検索

7.3. Ingress Controller 設定パラメーター

download PDF

Infrastructure カスタムリソース (CR) には、組織の特定のニーズを満たすように設定できる任意の設定パラメーターが含まれています。

パラメーター説明

domain

domain は Ingress Controller によって提供される DNS 名で、複数の機能を設定するために使用されます。

  • LoadBalancerService エンドポイント公開ストラテジーの場合、domain は DNS レコードを設定するために使用されます。endpointPublishingStrategy を参照してください。
  • 生成されるデフォルト証明書を使用する場合、証明書は domain およびその subdomains で有効です。defaultCertificate を参照してください。
  • この値は個別の Route ステータスに公開され、ユーザーは外部 DNS レコードのターゲット先を認識できるようにします。

domain 値はすべての Ingress Controller の中でも固有の値であり、更新できません。

空の場合、デフォルト値は ingress.config.openshift.io/cluster .spec.domain です。

replicas

replicas は、Ingress Controller レプリカの数です。設定されていない場合、デフォルト値は 2 になります。

endpointPublishingStrategy

endpointPublishingStrategy は Ingress Controller エンドポイントを他のネットワークに公開し、ロードバランサーの統合を有効にし、他のシステムへのアクセスを提供するために使用されます。

クラウド環境の場合、loadBalancer フィールドを使用して、Ingress Controller のエンドポイント公開ストラテジーを設定します。

GCP、AWS、および Azure では、次の endpointPublishingStrategy フィールドを設定できます。

  • loadBalancer.scope
  • loadBalancer.allowedSourceRanges

設定されていない場合、デフォルト値は infrastructure.config.openshift.io/cluster .status.platform をベースとします。

  • Amazon Web Services (AWS): LoadBalancerService (外部スコープあり)
  • Azure: LoadBalancerService (外部スコープあり)
  • Google Cloud Platform (GCP): LoadBalancerService (外部スコープあり)

ほとんどのプラットフォームでは、endpointPublishingStrategy 値は更新できます。GCP では、次のendpointPublishingStrategyフィールドを設定できます。

  • loadBalancer.scope
  • loadbalancer.providerParameters.gcp.clientAccess

ベアメタルプラットフォームなどの非クラウド環境の場合は、NodePortServiceHostNetwork、または Private フィールドを使用して、Ingress Controller のエンドポイント公開ストラテジーを設定します。

これらのフィールドのいずれかで値を設定しない場合のデフォルト値は、Infrastructure CR の .status.platform 値で指定されたバインディングポートに基づきます。

クラスターのデプロイ後に、endpointPublishingStrategy の値を更新する必要がある場合は、次の endpointPublishingStrategy フィールドを設定できます。

  • hostNetwork.protocol
  • nodePort.protocol
  • private.protocol

defaultCertificate

defaultCertificate 値は、Ingress Controller によって提供されるデフォルト証明書が含まれるシークレットへの参照です。ルートが独自の証明書を指定しない場合、defaultCertificate が使用されます。

シークレットには以下のキーおよびデータが含まれる必要があります: * tls.crt: 証明書ファイルコンテンツ * tls.key: キーファイルコンテンツ

設定されていない場合、ワイルドカード証明書は自動的に生成され、使用されます。証明書は Ingress コントーラーの domain および subdomains で有効であり、生成された証明書 CA はクラスターの信頼ストアに自動的に統合されます。

使用中の証明書 (生成されるか、ユーザー指定の場合かを問わない) は OpenShift Container Platform のビルトイン OAuth サーバーに自動的に統合されます。

namespaceSelector

namespaceSelector は、Ingress Controller によって提供される namespace セットをフィルターするために使用されます。これはシャードの実装に役立ちます。

routeSelector

routeSelector は、Ingress Controller によって提供される Routes のセットをフィルターするために使用されます。これはシャードの実装に役立ちます。

nodePlacement

nodePlacement は、Ingress Controller のスケジュールに対する明示的な制御を有効にします。

設定されていない場合は、デフォルト値が使用されます。

注記

nodePlacement パラメーターには、nodeSelectortolerations の 2 つの部分が含まれます。以下に例を示します。

nodePlacement:
 nodeSelector:
   matchLabels:
     kubernetes.io/os: linux
 tolerations:
 - effect: NoSchedule
   operator: Exists

