検索

4.4. モニタリングコンポーネントのログレベルの設定

download PDF

Alertmanager、Prometheus Operator、Prometheus、Alertmanager および Thanos Querier および Thanos Ruler のログレベルを設定できます。

cluster-monitoring-config および user-workload-monitoring-configConfigMap オブジェクトの該当するコンポーネントには、以下のログレベルを適用することができます。

  • debug:デバッグ、情報、警告、およびエラーメッセージをログに記録します。
  • info:情報、警告およびエラーメッセージをログに記録します。
  • warn:警告およびエラーメッセージのみをログに記録します。
  • error:エラーメッセージのみをログに記録します。

デフォルトのログレベルは info です。

前提条件

  • openshift-monitoring プロジェクトで Alertmanager、Prometheus Operator、Prometheus、または Thanos Querier のログレベルを設定する場合には、以下を実行します

    • cluster-admin クラスターロールを持つユーザーとしてクラスターにアクセスできる。
    • cluster-monitoring-configConfigMap オブジェクトを作成している。
  • openshift-user-workload-monitoring プロジェクトで Prometheus Operator、Prometheus、または Thanos Ruler のログレベルを設定する場合には、以下を実行します。

    • cluster-admin クラスターロールを持つユーザーとして、または openshift-user-workload-monitoring プロジェクトの user-workload-monitoring-config-edit ロールを持つユーザーとして、クラスターにアクセスできる。
    • クラスター管理者は、ユーザー定義プロジェクトのモニタリングを有効にしている。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。

手順

  1. ConfigMap オブジェクトを編集します。

    • openshift-monitoring プロジェクトのコンポーネントのログレベルを設定するには、以下を実行します。

      1. openshift-monitoring プロジェクトで cluster-monitoring-config ConfigMap オブジェクトを編集します。

        $ oc -n openshift-monitoring edit configmap cluster-monitoring-config
      2. コンポーネントの logLevel: <log_level>data/config.yaml の下に追加します。

        apiVersion: v1
        kind: ConfigMap
        metadata:
          name: cluster-monitoring-config
          namespace: openshift-monitoring
        data:
          config.yaml: |
            <component>: 1
              logLevel: <log_level> 2
        1
        ログレベルを設定するモニタリングスタックコンポーネント。デフォルトのプラットフォームモニタリングの場合、使用可能なコンポーネント値は prometheusK8salertmanagerMainprometheusOperator、および thanosQuerier です。
        2
        コンポーネントに設定するログレベル。使用可能な値は、errorwarninfo、および debug です。デフォルト値は info です。
    • openshift-user-workload-monitoring プロジェクトのコンポーネントのログレベルを設定するには、以下を実行します。

      1. openshift-user-workload-monitoring プロジェクトで user-workload-monitoring-config ConfigMap オブジェクトを編集します。

        $ oc -n openshift-user-workload-monitoring edit configmap user-workload-monitoring-config
      2. コンポーネントの logLevel: <log_level>data/config.yaml の下に追加します。

        apiVersion: v1
        kind: ConfigMap
        metadata:
          name: user-workload-monitoring-config
          namespace: openshift-user-workload-monitoring
        data:
          config.yaml: |
            <component>: 1
              logLevel: <log_level> 2
        1
        ログレベルを設定する監視スタックコンポーネント。ユーザーワークロードの監視の場合、使用可能なコンポーネントの値は、prometheusprometheusOperator、および thanosRuler です。
        2
        コンポーネントに設定するログレベル。使用可能な値は、errorwarninfo、および debug です。デフォルト値は info です。
  2. 変更を適用するためにファイルを保存します。新しい設定の影響を受ける Pod は自動的に再デプロイされます。
  3. 関連するプロジェクトでデプロイメントまたは Pod 設定を確認し、ログレベルが適用されていることを確認します。以下の例では、openshift-user-workload-monitoring プロジェクトの prometheus-operator デプロイメントでログレベルを確認します。

    $ oc -n openshift-user-workload-monitoring get deploy prometheus-operator -o yaml |  grep "log-level"

    出力例

            - --log-level=debug

  4. コンポーネントの Pod が実行中であることを確認します。以下の例は、openshift-user-workload-monitoring プロジェクトの Pod のステータスをリスト表示します。

    $ oc -n openshift-user-workload-monitoring get pods
    注記

    認識されない loglevel 値が ConfigMap オブジェクトに含まれる場合は、コンポーネントの Pod が正常に再起動しない可能性があります。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.