required.</p>
    
    <p>For online documentation and support please refer to
    <a href="http://nginx.org/">nginx.org</a>.<br/>
    Commercial support is available at
    <a href="http://nginx.com/">nginx.com</a>.</p>
    
    <p><em>Thank you for using nginx.</em></p>
    </body>
    </html>

20.2.7. 関連情報

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.