検索

23.2. 追加のネットワークの設定

download PDF

クラスター管理者は、クラスターの追加のネットワークを設定できます。以下のネットワークタイプに対応しています。

23.2.1. 追加のネットワークを管理するためのアプローチ

追加したネットワークのライフサイクルを管理するには、2 つのアプローチがあります。各アプローチは同時に使用できず、追加のネットワークを管理する場合に 1 つのアプローチしか使用できません。いずれの方法でも、追加のネットワークは、お客様が設定した Container Network Interface (CNI) プラグインで管理します。

追加ネットワークの場合には、IP アドレスは、追加ネットワークの一部として設定する IPAM(IP Address Management)CNI プラグインでプロビジョニングされます。IPAM プラグインは、DHCP や静的割り当てなど、さまざまな IP アドレス割り当ての方法をサポートしています。

  • Cluster Network Operator (CNO) の設定を変更する: CNO は自動的に NetworkAttachmentDefinition オブジェクトを作成し、管理します。CNO は、オブジェクトのライフサイクル管理に加えて、DHCP で割り当てられた IP アドレスを使用する追加のネットワークで確実に DHCP が利用できるようにします。
  • YAML マニフェストを適用する: NetworkAttachmentDefinition オブジェクトを作成することで、追加のネットワークを直接管理できます。この方法では、CNI プラグインを連鎖させることができます。
注記

OVN SDN を使用して、Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) に複数のネットワークインターフェイスを持つ OpenShift Container Platform ノードをデプロイすると、セカンダリーインターフェイスの DNS 設定がプライマリーインターフェイスの DNS 設定よりも優先される場合があります。この場合は、セカンダリーインターフェイスに接続されているサブネット ID の DNS ネームサーバーを削除します。

$ openstack subnet set --dns-nameserver 0.0.0.0 <subnet_id>

23.2.2. ネットワーク追加割り当ての設定

追加のネットワークは、k8s.cni.cncf.io API グループの NetworkAttachmentDefinition API を使用して設定されます。

重要

NetworkAttachmentDefinition オブジェクトには、プロジェクト管理ユーザーがアクセスできるので、機密情報やシークレットを保存しないでください。

API の設定については、以下の表で説明されています。

表23.1 NetworkAttachmentDefinition API フィールド
フィールド説明

metadata.name

string

追加のネットワークの名前です。

metadata.namespace

string

オブジェクトが関連付けられる namespace。

spec.config

string

JSON 形式の CNI プラグイン設定。

23.2.2.1. Cluster Network Operator による追加ネットワークの設定

追加のネットワーク割り当ての設定は、Cluster Network Operator (CNO) の設定の一部として指定します。

以下の YAML は、CNO で追加のネットワークを管理するための設定パラメーターを記述しています。

Cluster Network Operator (CNO) の設定

apiVersion: operator.openshift.io/v1
kind: Network
metadata:
  name: cluster
spec:
  # ...
  additionalNetworks: 1
  - name: <name> 2
    namespace: <namespace> 3
    rawCNIConfig: |- 4
      {
        ...
      }
    type: Raw

1
1 つまたは複数の追加ネットワーク設定の配列。
2
作成している追加ネットワーク割り当ての名前。名前は指定された namespace 内で一意である必要があります。
3
ネットワークの割り当てを作成する namespace。値を指定しない場合、default の namespace が使用されます。
4
JSON 形式の CNI プラグイン設定。

23.2.2.2. YAML マニフェストからの追加ネットワークの設定

追加ネットワークの設定は、以下の例のように YAML 設定ファイルから指定します。

apiVersion: k8s.cni.cncf.io/v1
kind: NetworkAttachmentDefinition
metadata:
  name: <name> 1
spec:
  config: |- 2
    {
      ...
    }
1
作成している追加ネットワーク割り当ての名前。
2
JSON 形式の CNI プラグイン設定。

