検索

8.2. Operator SDK CLI リファレンス

download PDF

Operator SDK コマンドラインインターフェイス (CLI) は、Operator の作成を容易にするために設計された開発キットです。

Operator SDK CLI 構文

$ operator-sdk <command> [<subcommand>] [<argument>] [<flags>]

Operator SDK の詳細は、Operator の開発 を参照してください。

8.2.1. bundle

operator-sdk bundle コマンドは Operator バンドルメタデータを管理します。

8.2.1.1. validate

bundle validate サブコマンドは Operator バンドルを検証します。

表8.1 bundle validate フラグ
フラグ説明

-h--help

bundle validate サブコマンドのヘルプ出力。

--index-builder (文字列)

バンドルイメージをプルして展開するためのツール。バンドルイメージを検証する場合にのみ使用されます。使用できるオプションは、docker (デフォルト)、podman、または none です。

--list-optional

利用可能なすべてのオプションのバリデーターをリスト表示します。これが設定されている場合、バリデーターは実行されません。

--select-optional (文字列)

実行するオプションのバリデーターを選択するラベルセレクター。--list-optional フラグを指定して実行する場合は、利用可能なオプションのバリデーターをリスト表示します。

8.2.2. cleanup

operator-sdk cleanup コマンドは、run コマンドでデプロイされた Operator 用に作成されたリソースを破棄し、削除します。

表8.2 cleanup フラグ
フラグ説明

-h--help

run bundle サブコマンドのヘルプ出力。

--kubeconfig (文字列)

CLI 要求に使用する kubeconfig ファイルへのパス。

-n, --namespace (文字列)

CLI 要求がある場合の CLI 要求を実行する namespace。

--timeout <duration>

コマンドが失敗せずに完了するまでの待機時間。デフォルト値は 2m0s です。

8.2.3. completion

operator-sdk completion コマンドは、CLI コマンドをより迅速に、より容易に実行できるようにシェル補完を生成します。

表8.3 completion サブコマンド
サブコマンド説明

bash

bash 補完を生成します。

zsh

zsh 補完を生成します。

表8.4 completion フラグ
フラグ説明

-h, --help

使用方法についてのヘルプの出力。

以下に例を示します。

$ operator-sdk completion bash

出力例

# bash completion for operator-sdk                         -*- shell-script -*-
...
# ex: ts=4 sw=4 et filetype=sh

8.2.4. create

operator-sdk create コマンドは、Kubernetes API の作成または スキャフォールディング に使用されます。

8.2.4.1. api

create api サブコマンドは Kubernetes API をスキャフォールディングします。サブコマンドは、init コマンドで初期化されたプロジェクトで実行する必要があります。

表8.5 create api フラグ
フラグ説明

-h--help

run bundle サブコマンドのヘルプ出力。

8.2.5. generate

operator-sdk generate コマンドは特定のジェネレーターを起動して、必要に応じてコードを生成します。

8.2.5.1. bundle

generate bundle サブコマンドは、Operator プロジェクトのバンドルマニフェスト、メタデータ、および bundle.Dockerfile ファイルのセットを生成します。

注記

通常は、最初に generate kustomize manifests サブコマンドを実行して、generate bundle サブコマンドで使用される入力された Kustomize ベースを生成します。ただし、初期化されたプロジェクトで make bundle コマンドを使用して、これらのコマンドの順次の実行を自動化できます。

表8.6 generate bundle フラグ
フラグ説明

--channels (文字列)

バンドルが属するチャネルのコンマ区切りリスト。デフォルト値は alpha です。

--crds-dir (文字列)

CustomResoureDefinition マニフェストのルートディレクトリー。

--default-channel (文字列)

バンドルのデフォルトチャネル。

--deploy-dir (文字列)

デプロイメントや RBAC などの Operator マニフェストのルートディレクトリー。このディレクトリーは、--input-dir フラグに渡されるディレクトリーとは異なります。

-h--help

generate bundle のヘルプ

--input-dir (文字列)

