検索

第13章 クラスターネットワークの MTU 変更

download PDF

クラスター管理者は、クラスターのインストール後にクラスターネットワークの MTU を変更できます。MTU 変更の適用には、クラスターノードを再起動する必要があるため、変更により致命的な問題が発生する可能性があります。OVN-Kubernetes または OpenShift SDN ネットワークプラグインを使用して、クラスターの MTU のみを変更できます。

13.1. クラスター MTU について

インストール中に、クラスターネットワークの最大伝送ユニット (MTU) は、クラスター内のノードのプライマリーネットワークインターフェイスの MTU をもとに、自動的に検出されます。通常、検出された MTU を上書きする必要はありません。

以下のような理由でクラスターネットワークの MTU を変更する場合があります。

  • クラスターのインストール中に検出された MTU が使用中のインフラストラクチャーに適していない
  • クラスターインフラストラクチャーに異なる MTU が必要となった (例: パフォーマンスの最適化にさまざまな MTU を必要とするノードが追加された)。

OVN-Kubernetes および OpenShift SDN クラスターネットワークプラグインに対してのみ、クラスター MTU を変更できます。

13.1.1. サービス中断に関する考慮事項

クラスターで MTU の変更を開始すると、次の動作が原因でサービスの可用性に影響を与える可能性があります。

  • 新しい MTU への移行を完了するには、少なくとも 2 回のローリングリブートが必要です。この間、一部のノードは再起動するため使用できません。
  • 特定のアプリケーションに、絶対 TCP タイムアウト間隔よりもタイムアウトの間隔が短いクラスターにデプロイされた場合など、MTU の変更中に中断が発生する可能性があります。

13.1.2. MTU 値の選択

MTU の移行を計画するときは、関連しているが異なる MTU 値を 2 つ考慮する必要があります。

  • ハードウェア MTU: この MTU 値は、ネットワークインフラストラクチャーの詳細に基づいて設定されます。
  • クラスターネットワーク MTU: この MTU 値は、クラスターネットワークオーバーレイのオーバーヘッドを考慮して、常にハードウェア MTU よりも小さくなります。特定のオーバーヘッドは、ネットワークプラグインによって決まります。

    • OVN-Kubernetes: 100バイト
    • OpenShift SDN: 50バイト

クラスターがノードごとに異なる MTU 値を必要とする場合は、クラスター内の任意のノードで使用される最小の MTU 値から、ネットワークプラグインのオーバーヘッド値を差し引く必要があります。たとえば、クラスター内の一部のノードでは MTU が 9001 であり、MTU が 1500 のクラスターもある場合には、この値を 1400 に設定する必要があります。

重要

ノードが受け入れられない MTU 値の選択を回避するには、ip -d link コマンドを使用して、ネットワークインターフェイスが受け入れる最大 MTU 値 (maxmtu) を確認します。

13.1.3. 移行プロセスの仕組み

以下の表は、プロセスのユーザーが開始する手順と、移行が応答として実行するアクション間を区分して移行プロセスを要約しています。

表13.1 クラスター MTU のライブマイグレーション
ユーザーが開始する手順OpenShift Container Platform アクティビティー

Cluster Network Operator 設定で次の値を指定します。

  • spec.migration.mtu.machine.to
  • spec.migration.mtu.network.from
  • spec.migration.mtu.network.to

Cluster Network Operator (CNO): 各フィールドが有効な値に設定されていることを確認します。

  • mtu.machine.toは、新しいハードウェア MTU、またはハードウェアの MTU が変更されていない場合は、現在のハードウェア MTU のいずれかに設定する必要があります。この値は一時的なものであり、移行プロセスの一部として使用されます。これとは別に、既存のハードウェア MTU 値とは異なるハードウェア MTU を指定する場合は、マシン設定、DHCP 設定、Linux カーネルコマンドラインなどの他の方法で永続化するように MTU を手動で設定する必要があります。
  • mtu.network.from フィールドは、クラスターネットワークの現在の MTU である network.status.clusterNetworkMTU フィールドと同じである必要があります。
  • mtu.network.toフィールドは、ターゲットクラスターネットワーク MTU に設定する必要があり、ネットワークプラグインのオーバーレイオーバーヘッドを考慮して、ハードウェア MTU よりも低くする必要があります。OVN-Kubernetes の場合、オーバーヘッドは100バイトで、OpenShift SDN の場合のオーバーヘッドは50バイトです。

指定の値が有効な場合に、CNO は、クラスターネットワークの MTU がmtu.network.toフィールドの値に設定された新しい一時設定を書き出します。

Machine Config Operator (MCO): クラスター内の各ノードのローリングリブートを実行します。

クラスター上のノードのプライマリーネットワークインターフェイスの MTU を再設定します。これを実現するには、次のようなさまざまな方法を使用できます。

  • MTU を変更した新しい NetworkManager 接続プロファイルのデプロイ
  • DHCP サーバー設定による MTU の変更
  • ブートパラメーターによる MTU の変更

該当なし

ネットワークプラグインの CNO 設定で mtu 値を設定し、spec.migrationnull に設定します。

Machine Config Operator (MCO): 新しい MTU 設定を使用して、クラスター内の各ノードのローリングリブートを実行します。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.