検索

第6章 Windows コンテナーワークロードのスケジューリング

download PDF

Windows ワークロードを Windows コンピュートノードにスケジュールすることができます。

注記

WMCO はワークロードのプロキシー接続を介してトラフィックをルーティングできないため、クラスター全体のプロキシー を使用するクラスターではサポートされません。

前提条件

  • Operator Lifecycle Manager (OLM) を使用して Windows Machine Config Operator (WMCO) をインストールしている。
  • OS イメージとして Windows コンテナーを使用しています。
  • Windows コンピュートマシンセットを作成しました。

6.1. Windows Pod の配置

Windows ワークロードをクラスターにデプロイする前に、Pod が適切に割り当てられるように Windows ノードのスケジューリングを設定する必要があります。Windows ノードをホストするマシンがあるので、これは Linux ベースのノードと同じように管理できます。同様に、テイント、容認およびノードセレクターなどのメカニズムを使用して、Windows Pod の適切な Windows ノードへのスケジュールも同様に実行されます。

複数のオペレーティングシステム、および同じクラスターで複数の Windows OS バリアントを実行する機能で、RuntimeClass オブジェクトを使用して Windows Pod をベース Windows OS バリアントにマップする必要があります。たとえば、複数の Windows ノードが複数の Windows Server コンテナーのバージョンで実行されている場合、クラスターは Windows Pod を互換性のない Windows OS バリアントにスケジュールする可能性があります。クラスター上の Windows OS バリアントごとに RuntimeClass オブジェクトを設定する必要があります。クラスターで 1 つの Windows OS バリアントのみが利用可能である場合、RuntimeClass オブジェクトを使用することも推奨されます。

詳細は、ホストとコンテナーのバージョンの互換性 を参照してください。

重要

コンテナーの基本イメージは、コンテナーがスケジュールされるノードで実行されているものと同じ Windows OS バージョンおよびビルド番号である必要があります。

また、Windows ノードをあるバージョンから別のバージョンにアップグレードする場合 (たとえば、20H2 から 2022 に移行する場合)、新しいバージョンに一致するようにコンテナーの基本イメージをアップグレードする必要があります。詳細については、Windows コンテナーのバージョンの互換性 を参照してください。

関連情報

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.