検索

9.3. Ingress Node Firewall Operator のデプロイ

download PDF

前提条件

  • Ingress Node Firewall Operator がインストールされます。

手順

Ingress Node Firewall Operator をデプロイするには、Operator のデーモンセットをデプロイする IngressNodeFirewallConfig カスタムリソースを作成します。ファイアウォールルールを適用することで、1 つまたは複数の IngressNodeFirewall CRD をノードにデプロイできます。

  1. ingressnodefirewallconfig という名前の openshift-ingress-node-firewall namespace 内に IngressNodeFirewallConfig を作成します。
  2. 次のコマンドを実行して、Ingress Node Firewall Operator ルールをデプロイします。

    $ oc apply -f rule.yaml

9.3.1. ingress ノードファイアウォール設定オブジェクト

Ingress Node Firewall 設定オブジェクトのフィールドについて、次の表で説明します。

表9.1 ingress ノードファイアウォール設定オブジェクト
フィールド説明

metadata.name

string

CR オブジェクトの名前。ファイアウォールルールオブジェクトの名前は ingressnodefirewallconfig である必要があります。

metadata.namespace

string

Ingress Firewall Operator CR オブジェクトの namespace。IngressNodeFirewallConfig CR は、openshift-ingress-node-firewall namespace 内に作成する必要があります。

spec.nodeSelector

string

指定されたノードラベルを介してノードをターゲットにするために使用されるノード選択制約。以下に例を示します。

spec:
  nodeSelector:
    node-role.kubernetes.io/worker: ""
注記

デーモンセットを開始するには、nodeSelector で使用される 1 つのラベルがノードのラベルと一致する必要があります。たとえば、ノードラベル node-role.kubernetes.io/worker および node-type.kubernetes.io/vm がノードに適用される場合、デーモンセットを開始するには、nodeSelector を使用して少なくとも 1 つのラベルを設定する必要があります。

注記

Operator は CR を使用し、nodeSelector に一致するすべてのノード上に Ingress ノードファイアウォールデーモンセットを作成します。

Ingress Node Firewall Operator の設定例

次の例では、完全な Ingress ノードファイアウォール設定が指定されています。

ingress ノードファイアウォール設定オブジェクトの例

apiVersion: ingressnodefirewall.openshift.io/v1alpha1
kind: IngressNodeFirewallConfig
metadata:
  name: ingressnodefirewallconfig
  namespace: openshift-ingress-node-firewall
spec:
  nodeSelector:
    node-role.kubernetes.io/worker: ""

注記

Operator は CR を使用し、nodeSelector に一致するすべてのノード上に Ingress ノードファイアウォールデーモンセットを作成します。

9.3.2. ingress ノードファイアウォールルールオブジェクト

ingress ノードファイアウォールルールオブジェクトのフィールドについて、次の表で説明します。

表9.2 ingress ノードファイアウォールルールオブジェクト
フィールド説明

metadata.name

string

CR オブジェクトの名前。

interfaces

array

このオブジェクトのフィールドは、ファイアウォールルールを適用するインターフェイスを指定します。たとえば、-en0-en1 です。

nodeSelector

array

nodeSelector を使用して、ファイアウォールルールを適用するノードを選択できます。名前付き nodeselector ラベルの値を true に設定して、ルールを適用します。

ingress

object

ingress を使用すると、クラスター上のサービスへの外部アクセスを許可するルールを設定できます。

Ingress オブジェクトの設定

Ingress オブジェクトの値は、次の表で定義されています。

表9.3 ingress オブジェクト
フィールド説明

sourceCIDRs

array

CIDR ブロックを設定できます。異なるアドレスファミリーから複数の CIDR を設定できます。

注記

異なる CIDR を使用すると、同じ順序ルールを使用できます。CIDR が重複する同じノードおよびインターフェイスに対して複数の IngressNodeFirewall オブジェクトがある場合、order フィールドは最初に適用されるルールを指定します。ルールは昇順で適用されます。