tlsSecurityProfile

tlsSecurityProfile は、Ingress Controller の TLS 接続の設定を指定します。

これが設定されていない場合、デフォルト値は apiservers.config.openshift.io/cluster リソースをベースとして設定されます。

OldIntermediate、および Modern のプロファイルタイプを使用する場合、有効なプロファイル設定はリリース間で変更される可能性があります。たとえば、リリース X.Y.Z にデプロイされた Intermediate プロファイルを使用する仕様がある場合、リリース X.Y.Z+1 へのアップグレードにより、新規のプロファイル設定が Ingress Controller に適用され、ロールアウトが生じる可能性があります。

Ingress Controller の最小 TLS バージョンは 1.1 で、最大 TLS バージョンは 1.3 です。

注記

設定されたセキュリティープロファイルの暗号および最小 TLS バージョンが TLSProfile ステータスに反映されます。

重要

Ingress Operator は TLS 1.0Old または Custom プロファイルを 1.1 に変換します。

clientTLS

clientTLS は、クラスターおよびサービスへのクライアントアクセスを認証します。その結果、相互 TLS 認証が有効になります。設定されていない場合、クライアント TLS は有効になっていません。

clientTLS には、必要なサブフィールド spec.clientTLS.clientCertificatePolicy および spec.clientTLS.ClientCA があります。

ClientCertificatePolicy サブフィールドは、Required または Optional の 2 つの値のいずれかを受け入れます。ClientCA サブフィールドは、openshift-config namespace にある config map を指定します。config map には CA 証明書バンドルが含まれている必要があります。

AllowedSubjectPatterns は、要求をフィルターするために有効なクライアント証明書の識別名と照合される正規表現のリストを指定する任意の値です。正規表現は PCRE 構文を使用する必要があります。1 つ以上のパターンがクライアント証明書の識別名と一致している必要があります。一致しない場合、Ingress Controller は証明書を拒否し、接続を拒否します。指定しないと、Ingress Controller は識別名に基づいて証明書を拒否しません。

routeAdmission

routeAdmission は、複数の namespace での要求の許可または拒否など、新規ルート要求を処理するためのポリシーを定義します。

namespaceOwnership は、namespace 間でホスト名の要求を処理する方法を記述します。デフォルトは Strict です。

  • Strict: ルートが複数の namespace 間で同じホスト名を要求することを許可しません。
  • InterNamespaceAllowed: ルートが複数の namespace 間で同じホスト名の異なるパスを要求することを許可します。

wildcardPolicy は、ワイルドカードポリシーを使用するルートが Ingress Controller によって処理される方法を記述します。

  • WildcardsAllowed: ワイルドカードポリシーと共にルートが Ingress Controller によって許可されていることを示します。
  • WildcardsDisallowed: ワイルドカードポリシーの None を持つルートのみが Ingress Controller によって許可されることを示します。wildcardPolicyWildcardsAllowed から WildcardsDisallowed に更新すると、ワイルドカードポリシーの Subdomain を持つ許可されたルートが機能を停止します。これらのルートは、Ingress Controller によって許可されるように None のワイルドカードポリシーに対して再作成される必要があります。WildcardsDisallowed はデフォルト設定です。

IngressControllerLogging

logging はログに記録される内容および場所のパラメーターを定義します。このフィールドが空の場合、操作ログは有効になりますが、アクセスログは無効になります。

  • access は、クライアント要求をログに記録する方法を記述します。このフィールドが空の場合、アクセスロギングは無効になります。

    • destination はログメッセージの宛先を記述します。

      • type はログの宛先のタイプです。

        • Container は、ログがサイドカーコンテナーに移動することを指定します。Ingress Operator は Ingress Controller Pod で logs という名前のコンテナーを設定し、Ingress Controller がログをコンテナーに書き込むように設定します。管理者がこのコンテナーからログを読み取るカスタムロギングソリューションを設定することが予想されます。コンテナーログを使用すると、ログの割合がコンテナーランタイムの容量やカスタムロギングソリューションの容量を超えるとログがドロップされることがあります。
        • Syslog は、ログが Syslog エンドポイントに送信されることを指定します。管理者は、Syslog メッセージを受信できるエンドポイントを指定する必要があります。管理者がカスタム Syslog インスタンスを設定していることが予想されます。
      • containerContainer ロギング宛先タイプのパラメーターを記述します。現在、コンテナーロギングのパラメーターはないため、このフィールドは空である必要があります。
      • syslog は、Syslog ロギング宛先タイプのパラメーターを記述します。

