検索

9.5. Ingress Node Firewall Operator のトラブルシューティング

download PDF
  • 次のコマンドを実行して、インストールされている Ingress ノードファイアウォールのカスタムリソース定義 (CRD) を一覧表示します。

    $ oc get crds | grep ingressnodefirewall

    出力例

    NAME               READY   UP-TO-DATE   AVAILABLE   AGE
    ingressnodefirewallconfigs.ingressnodefirewall.openshift.io       2022-08-25T10:03:01Z
    ingressnodefirewallnodestates.ingressnodefirewall.openshift.io    2022-08-25T10:03:00Z
    ingressnodefirewalls.ingressnodefirewall.openshift.io             2022-08-25T10:03:00Z

  • 次のコマンドを実行して、Ingress Node Firewall Operator の状態を表示します。

    $ oc get pods -n openshift-ingress-node-firewall

    出力例

    NAME                                       READY  STATUS         RESTARTS  AGE
    ingress-node-firewall-controller-manager   2/2    Running        0         5d21h
    ingress-node-firewall-daemon-pqx56         3/3    Running        0         5d21h

    次のフィールドは、Operator のステータスに関する情報を提供します: READYSTATUSAGE、および RESTARTS。Ingress Node Firewall Operator が割り当てられたノードに設定されたデーモンをデプロイしている場合、STATUS フィールドは Running になります。

  • 次のコマンドを実行して、すべての ingress ファイアウォールノード Pod のログを収集します。

    $ oc adm must-gather – gather_ingress_node_firewall

    ログは、/sos_commands/ebpf にある eBPF bpftool 出力を含む sos ノードのレポートで利用できます。これらのレポートには、Ingress ファイアウォール XDP がパケット処理を処理し、統計を更新し、イベントを発行するときに使用または更新されたルックアップテーブルが含まれます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.