rules

array

Ingress ファイアウォール rules.order オブジェクトは、source.CIDR ごとに 1 から順に並べられ、CIDR ごとに最大 100 のルールがあります。低次ルールが最初に実行されます。

rules.protocolConfig.protocol は次のプロトコルをサポートします: TCP、UDP、SCTP、ICMP、および ICMPv6。ICMP および ICMPv6 ルールは、ICMP および ICMPv6 のタイプまたはコードと照合できます。TCP、UDP、および SCTP ルールは、<start : end-1> 形式を使用して、単一の宛先ポートまたはポートの範囲に対して照合できます。

rules.action を設定してルールの適用を allow するか、deny してルールを禁止します。

注記

ingress ファイアウォールルールは、無効な設定をブロックする検証 Webhook を使用して検証されます。検証 Webhook は、API サーバーや SSH などの重要なクラスターサービスをブロックすることを防ぎます。

ingress ノードファイアウォールルールオブジェクトの例

次の例では、完全な Ingress ノードファイアウォール設定が指定されています。

Ingress ノードファイアウォールの設定例

apiVersion: ingressnodefirewall.openshift.io/v1alpha1
kind: IngressNodeFirewall
metadata:
  name: ingressnodefirewall
spec:
  interfaces:
  - eth0
  nodeSelector:
    matchLabels:
      <ingress_firewall_label_name>: <label_value> 1
  ingress:
  - sourceCIDRs:
       - 172.16.0.0/12
    rules:
    - order: 10
      protocolConfig:
        protocol: ICMP
        icmp:
          icmpType: 8 #ICMP Echo request
      action: Deny
    - order: 20
      protocolConfig:
        protocol: TCP
        tcp:
          ports: "8000-9000"
      action: Deny
  - sourceCIDRs:
       - fc00:f853:ccd:e793::0/64
    rules:
    - order: 10
      protocolConfig:
        protocol: ICMPv6
        icmpv6:
          icmpType: 128 #ICMPV6 Echo request
      action: Deny

1
<label_name> と <label_value> はノード上に存在する必要があり、ingressfirewallconfig CR を実行するノードに適用される nodeselector ラベルと値に一致する必要があります。<label_value> は、true または false です。nodeSelector ラベルを使用すると、ノードのグループを個別にターゲットにして、ingressfirewallconfig CR の使用に異なるルールを適用できます。
ゼロトラスト Ingress ノードファイアウォールルールオブジェクトの例

ゼロトラストの Ingress ノードファイアウォールルールは、マルチインターフェイスクラスターに追加のセキュリティーを提供できます。たとえば、ゼロトラストの Ingress ノードファイアウォールルールを使用して、SSH を除く特定のインターフェイス上のすべてのトラフィックをドロップできます。

次の例では、ゼロトラスト Ingress ノードファイアウォールルールセットの完全な設定が指定されています。

重要

次の場合、ユーザーはアプリケーションが使用するすべてのポートを許可リストに追加して、適切な機能を確保する必要があります。

ゼロトラストの Ingress ノードファイアウォールルールの例

apiVersion: ingressnodefirewall.openshift.io/v1alpha1
kind: IngressNodeFirewall
metadata:
 name: ingressnodefirewall-zero-trust
spec:
 interfaces:
 - eth1 1
 nodeSelector:
   matchLabels:
     <ingress_firewall_label_name>: <label_value> 2
 ingress:
 - sourceCIDRs:
      - 0.0.0.0/0 3
   rules:
   - order: 10
     protocolConfig:
       protocol: TCP
       tcp:
         ports: 22
     action: Allow
   - order: 20
     action: Deny 4

1
ネットワークインターフェイスクラスター
2
<label_name> と <label_value> は、ingressfirewallconfig CR を適用する特定のノードに適用される nodeSelector ラベルと値に一致する必要があります。
3
0.0.0.0/0 は、任意の CIDR に一致するように設定されています
4
Deny に設定された action
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.