23.2.3. 追加のネットワークタイプの設定

次のセクションでは、追加のネットワークの具体的な設定フィールドについて説明します。

23.2.3.1. ブリッジネットワークの追加設定

以下のオブジェクトは、ブリッジ CNI プラグインの設定パラメーターについて説明しています。

表23.2 Bridge CNI プラグイン JSON 設定オブジェクト
フィールド説明

cniVersion

string

CNI 仕様のバージョン。値 0.3.1 が必要です。

name

string

CNO 設定に以前に指定した name パラメーターの値。

type

string

設定する CNI プラグインの名前: bridge

ipam

object

IPAM CNI プラグインの設定オブジェクト。プラグインは、割り当て定義についての IP アドレスの割り当てを管理します。

bridge

string

オプション: 使用する仮想ブリッジの名前を指定します。ブリッジインターフェイスがホストに存在しない場合は、これが作成されます。デフォルト値は cni0 です。

ipMasq

boolean

オプション: 仮想ネットワークから外すトラフィックの IP マスカレードを有効にするには、true に設定します。すべてのトラフィックの送信元 IP アドレスは、ブリッジの IP アドレスに書き換えられます。ブリッジに IP アドレスがない場合は、この設定は影響を与えません。デフォルト値は false です。

isGateway

boolean

オプション: IP アドレスをブリッジに割り当てるには true に設定します。デフォルト値は false です。

isDefaultGateway

boolean

オプション: ブリッジを仮想ネットワークのデフォルトゲートウェイとして設定するには、true に設定します。デフォルト値は false です。isDefaultGatewaytrue に設定される場合、isGateway も自動的に true に設定されます。

forceAddress

boolean

オプション: 仮想ブリッジの事前に割り当てられた IP アドレスの割り当てを許可するには、true に設定します。false に設定される場合、重複サブセットの IPv4 アドレスまたは IPv6 アドレスが仮想ブリッジに割り当てられるとエラーが発生します。デフォルト値は false です。

hairpinMode

boolean

オプション: 仮想ブリッジが受信時に使用した仮想ポートでイーサネットフレームを送信できるようにするには、true に設定します。このモードは、Reflective Relay (リフレクティブリレー) としても知られています。デフォルト値は false です。

promiscMode

boolean

オプション: ブリッジで無作為検出モード (Promiscuous Mode) を有効にするには、true に設定します。デフォルト値は false です。

vlan

string

オプション: 仮想 LAN (VLAN) タグを整数値として指定します。デフォルトで、VLAN タグは割り当てません。

preserveDefaultVlan

string

オプション: デフォルトの VLAN をブリッジに接続されている veth 側で保持する必要があるか示します。デフォルトは true です。

vlanTrunk

list

オプション: VLAN トランクタグを割り当てます。デフォルト値は none です。

mtu

string

オプション: 最大転送単位 (MTU) を指定された値に設定します。デフォルト値はカーネルによって自動的に設定されます。

enabledad

boolean

オプション: コンテナー側の veth の重複アドレス検出を有効にします。デフォルト値は false です。

macspoofchk

boolean

オプション: MAC スプーフィングチェックを有効にして、コンテナーから発信されるトラフィックをインターフェイスの MAC アドレスに制限します。デフォルト値は false です。

注記

VLAN パラメーターは、veth のホスト側に VLAN タグを設定し、ブリッジインターフェイスで vlan_filtering 機能を有効にします。

注記

L2 ネットワークのアップリンクを設定するには、以下のコマンドを使用してアップリンクインターフェイスで vlan を許可する必要があります。

$  bridge vlan add vid VLAN_ID dev DEV
23.2.3.1.1. ブリッジ設定の例

以下の例では、bridge-net という名前の追加のネットワークを設定します。

{
  "cniVersion": "0.3.1",
  "name": "bridge-net",
  "type": "bridge",
  "isGateway": true,
  "vlan": 2,
  "ipam": {
    "type": "dhcp"
    }
}

23.2.3.2. ホストデバイスの追加ネットワークの設定

注記

devicehwaddrkernelpath、または pciBusID のいずれかのパラメーターを設定してネットワークデバイスを指定します。

以下のオブジェクトは、ホストデバイス CNI プラグインの設定パラメーターについて説明しています。

表23.3 ホストデバイス CNI プラグイン JSON 設定オブジェクト
フィールド説明

cniVersion

string

CNI 仕様のバージョン。値 0.3.1 が必要です。

name

string

CNO 設定に以前に指定した name パラメーターの値。

type

string

設定する CNI プラグインの名前: host-device

device

string

オプション: eth0 などのデバイスの名前。

hwaddr

string

オプション: デバイスハードウェアの MAC アドレス。

kernelpath

string

オプション: /sys/devices/pci0000:00/0000:00:1f.6 などの Linux カーネルデバイス。

pciBusID

string

オプション: 0000:00:1f.6 などのネットワークデバイスの PCI アドレスを指定します。

23.2.3.2.1. ホストデバイス設定例

以下の例では、hostdev-net という名前の追加のネットワークを設定します。

{
  "cniVersion": "0.3.1",
  "name": "hostdev-net",
  "type": "host-device",
  "device": "eth1"
}