既存のバンドルを読み取るディレクトリー。このディレクトリーは、バンドル manifests ディレクトリーの親であり、--deploy-dir ディレクトリーとは異なります。

--kustomize-dir (文字列)

バンドルマニフェストの Kustomize ベースおよび kustomization.yaml ファイルを含むディレクトリー。デフォルトのパスは config/manifests です。

--manifests

バンドルマニフェストを生成します。

--metadata

バンドルメタデータと Dockerfile を生成します。

--output-dir (文字列)

バンドルを書き込むディレクトリー。

--overwrite

バンドルメタデータおよび Dockerfile を上書きします (ある場合)。デフォルト値は true です。

--package (文字列)

バンドルのパッケージ名。

-q--quiet

quiet モードで実行します。

--stdout

バンドルマニフェストを標準出力に書き込みます。

--version (文字列)

生成されたバンドルの Operator のセマンティックバージョン。新規バンドルを作成するか、Operator をアップグレードする場合にのみ設定します。

関連情報

8.2.5.2. kustomize

generate kustomize サブコマンドには、Operator の Kustomize データを生成するサブコマンドが含まれます。

8.2.5.2.1. manifests

generate kustomize manifests は Kustomize ベースを生成または再生成し、kustomization.yaml ファイルを config/manifests ディレクトリーに生成または再生成します。これは、他の Operator SDK コマンドでバンドルマニフェストをビルドするために使用されます。このコマンドは、ベースがすでに存在しない場合や --interactive=false フラグが設定されていない場合に、デフォルトでマニフェストベースの重要なコンポーネントである UI メタデータを対話的に要求します。

表8.7 generate kustomize manifests フラグ
フラグ説明

--apis-dir (文字列)

API タイプ定義のルートディレクトリー。

-h--help

generate kustomize manifests のヘルプ。

--input-dir (文字列)

既存の Kustomize ファイルを含むディレクトリー。

--interactive

false に設定すると、Kustomize ベースが存在しない場合は、対話式コマンドプロンプトがカスタムメタデータを受け入れるように表示されます。

--output-dir (文字列)

Kustomize ファイルを書き込むディレクトリー。

--package (文字列)

パッケージ名。

-q--quiet

quiet モードで実行します。

8.2.6. init

operator-sdk init コマンドは Operator プロジェクトを初期化し、指定されたプラグインのデフォルトのプロジェクトディレクトリーレイアウトを生成または スキャフォールド します。

このコマンドは、以下のファイルを作成します。

  • ボイラープレートライセンスファイル
  • ドメインおよびリポジトリーを含む PROJECT ファイル
  • プロジェクトをビルドする Makefile
  • プロジェクト依存関係のある go.mod ファイル
  • マニフェストをカスタマイズするための kustomization.yaml ファイル
  • マネージャーマニフェストのイメージをカスタマイズするためのパッチファイル
  • Prometheus メトリクスを有効にするためのパッチファイル
  • 実行する main.go ファイル
表8.8 init フラグ
フラグ説明

--help, -h

init コマンドのヘルプ出力。

--plugins (文字列)

プロジェクトを初期化するプラグインの名前およびオプションのバージョン。利用可能なプラグインは ansible.sdk.operatorframework.io/v1go.kubebuilder.io/v2go.kubebuilder.io/v3、および helm.sdk.operatorframework.io/v1 です。

--project-version

プロジェクトのバージョン。使用できる値は 2 および 3-alpha (デフォルト) です。

8.2.7. run

operator-sdk run コマンドは、さまざまな環境で Operator を起動できるオプションを提供します。

8.2.7.1. bundle

run bundle サブコマンドは、Operator Lifecycle Manager (OLM) を使用してバンドル形式で Operator をデプロイします。

表8.9 run bundle フラグ
フラグ説明

--index-image (文字列)

バンドルを挿入するインデックスイメージ。デフォルトのイメージは quay.io/operator-framework/upstream-opm-builder:latest です。

