検索

32.4. RHOSP Octavia を使用した ingress トラフィックのスケーリング

download PDF
重要

Kuryr は非推奨の機能です。非推奨の機能は依然として OpenShift Container Platform に含まれており、引き続きサポートされますが、本製品の今後のリリースで削除されるため、新規デプロイメントでの使用は推奨されません。

OpenShift Container Platform で非推奨となったか、削除された主な機能の最新の一覧については、OpenShift Container Platform リリースノートの 非推奨および削除された機能 セクションを参照してください。

Octavia ロードバランサーを使用して、Kuryr を使用するクラスターで Ingress コントローラーをスケーリングできます。

前提条件

  • OpenShift Container Platform クラスターは Kuryr を使用します。
  • Octavia は RHOSP デプロイメントで利用できます。

手順

  1. 現在の内部ルーターサービスをコピーするには、コマンドラインで以下を入力します。

    $ oc -n openshift-ingress get svc router-internal-default -o yaml > external_router.yaml
  2. external_router.yaml ファイルで、metadata.name および spec.type の値を LoadBalancer に変更します。

    ルーターファイルの例

    apiVersion: v1
    kind: Service
    metadata:
      labels:
        ingresscontroller.operator.openshift.io/owning-ingresscontroller: default
      name: router-external-default 1
      namespace: openshift-ingress
    spec:
      ports:
      - name: http
        port: 80
        protocol: TCP
        targetPort: http
      - name: https
        port: 443
        protocol: TCP
        targetPort: https
      - name: metrics
        port: 1936
        protocol: TCP
        targetPort: 1936
      selector:
        ingresscontroller.operator.openshift.io/deployment-ingresscontroller: default
      sessionAffinity: None
      type: LoadBalancer 2

    1
    この値は router-external-default のように、わかりやすいものであることを確認します。
    2
    この値は LoadBalancer であることを確認します。
注記

ロードバランシングと関連性のないタイムスタンプやその他の情報を削除できます。

  1. コマンドラインで、external_router.yaml ファイルからサービスを作成します。

    $ oc apply -f external_router.yaml
  2. サービスの外部 IP アドレスがロードバランサーに関連付けられているものと同じであることを確認します。

    1. コマンドラインで、サービスの外部 IP アドレスを取得します。

      $ oc -n openshift-ingress get svc

      出力例

      NAME                      TYPE           CLUSTER-IP       EXTERNAL-IP    PORT(S)                                     AGE
      router-external-default   LoadBalancer   172.30.235.33    10.46.22.161   80:30112/TCP,443:32359/TCP,1936:30317/TCP   3m38s
      router-internal-default   ClusterIP      172.30.115.123   <none>         80/TCP,443/TCP,1936/TCP                     22h

    2. ロードバランサーの IP アドレスを取得します。

      $ openstack loadbalancer list | grep router-external

      出力例

      | 21bf6afe-b498-4a16-a958-3229e83c002c | openshift-ingress/router-external-default | 66f3816acf1b431691b8d132cc9d793c | 172.30.235.33  | ACTIVE | octavia |

    3. 直前のステップで取得したアドレスが、Floating IP のリストで相互に関連付けられていることを確認します。

      $ openstack floating ip list | grep 172.30.235.33

      出力例

      | e2f80e97-8266-4b69-8636-e58bacf1879e | 10.46.22.161 | 172.30.235.33 | 655e7122-806a-4e0a-a104-220c6e17bda6 | a565e55a-99e7-4d15-b4df-f9d7ee8c9deb | 66f3816acf1b431691b8d132cc9d793c |

EXTERNAL-IP の値を新規 Ingress アドレスとして使用できるようになりました。

注記

Kuryr が Octavia Amphora ドライバーを使用する場合、すべてのトラフィックは単一の Amphora 仮想マシン (VM) 経由でルーティングされます。

この手順を繰り返して追加のロードバランサーを作成します。これにより、ボトルネックを軽減することができます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.