        • address は、ログメッセージを受信する syslog エンドポイントの IP アドレスです。
        • port は、ログメッセージを受信する syslog エンドポイントの UDP ポート番号です。
        • maxLengthは、syslog メッセージの最大長です。サイズは 480 から 4096 バイトである必要があります。このフィールドが空の場合には、最大長はデフォルト値の1024バイトに設定されます。
        • facility はログメッセージの syslog ファシリティーを指定します。このフィールドが空の場合、ファシリティーは local1 になります。それ以外の場合、有効な syslog ファシリティー (kernusermaildaemonauthsysloglprnewsuucpcronauth2ftpntpauditalertcron2local0local1local2local3) を指定する必要があります。local4local5local6、または local7
    • httpLogFormat は、HTTP 要求のログメッセージの形式を指定します。このフィールドが空の場合、ログメッセージは実装のデフォルト HTTP ログ形式を使用します。HAProxy のデフォルトの HTTP ログ形式については、HAProxy ドキュメント を参照してください。

httpHeaders

httpHeaders は HTTP ヘッダーのポリシーを定義します。

IngressControllerHTTPHeadersforwardedHeaderPolicy を設定することで、Ingress Controller が ForwardedX-Forwarded-ForX-Forwarded-HostX-Forwarded-PortX-Forwarded-Proto、および X-Forwarded-Proto-Version HTTP ヘッダーをいつどのように設定するか指定します。

デフォルトでは、ポリシーは Append に設定されます。

  • Append は、Ingress Controller がヘッダーを追加するように指定し、既存のヘッダーを保持します。
  • Replace は、Ingress Controller がヘッダーを設定するように指定し、既存のヘッダーを削除します。
  • IfNone は、ヘッダーがまだ設定されていない場合に、Ingress Controller がヘッダーを設定するように指定します。
  • Never は、Ingress Controller がヘッダーを設定しないように指定し、既存のヘッダーを保持します。

headerNameCaseAdjustments を設定して、HTTP ヘッダー名に適用できるケースの調整を指定できます。それぞれの調整は、必要な大文字化を指定して HTTP ヘッダー名として指定されます。たとえば、X-Forwarded-For を指定すると、指定された大文字化を有効にするために x-forwarded-for HTTP ヘッダーを調整する必要があることを示唆できます。

これらの調整は、クリアテキスト、edge terminationd、および re-encrypt ルートにのみ適用され、HTTP/1 を使用する場合にのみ適用されます。

要求ヘッダーの場合、これらの調整は haproxy.router.openshift.io/h1-adjust-case=true アノテーションを持つルートについてのみ適用されます。応答ヘッダーの場合、これらの調整はすべての HTTP 応答に適用されます。このフィールドが空の場合、要求ヘッダーは調整されません。

httpCompression

httpCompressionは、HTTP トラフィック圧縮のポリシーを定義します。

  • mimeTypes は、圧縮を適用する必要がある MIME タイプのリストを定義します。(例: text/css; charset=utf-8, text/html, text/*, image/svg+xml, application/octet-stream, X-custom/customsub, using the format pattern, type/subtype; [;attribute=value])types は、アプリケーション、イメージ、メッセージ、マルチパート、テキスト、ビデオ、または X- で始まるカスタムタイプ。例: MIME タイプとサブタイプの完全な表記を確認するには、RFC1341 を参照してください。

httpErrorCodePages

httpErrorCodePages は、カスタムの HTTP エラーコードの応答ページを指定します。デフォルトで、IngressController は IngressController イメージにビルドされたエラーページを使用します。

httpCaptureCookies

httpCaptureCookies は、アクセスログにキャプチャーする HTTP Cookie を指定します。httpCaptureCookies フィールドが空の場合、アクセスログは Cookie をキャプチャーしません。