23.2.3.3. IPVLAN 追加ネットワークの設定

以下のオブジェクトは、IPVLAN CNI プラグインの設定パラメーターについて説明しています。

表23.4 IPVLAN CNI プラグイン JSON 設定オブジェクト
フィールド説明

cniVersion

string

CNI 仕様のバージョン。値 0.3.1 が必要です。

name

string

CNO 設定に以前に指定した name パラメーターの値。

type

string

設定する CNI プラグインの名前: ipvlan

ipam

object

IPAM CNI プラグインの設定オブジェクト。プラグインは、割り当て定義についての IP アドレスの割り当てを管理します。これは、プラグインが連鎖している場合を除き必要です。

mode

string

オプション: 仮想ネットワークの操作モードを指定します。この値は、l2l3、または l3s である必要があります。デフォルト値は l2 です。

master

string

オプション: ネットワーク割り当てに関連付けるイーサネットインターフェイスを指定します。master が指定されない場合、デフォルトのネットワークルートのインターフェイスが使用されます。

mtu

integer

オプション: 最大転送単位 (MTU) を指定された値に設定します。デフォルト値はカーネルによって自動的に設定されます。

注記
  • ipvlan オブジェクトは、仮想インターフェイスが master インターフェイスと通信することを許可しません。したがって、コンテナーは ipvlan インターフェイスを使用してホストに到達できなくなります。コンテナーが、Precision Time Protocol (PTP) をサポートするネットワークなど、ホストへの接続を提供するネットワークに参加していることを確認してください。
  • 1 つのの master インターフェイスを、macvlanipvlan の両方を使用するように同時に設定することはできません。
  • インターフェイスに依存できない IP 割り当てスキームの場合、ipvlan プラグインは、このロジックを処理する以前のプラグインと連鎖させることができます。master が省略された場合、前の結果にはスレーブにする ipvlan プラグインのインターフェイス名が 1 つ含まれていなければなりません。ipam が省略された場合、ipvlan インターフェイスの設定には前の結果が使用されます。
23.2.3.3.1. IPVLAN 設定例

以下の例では、ipvlan-net という名前の追加のネットワークを設定します。

{
  "cniVersion": "0.3.1",
  "name": "ipvlan-net",
  "type": "ipvlan",
  "master": "eth1",
  "mode": "l3",
  "ipam": {
    "type": "static",
    "addresses": [
       {
         "address": "192.168.10.10/24"
       }
    ]
  }
}

23.2.3.4. MACVLAN 追加ネットワークの設定

以下のオブジェクトは、macvlan CNI プラグインの設定パラメーターについて説明しています。

表23.5 MACVLAN CNI プラグイン JSON 設定オブジェクト
フィールド説明

cniVersion

string

CNI 仕様のバージョン。値 0.3.1 が必要です。

name

string

CNO 設定に以前に指定した name パラメーターの値。

type

string

設定する CNI プラグインの名前: macvlan

ipam

object

IPAM CNI プラグインの設定オブジェクト。プラグインは、割り当て定義についての IP アドレスの割り当てを管理します。

mode

string

オプション: 仮想ネットワークのトラフィックの可視性を設定します。bridgepassthruprivate、または vepa のいずれかである必要があります。値が指定されない場合、デフォルト値は bridge になります。

master

string

オプション: 新しく作成された macvlan インターフェイスに関連付けるホストネットワークインターフェイス。値が指定されていない場合は、デフォルトのルートインターフェイスが使用されます。

mtu

string

オプション: 指定された値への最大転送単位 (MTU)。デフォルト値はカーネルによって自動的に設定されます。

注記

プラグイン設定の master キーを指定する場合は、競合の可能性を回避するために、プライマリーネットワークプラグインに関連付けられているものとは異なる物理ネットワークインターフェイスを使用してください。

23.2.3.4.1. macvlan 設定の例

以下の例では、macvlan-net という名前の追加のネットワークを設定します。

{
  "cniVersion": "0.3.1",
  "name": "macvlan-net",
  "type": "macvlan",
  "master": "eth1",
  "mode": "bridge",
  "ipam": {
    "type": "dhcp"
    }
}

23.2.4. 追加ネットワークの IP アドレス割り当ての設定

IPAM (IP アドレス管理) Container Network Interface (CNI) プラグインは、他の CNI プラグインの IP アドレスを提供します。

