検索

3.3. OpenStack user-provisioned infrastructure のレジストリーの設定

download PDF

独自の Red Hat Open Stack Platform (RHOSP) インフラストラクチャーで実行されるクラスターのレジストリーを設定できます。

3.3.1. Swift ストレージを信頼する Image Registry Operator の設定

Image Registry Operator を、Red Hat Open Stack Platform (RHOSP) Swift ストレージを信頼するように設定する必要があります。

手順

  • コマンドラインから次のコマンドを入力して、config.imageregistry オブジェクトの spec.disableRedirect フィールドの値を true に変更します。

    $ oc patch configs.imageregistry.operator.openshift.io cluster --type merge --patch '{"spec":{"disableRedirect":true}}'

3.3.2. イメージレジストリー Operator のシークレットの設定

configs.imageregistry.operator.openshift.io および ConfigMap リソースのほかにも、openshift-image-registry namespace 内の別のシークレットリソースによって設定が Operator に提供されます。

image-registry-private-configuration-user シークレットは、ストレージのアクセスおよび管理に必要な認証情報を提供します。これは、デフォルト認証情報が見つからない場合に Operator によって使用されるデフォルト認証情報を上書きします。

Red Hat Open Stack Platform (RHOSP) ストレージ上の Swift の場合、シークレットには次の 2 つのキーが含まれている必要があります。

  • REGISTRY_STORAGE_SWIFT_USERNAME
  • REGISTRY_STORAGE_SWIFT_PASSWORD

手順

  • 必要なキーが含まれる OpenShift Container Platform シークレットを作成します。

    $ oc create secret generic image-registry-private-configuration-user --from-literal=REGISTRY_STORAGE_SWIFT_USERNAME=<username> --from-literal=REGISTRY_STORAGE_SWIFT_PASSWORD=<password> -n openshift-image-registry

3.3.3. user-provisioned infrastructure での RHOSP のレジストリーストレージ

Registry Operator が Swift バケットを作成できない場合は、ストレージメディアを手動でセットアップし、レジストリーのカスタムリソース (CR) で設定を行う必要があります。

前提条件

  • user-provisioned infrastructure を備えた Red Hat Open Stack Platform (RHOSP) 上のクラスター。
  • RHOSP のレジストリーストレージを設定するには、レジストリー Operator クラウド認証情報を指定する必要があります。
  • RHOSP ストレージ上の Swift の場合、シークレットには次の 2 つのキーが含まれている必要があります。

    • REGISTRY_STORAGE_SWIFT_USERNAME
    • REGISTRY_STORAGE_SWIFT_PASSWORD

手順

  • configs.imageregistry.operator.openshift.io/cluster にストレージ設定を入力します。

    $ oc edit configs.imageregistry.operator.openshift.io/cluster

    設定例

    # ...
    storage:
      swift:
        container: <container-id>
    # ...

3.3.4. RHOSP Swift のイメージレジストリー Operator 設定パラメーター

以下の設定パラメーターは Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) Swift レジストリーストレージで利用できます。

パラメーター説明

authURL

認証トークンを取得するための URL を定義します。この値はオプションです。

authVersion

RHOSP の Auth バージョンを指定します (例: authVersion: "3")。この値はオプションです。

コンテナー

レジストリーデータを保存する Swift コンテナーの名前を定義します。この値はオプションです。

domain

Identity v3 API の RHOSP ドメイン名を指定します。この値はオプションです。

domainID

Identity v3 API の RHOSP ドメイン ID を指定します。この値はオプションです。

tenant

レジストリーで使用される RHOSP テナント名を定義します。この値はオプションです。

tenantID

レジストリーで使用される RHOSP テナント ID を定義します。この値はオプションです。

regionName

コンテナーが存在する RHOSP リージョンを定義します。この値はオプションです。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.