キャプチャーするすべての Cookie について、次のパラメーターが IngressController 設定に含まれている必要があります。

  • name は、Cookie の名前を指定します。
  • maxLength は、Cookie の最大長を指定します。
  • matchType は、Cookie のフィールドの name が、キャプチャー Cookie 設定と完全に一致するか、キャプチャー Cookie 設定の接頭辞であるかを指定します。matchType フィールドは Exact および Prefix パラメーターを使用します。

以下に例を示します。

  httpCaptureCookies:
  - matchType: Exact
    maxLength: 128
    name: MYCOOKIE

httpCaptureHeaders

httpCaptureHeaders は、アクセスログにキャプチャーする HTTP ヘッダーを指定します。httpCaptureHeaders フィールドが空の場合、アクセスログはヘッダーをキャプチャーしません。

httpCaptureHeaders には、アクセスログにキャプチャーするヘッダーの 2 つのリストが含まれています。ヘッダーフィールドの 2 つのリストは requestresponse です。どちらのリストでも、name フィールドはヘッダー名を指定し、maxlength フィールドはヘッダーの最大長を指定する必要があります。以下に例を示します。

  httpCaptureHeaders:
    request:
    - maxLength: 256
      name: Connection
    - maxLength: 128
      name: User-Agent
    response:
    - maxLength: 256
      name: Content-Type
    - maxLength: 256
      name: Content-Length

tuningOptions

tuningOptions は、Ingress Controller Pod のパフォーマンスを調整するためのオプションを指定します。

  • clientFinTimeout は、クライアントの応答が接続を閉じるのを待機している間に接続が開かれる期間を指定します。デフォルトのタイムアウトは 1s です。
  • clientTimeout は、クライアント応答の待機中に接続が開かれる期間を指定します。デフォルトのタイムアウトは 30s です。
  • headerBufferBytes は、Ingress Controller 接続セッション用に予約されるメモリーの量をバイト単位で指定します。Ingress Controller で HTTP / 2 が有効になっている場合、この値は少なくとも 16384 である必要があります。設定されていない場合、デフォルト値は 32768 バイトになります。このフィールドを設定することは推奨しません。headerBufferBytes 値が小さすぎると Ingress Controller が破損する可能性があり、headerBufferBytes 値が大きすぎると、Ingress Controller が必要以上のメモリーを使用する可能性があるためです。
  • headerBufferMaxRewriteBytes は、HTTP ヘッダーの書き換えと Ingress Controller 接続セッションの追加のために headerBufferBytes から予約するメモリーの量をバイト単位で指定します。headerBufferMaxRewriteBytes の最小値は 4096 です。受信 HTTP 要求には、headerBufferBytesheaderBufferMaxRewriteBytes よりも大きくなければなりません。設定されていない場合、デフォルト値は 8192 バイトになります。このフィールドを設定することは推奨しません。headerBufferMaxRewriteBytes 値が小さすぎると Ingress Controller が破損する可能性があり、headerBufferMaxRewriteBytes 値が大きすぎると、Ingress Controller が必要以上のメモリーを使用する可能性があるためです。
  • healthCheckInterval は、ルーターがヘルスチェックの間隔として待機する時間を指定します。デフォルトは 5s です。
  • serverFinTimeout は、接続を閉じるクライアントへの応答を待つ間、接続が開かれる期間を指定します。デフォルトのタイムアウトは 1s です。
  • serverTimeout は、サーバーの応答を待機している間に接続が開かれる期間を指定します。デフォルトのタイムアウトは 30s です。
  • threadCount は、HAProxy プロセスごとに作成するスレッドの数を指定します。より多くのスレッドを作成すると、使用されるシステムリソースを増やすことで、各 Ingress Controller Pod がより多くの接続を処理できるようになります。HAProxy は最大 64 のスレッドをサポートします。このフィールドが空の場合、Ingress Controller はデフォルト値の 4 スレッドを使用します。デフォルト値は、将来のリリースで変更される可能性があります。このフィールドを設定することは推奨しません。HAProxy スレッドの数を増やすと、Ingress Controller Pod が負荷時に CPU 時間をより多く使用できるようになり、他の Pod が実行に必要な CPU リソースを受け取れないようになるためです。スレッドの数を減らすと、Ingress Controller のパフォーマンスが低下する可能性があります。
  • tlsInspectDelay は、一致するルートを見つけるためにルーターがデータを保持する期間を指定します。この値の設定が短すぎると、より一致する証明書を使用している場合でも、ルーターがエッジ終端、再暗号化された、またはパススルーのルートのデフォルトの証明書にフォールバックする可能性があります。デフォルトの検査遅延は 5s です。
  • tunnelTimeout は、トンネルがアイドル状態の間、websocket などのトンネル接続期間を開いた期間を指定します。デフォルトのタイムアウトは 1h です。
  • maxConnections は、HAProxy プロセスごとに確立できる同時接続の最大数を指定します。この値を増やすと、追加のシステムリソースで各 Ingress Controller Pod がより多くの接続を処理できるようになります。0-12000 から 2000000 の範囲内の任意の値を使用でき、フィールドを空にすることも可能です。