--install-mode <install_mode_value>

Operator のクラスターサービスバージョン (CSV) によってサポートされるインストールモード (例: AllNamespaces または SingleNamespace)。

--timeout <duration>

インストールのタイムアウト。デフォルト値は 2m0s です。

--kubeconfig (文字列)

CLI 要求に使用する kubeconfig ファイルへのパス。

-n, --namespace (文字列)

CLI 要求がある場合の CLI 要求を実行する namespace。

--security-context-config <security_context>

カタログ Pod に使用するセキュリティーコンテキストを指定します。許可される値には、restricted および legacy が含まれます。デフォルト値は legacy です。[1]

-h--help

run bundle サブコマンドのヘルプ出力。

  1. restricted セキュリティーコンテキストは、default namespace と互換性がありません。実稼働環境で Operator の Pod セキュリティーアドミッションを設定する場合は、「Pod セキュリティーアドミッションに準拠」を参照してください。Pod セキュリティーアドミッションの詳細は、「Pod セキュリティーアドミッションの理解と管理」を参照してください。

関連情報

8.2.7.2. bundle-upgrade

run bundle-upgrade サブコマンドは、以前に Operator Lifecycle Manager (OLM) を使用してバンドル形式でインストールされた Operator をアップグレードします。

表8.10 run bundle-upgrade フラグ
フラグ説明

--timeout <duration>

アップグレードのタイムアウト。デフォルト値は 2m0s です。

--kubeconfig (文字列)

CLI 要求に使用する kubeconfig ファイルへのパス。

-n, --namespace (文字列)

CLI 要求がある場合の CLI 要求を実行する namespace。

--security-context-config <security_context>

カタログ Pod に使用するセキュリティーコンテキストを指定します。許可される値には、restricted および legacy が含まれます。デフォルト値は legacy です。[1]

-h--help

run bundle サブコマンドのヘルプ出力。

  1. restricted セキュリティーコンテキストは、default namespace と互換性がありません。実稼働環境で Operator の Pod セキュリティーアドミッションを設定する場合は、「Pod セキュリティーアドミッションに準拠」を参照してください。Pod セキュリティーアドミッションの詳細は、「Pod セキュリティーアドミッションの理解と管理」を参照してください。

8.2.8. scorecard

operator-sdk scorecard コマンドは、スコアカードツールを実行して Operator バンドルを検証し、改善に向けた提案を提供します。このコマンドは、バンドルイメージまたはマニフェストおよびメタデータを含むディレクトリーのいずれかの引数を取ります。引数がイメージタグを保持する場合は、イメージはリモートに存在する必要があります。

表8.11 scorecard フラグ
フラグ説明

-c, --config (文字列)

スコアカード設定ファイルへのパス。デフォルトのパスは bundle/tests/scorecard/config.yaml です。

-h--help

scorecard コマンドのヘルプ出力。

--kubeconfig (文字列)

kubeconfig ファイルへのパス。

-L, --list

実行可能なテストをリスト表示します。

-n, --namespace (文字列)

テストイメージを実行する namespace。

-o, --output (文字列)

結果の出力形式。使用できる値はデフォルトの text、および json です。

--pod-security <security_context>

指定されたセキュリティーコンテキストでスコアカードを実行するオプション。許可される値には、restricted および legacy が含まれます。デフォルト値は legacy です。[1]

-l, --selector (文字列)

実行されるテストを決定するラベルセレクター。

-s, --service-account (文字列)

テストに使用するサービスアカウント。デフォルト値は default です。

-x, --skip-cleanup

テストの実行後にリソースクリーンアップを無効にします。

-w, --wait-time <duration>

テストが完了するのを待つ秒数 (例: 35s)。デフォルト値は 30s です。

  1. restricted セキュリティーコンテキストは、default namespace と互換性がありません。実稼働環境で Operator の Pod セキュリティーアドミッションを設定する場合は、「Pod セキュリティーアドミッションに準拠」を参照してください。Pod セキュリティーアドミッションの詳細は、「Pod セキュリティーアドミッションの理解と管理」を参照してください。

関連情報

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.