検索

第5章 Pipelines CLI (tkn)

download PDF

5.1. tkn のインストール

CLI ツールを使用して、ターミナルから Red Hat OpenShift Pipeline を管理します。以下のセクションでは、各種の異なるプラットフォームに CLI ツール をインストールする方法を説明します。

また、OpenShift Container Platform Web コンソールから最新のバイナリーへの URL を見つけるには、右上隅の ? アイコンをクリックし、Command Line Tools を選択します。

重要

ARM ハードウェアでの Red Hat OpenShift Pipelines の実行は、テクノロジープレビュー機能のみです。テクノロジープレビュー機能は、Red Hat 製品のサービスレベルアグリーメント (SLA) の対象外であり、機能的に完全ではないことがあります。Red Hat は、実稼働環境でこれらを使用することを推奨していません。テクノロジープレビュー機能は、最新の製品機能をいち早く提供して、開発段階で機能のテストを行いフィードバックを提供していただくことを目的としています。

Red Hat のテクノロジープレビュー機能のサポート範囲に関する詳細は、テクノロジープレビュー機能のサポート範囲 を参照してください。

注記

アーカイブと RPM の両方に、次の実行可能ファイルが含まれています。

  • tkn
  • tkn-pac
  • opc
重要

opc CLI ツールを使用した Red Hat OpenShift Pipelines の実行は、テクノロジープレビュー機能です。テクノロジープレビュー機能は、Red Hat 製品サポートのサービスレベルアグリーメント (SLA) の対象外であり、機能的に完全ではない場合があります。Red Hat は、実稼働環境でこれらを使用することを推奨していません。テクノロジープレビュー機能は、最新の製品機能をいち早く提供して、開発段階で機能のテストを行いフィードバックを提供していただくことを目的としています。

Red Hat のテクノロジープレビュー機能のサポート範囲に関する詳細は、テクノロジープレビュー機能のサポート範囲 を参照してください。

5.1.1. Linux への Red Hat OpenShift Pipelines CLI のインストール

Linux ディストリビューションの場合、CLI を tar.gz アーカイブとしてダウンロードできます。

  1. アーカイブを展開します。

    $ tar xvzf <file>
  2. tkntkn-pac、および opc ファイルの場所を PATH 環境変数に追加します。
  3. PATH を確認するには、以下のコマンドを実行します。

    $ echo $PATH

5.1.2. RPM を使用した Linux への Red Hat OpenShift Pipelines CLI のインストール

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) バージョン 8 の場合は、Red Hat OpenShift Pipelines CLI を RPM としてインストールできます。

前提条件

  • お使いの Red Hat アカウントに有効な OpenShift Container Platform サブスクリプションがある。
  • ローカルシステムに root または sudo 権限がある。

手順

  1. Red Hat Subscription Manager に登録します。

    # subscription-manager register
  2. 最新のサブスクリプションデータをプルします。

    # subscription-manager refresh
  3. 利用可能なサブスクリプションをリスト表示します。

    # subscription-manager list --available --matches '*pipelines*'
  4. 直前のコマンドの出力で、OpenShift Container Platform サブスクリプションのプール ID を見つけ、これを登録されたシステムにアタッチします。

    # subscription-manager attach --pool=<pool_id>
  5. Red Hat OpenShift Pipelines で必要なリポジトリーを有効にします。

    • Linux (x86_64, amd64)

      # subscription-manager repos --enable="pipelines-1.13-for-rhel-8-x86_64-rpms"
    • Linux on IBM Z および IBM® LinuxONE (s390x)

      # subscription-manager repos --enable="pipelines-1.13-for-rhel-8-s390x-rpms"
    • Linux on IBM Power (ppc64le)

      # subscription-manager repos --enable="pipelines-1.13-for-rhel-8-ppc64le-rpms"
    • ARM 上の Linux (aarch64、arm64)

      # subscription-manager repos --enable="pipelines-1.13-for-rhel-8-aarch64-rpms"
  6. openshift-pipelines-client パッケージをインストールします。

    # yum install openshift-pipelines-client

CLI のインストール後は、tkn コマンドを使用して利用できます。

$ tkn version

5.1.3. Windows への Red Hat OpenShift Pipelines CLI のインストール

Windows の場合、CLI を zip アーカイブとしてダウンロードできます。

手順

  1. CLI ツール をダウンロードします。
  2. ZIP プログラムでアーカイブを展開します。
  3. tkntkn-pac、および opc ファイルの場所を PATH 環境変数に追加します。
  4. PATH を確認するには、以下のコマンドを実行します。

    C:\> path

5.1.4. macOS への Red Hat OpenShift Pipelines CLI のインストール

macOS の場合、CLI を tar.gz アーカイブとしてダウンロードできます。

手順

  1. 関連する CLI ツールをダウンロードします。

  2. アーカイブを解凍して解凍します。
  3. tkntkn-pac、および opc ファイルの場所を PATH 環境変数に追加します。
  4. PATH を確認するには、以下のコマンドを実行します。

    $ echo $PATH
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.