    • このフィールドが空のままであるか、値が 0 の場合、Ingress Controller はデフォルト値の 50000 を使用します。この値は、今後のリリースで変更される可能性があります。
    • フィールド値が -1 の場合、HAProxy は、実行中のコンテナーで使用可能な ulimit に基づき最大値を動的に計算します。このプロセスにより、計算値が大きくなり、現在のデフォルト値である 50000 と比較してかなり大きなメモリー使用量が発生します。
    • フィールドの値が現在のオペレーティングシステムの制限よりも大きい場合、HAProxy プロセスは開始されません。
    • 個別の値を選択し、ルーター Pod が新しいノードに移行された場合、新しいノードに同一の ulimit が設定されていない可能性があります。このような場合、Pod は起動に失敗します。
    • 異なる ulimit を持つノードが設定されていて、離散値を選択する場合は、実行時に接続の最大数が計算されるように、このフィールドに -1 の値を使用することを推奨します。

logEmptyRequests

logEmptyRequests は、リクエストを受け取らず、ログに記録されない接続を指定します。これらの空の要求は、ロードバランサーヘルスプローブまたは Web ブラウザーの投機的接続 (事前接続) から送信され、これらの要求をログに記録することは望ましくない場合があります。ただし、これらの要求はネットワークエラーによって引き起こされる可能性があります。この場合は、空の要求をログに記録すると、エラーの診断に役立ちます。これらの要求はポートスキャンによって引き起こされ、空の要求をログに記録すると、侵入の試行が検出されなくなります。このフィールドに使用できる値は Log および Ignore です。デフォルト値は Log です。

LoggingPolicy タイプは、以下のいずれかの値を受け入れます。

  • ログ: この値を Log に設定すると、イベントがログに記録される必要があることを示します。
  • Ignore: この値を Ignore に設定すると、HAproxy 設定の dontlognull オプションを設定します。

HTTPEmptyRequestsPolicy

HTTPEmptyRequestsPolicy は、リクエストを受け取る前に接続がタイムアウトした場合に HTTP 接続を処理する方法を記述します。このフィールドに使用できる値は Respond および Ignore です。デフォルト値は Respond です。

HTTPEmptyRequestsPolicy タイプは、以下のいずれかの値を受け入れます。

  • 応答: フィールドが Respond に設定されている場合、Ingress Controller は HTTP 400 または 408 応答を送信する場合、アクセスログが有効な場合に接続をログに記録し、適切なメトリックで接続をカウントします。
  • ignore: このオプションを Ignore に設定すると HAproxy 設定に http-ignore-probes パラメーターが追加されます。フィールドが Ignore に設定されている場合、Ingress Controller は応答を送信せずに接続を閉じると、接続をログに記録するか、メトリックを増分します。

これらの接続は、ロードバランサーのヘルスプローブまたは Web ブラウザーの投機的接続 (事前接続) から取得され、無視しても問題はありません。ただし、これらの要求はネットワークエラーによって引き起こされる可能性があります。そのため、このフィールドを Ignore に設定すると問題の検出と診断が妨げられる可能性があります。これらの要求はポートスキャンによって引き起こされ、空の要求をログに記録すると、侵入の試行が検出されなくなります。

