検索

19.5. Azure での DNS レコードの作成

download PDF

外部 DNS Operator を使用して、Azure 上に DNS レコードを作成できます。

19.5.1. Azure のパブリック DNS ゾーン上で DNS レコードを作成する

Red Hat 外部 DNS Operator を使用して、Azure のパブリック DNS ゾーンに DNS レコードを作成できます。

前提条件

  • 管理者権限を持っている。
  • admin ユーザーの場合、kube-system namespace にアクセスできる。

手順

  1. クラウドプロバイダークライアントを使用するために、次のコマンドを実行して kube-system namespace から認証情報を取得します。

    $ CLIENT_ID=$(oc get secrets azure-credentials  -n kube-system  --template={{.data.azure_client_id}} | base64 -d)
    $ CLIENT_SECRET=$(oc get secrets azure-credentials  -n kube-system  --template={{.data.azure_client_secret}} | base64 -d)
    $ RESOURCE_GROUP=$(oc get secrets azure-credentials  -n kube-system  --template={{.data.azure_resourcegroup}} | base64 -d)
    $ SUBSCRIPTION_ID=$(oc get secrets azure-credentials  -n kube-system  --template={{.data.azure_subscription_id}} | base64 -d)
    $ TENANT_ID=$(oc get secrets azure-credentials  -n kube-system  --template={{.data.azure_tenant_id}} | base64 -d)
  2. 次のコマンドを実行して、Azure にログインします。

    $ az login --service-principal -u "${CLIENT_ID}" -p "${CLIENT_SECRET}" --tenant "${TENANT_ID}"
  3. 次のコマンドを実行して、ルートのリストを取得します。

    $ oc get routes --all-namespaces | grep console

    出力例

    openshift-console          console             console-openshift-console.apps.test.azure.example.com                       console             https   reencrypt/Redirect     None
    openshift-console          downloads           downloads-openshift-console.apps.test.azure.example.com                     downloads           http    edge/Redirect          None

  4. 次のコマンドを実行して、DNS ゾーンのリストを取得します。

    $ az network dns zone list --resource-group "${RESOURCE_GROUP}"
  5. ExternalDNS オブジェクトを定義する YAML ファイル (例: external-dns-sample-azure.yaml) を作成します。

    external-dns-sample-azure.yaml ファイルの例

    apiVersion: externaldns.olm.openshift.io/v1beta1
    kind: ExternalDNS
    metadata:
      name: sample-azure 1
    spec:
      zones:
      - "/subscriptions/1234567890/resourceGroups/test-azure-xxxxx-rg/providers/Microsoft.Network/dnszones/test.azure.example.com" 2
      provider:
        type: Azure 3
      source:
        openshiftRouteOptions: 4
          routerName: default 5
        type: OpenShiftRoute 6

    1
    外部 DNS 名を指定します。
    2
    ゾーン ID を定義します。
    3
    プロバイダータイプを定義します。
    4
    DNS レコードのソースのオプションを定義できます。
    5
    ソースタイプが OpenShiftRoute の場合、OpenShift Ingress Controller 名を渡すことができます。外部 DNS は、CNAME レコードの作成時に、そのルーターの正規のホスト名をターゲットとして選択します。
    6
    route リソースを Azure DNS レコードのソースとして定義します。
  6. 次のコマンドを実行して、OpenShift Container Platform ルートに対して作成された DNS レコードを確認します。

    $ az network dns record-set list -g "${RESOURCE_GROUP}"  -z test.azure.example.com | grep console
    注記

    プライベート Azure DNS のホストされたプライベートゾーンにレコードを作成するには、zones フィールドの下にプライベートゾーンを指定する必要があります。これにより、プロバイダータイプが ExternalDNS 引数の azure-private-dns に入力されます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.