7.3.1. Ingress Controller の TLS セキュリティープロファイル

TLS セキュリティープロファイルは、サーバーに接続する際に接続クライアントが使用できる暗号を規制する方法をサーバーに提供します。

7.3.1.1. TLS セキュリティープロファイルについて

TLS (Transport Layer Security) セキュリティープロファイルを使用して、さまざまな OpenShift Container Platform コンポーネントに必要な TLS 暗号を定義できます。OpenShift Container Platform の TLS セキュリティープロファイルは、Mozilla が推奨する設定 に基づいています。

コンポーネントごとに、以下の TLS セキュリティープロファイルのいずれかを指定できます。

表7.1 TLS セキュリティープロファイル
プロファイル説明

Old

このプロファイルは、レガシークライアントまたはライブラリーでの使用を目的としています。このプロファイルは、Old 後方互換性 の推奨設定に基づいています。

Old プロファイルには、最小 TLS バージョン 1.0 が必要です。

注記

Ingress Controller の場合、TLS の最小バージョンは 1.0 から 1.1 に変換されます。

Intermediate

このプロファイルは、大多数のクライアントに推奨される設定です。これは、Ingress Controller 、kubelet、およびコントロールプレーンのデフォルトの TLS セキュリティープロファイルです。このプロファイルは、Intermediate 互換性 の推奨設定に基づいています。

Intermediate プロファイルには、最小 TLS バージョン 1.2 が必要です。

Modern

このプロファイルは、後方互換性を必要としない Modern のクライアントでの使用を目的としています。このプロファイルは、Modern 互換性 の推奨設定に基づいています。

Modern プロファイルには、最小 TLS バージョン 1.3 が必要です。

カスタム

このプロファイルを使用すると、使用する TLS バージョンと暗号を定義できます。

警告

無効な設定により問題が発生する可能性があるため、Custom プロファイルを使用する際には注意してください。

注記

事前定義されたプロファイルタイプのいずれかを使用する場合、有効なプロファイル設定はリリース間で変更される可能性があります。たとえば、リリース X.Y.Z にデプロイされた Intermediate プロファイルを使用する仕様がある場合、リリース X.Y.Z+1 へのアップグレードにより、新規のプロファイル設定が適用され、ロールアウトが生じる可能性があります。

7.3.1.2. Ingress Controller の TLS セキュリティープロファイルの設定

Ingress Controller の TLS セキュリティープロファイルを設定するには、IngressController カスタムリソース (CR) を編集して、事前定義済みまたはカスタムの TLS セキュリティープロファイルを指定します。TLS セキュリティープロファイルが設定されていない場合、デフォルト値は API サーバーに設定された TLS セキュリティープロファイルに基づいています。

Old TLS のセキュリティープロファイルを設定するサンプル IngressController CR

apiVersion: operator.openshift.io/v1
kind: IngressController
 ...
spec:
  tlsSecurityProfile:
    old: {}
    type: Old
 ...

TLS セキュリティープロファイルは、Ingress Controller の TLS 接続の最小 TLS バージョンと TLS 暗号を定義します。

設定された TLS セキュリティープロファイルの暗号と最小 TLS バージョンは、Status.Tls Profile 配下の IngressController カスタムリソース (CR) と Spec.Tls Security Profile 配下の設定された TLS セキュリティープロファイルで確認できます。Custom TLS セキュリティープロファイルの場合、特定の暗号と最小 TLS バージョンは両方のパラメーターの下に一覧表示されます。

注記

HAProxy Ingress Controller イメージは、TLS1.3Modern プロファイルをサポートしています。

また、Ingress Operator は TLS 1.0Old または Custom プロファイルを 1.1 に変換します。

前提条件

  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてクラスターにアクセスできる。

手順

  1. openshift-ingress-operator プロジェクトの IngressController CR を編集して、TLS セキュリティープロファイルを設定します。

    $ oc edit IngressController default -n openshift-ingress-operator
  2. spec.tlsSecurityProfile フィールドを追加します。

    Custom プロファイルのサンプル IngressController CR

    apiVersion: operator.openshift.io/v1
    kind: IngressController
     ...
    spec:
      tlsSecurityProfile:
        type: Custom 1
        custom: 2
          ciphers: 3
          - ECDHE-ECDSA-CHACHA20-POLY1305
          - ECDHE-RSA-CHACHA20-POLY1305
          - ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256
          - ECDHE-ECDSA-AES128-GCM-SHA256
          minTLSVersion: VersionTLS11
     ...

    1
    TLS セキュリティープロファイルタイプ (OldIntermediate、または Custom) を指定します。デフォルトは Intermediate です。
    2
    選択したタイプに適切なフィールドを指定します。
    • old: {}
    • intermediate: {}
    • custom:
    3
    custom タイプには、TLS 暗号のリストと最小許容 TLS バージョンを指定します。
  3. 変更を適用するためにファイルを保存します。

検証

  • IngressController CR にプロファイルが設定されていることを確認します。

    $ oc describe IngressController default -n openshift-ingress-operator

    出力例

    Name:         default
    Namespace:    openshift-ingress-operator
    Labels:       <none>
    Annotations:  <none>
    API Version:  operator.openshift.io/v1
    Kind:         IngressController
     ...
    Spec:
     ...
      Tls Security Profile:
        Custom:
          Ciphers:
            ECDHE-ECDSA-CHACHA20-POLY1305
            ECDHE-RSA-CHACHA20-POLY1305
            ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256
            ECDHE-ECDSA-AES128-GCM-SHA256
          Min TLS Version:  VersionTLS11
        Type:               Custom
     ...

7.3.1.3. 相互 TLS 認証の設定

spec.clientTLS 値を設定して、相互 TLS (mTLS) 認証を有効にするように Ingress Controller を設定できます。clientTLS 値は、クライアント証明書を検証するように Ingress Controller を設定します。この設定には、config map の参照である clientCA 値の設定が含まれます。config map には、クライアントの証明書を検証するために使用される PEM でエンコードされた CA 証明書バンドルが含まれます。必要に応じて、証明書サブジェクトフィルターのリストも設定できます。

clientCA 値が X509v3 証明書失効リスト (CRL) ディストリビューションポイントを指定している場合、Ingress Operator は、提供された各証明書で指定されている HTTP URI X509v3 CRL Distribution Point に基づいて CRL config map をダウンロードおよび管理します。Ingress Controller は、mTLS/TLS ネゴシエーション中にこの config map を使用します。有効な証明書を提供しない要求は拒否されます。

前提条件

  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてクラスターにアクセスできる。
  • PEM でエンコードされた CA 証明書バンドルがある。
  • CA バンドルが CRL ディストリビューションポイントを参照する場合は、エンドエンティティーまたはリーフ証明書もクライアント CA バンドルに含める必要があります。この証明書には、RFC 5280 で説明されているとおり、この証明書の CRL Distribution Points に HTTP URI が含まれている必要があります。以下に例を示します。

     Issuer: C=US, O=Example Inc, CN=Example Global G2 TLS RSA SHA256 2020 CA1
             Subject: SOME SIGNED CERT            X509v3 CRL Distribution Points:
                    Full Name:
                      URI:http://crl.example.com/example.crl

手順

  1. openshift-config namespace で、CA バンドルから config map を作成します。

    $ oc create configmap \
       router-ca-certs-default \
       --from-file=ca-bundle.pem=client-ca.crt \1
       -n openshift-config
    1
    config map データキーは ca-bundle.pem で、data の値は PEM 形式の CA 証明書である必要があります。
  2. openshift-ingress-operator プロジェクトで IngressController リソースを編集します。

    $ oc edit IngressController default -n openshift-ingress-operator
  3. spec.clientTLS フィールドおよびサブフィールドを追加して相互 TLS を設定します。

    フィルタリングパターンを指定する clientTLS プロファイルのサンプル IngressController CR

      apiVersion: operator.openshift.io/v1
      kind: IngressController
      metadata:
        name: default
        namespace: openshift-ingress-operator
      spec:
        clientTLS:
          clientCertificatePolicy: Required
          clientCA:
            name: router-ca-certs-default
          allowedSubjectPatterns:
          - "^/CN=example.com/ST=NC/C=US/O=Security/OU=OpenShift$"

  4. オプションで、次のコマンドを入力して、allowedSubjectPatterns の識別名 (DN) を取得します。
$ openssl  x509 -in custom-cert.pem  -noout -subject
subject= /CN=example.com/ST=NC/C=US/O=Security/OU=OpenShift
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.