以下の IP アドレスの割り当てタイプを使用できます。

  • 静的割り当て。
  • DHCP サーバーを使用した動的割り当て。指定する DHCP サーバーは、追加のネットワークから到達可能である必要があります。
  • Whereabouts IPAM CNI プラグインを使用した動的割り当て。

23.2.4.1. 静的 IP アドレス割り当ての設定

以下の表は、静的 IP アドレスの割り当ての設定について説明しています。

表23.6 ipam 静的設定オブジェクト
フィールド説明

type

string

IPAM のアドレスタイプ。値 static が必要です。

addresses

array

仮想インターフェイスに割り当てる IP アドレスを指定するオブジェクトの配列。IPv4 と IPv6 の IP アドレスの両方がサポートされます。

routes

array

Pod 内で設定するルートを指定するオブジェクトの配列です。

dns

array

オプション: DNS の設定を指定するオブジェクトの配列です。

addressesの配列には、以下のフィールドのあるオブジェクトが必要です。

表23.7 ipam.addresses[] 配列
フィールド説明

address

string

指定する IP アドレスおよびネットワーク接頭辞。たとえば、10.10.21.10/24 を指定すると、追加のネットワークに IP アドレスの 10.10.21.10 が割り当てられ、ネットマスクは 255.255.255.0 になります。

gateway

string

egress ネットワークトラフィックをルーティングするデフォルトのゲートウェイ。

表23.8 ipam.routes[] 配列
フィールド説明

dst

string

CIDR 形式の IP アドレス範囲 (192.168.17.0/24、またはデフォルトルートの 0.0.0.0/0)。

gw

string

ネットワークトラフィックがルーティングされるゲートウェイ。

表23.9 ipam.dns オブジェクト
フィールド説明

nameservers

array

DNS クエリーの送信先となる 1 つ以上の IP アドレスの配列。

domain

array

ホスト名に追加するデフォルトのドメイン。たとえば、ドメインが example.com に設定されている場合、example-host の DNS ルックアップクエリーは example-host.example.com として書き換えられます。

search

array

DNS ルックアップのクエリー時に非修飾ホスト名に追加されるドメイン名の配列 (例: example-host)。

静的 IP アドレス割り当ての設定例

{
  "ipam": {
    "type": "static",
      "addresses": [
        {
          "address": "191.168.1.7/24"
        }
      ]
  }
}

23.2.4.2. 動的 IP アドレス (DHCP) 割り当ての設定

以下の JSON は、DHCP を使用した動的 IP アドレスの割り当ての設定について説明しています。

DHCP リースの更新

Pod は、作成時に元の DHCP リースを取得します。リースは、クラスターで実行している最小限の DHCP サーバーデプロイメントで定期的に更新する必要があります。

DHCP サーバーのデプロイメントをトリガーするには、以下の例にあるように Cluster Network Operator 設定を編集して shim ネットワーク割り当てを作成する必要があります。

shim ネットワーク割り当ての定義例

apiVersion: operator.openshift.io/v1
kind: Network
metadata:
  name: cluster
spec:
  additionalNetworks:
  - name: dhcp-shim
    namespace: default
    type: Raw
    rawCNIConfig: |-
      {
        "name": "dhcp-shim",
        "cniVersion": "0.3.1",
        "type": "bridge",
        "ipam": {
          "type": "dhcp"
        }
      }
  # ...

表23.10 ipam DHCP 設定オブジェクト
フィールド説明

type

string

IPAM のアドレスタイプ。値 dhcp が必要です。

動的 IP アドレス (DHCP) 割り当ての設定例

{
  "ipam": {
    "type": "dhcp"
  }
}

23.2.4.3. Whereabouts を使用した動的 IP アドレス割り当ての設定

Whereabouts CNI プラグインにより、DHCP サーバーを使用せずに IP アドレスを追加のネットワークに動的に割り当てることができます。

以下の表は、Whereabouts を使用した動的 IP アドレス割り当ての設定について説明しています。

表23.11 ipamwhereabouts 設定オブジェクト
フィールド説明

type

string

IPAM のアドレスタイプ。値 whereabouts が必要です。

range

string

IP アドレスと範囲を CIDR 表記。IP アドレスは、この範囲内のアドレスから割り当てられます。

exclude

array

オプション: CIDR 表記の IP アドレスと範囲 (0 個以上) のリスト。除外されたアドレス範囲内の IP アドレスは割り当てられません。

Whereabouts を使用する動的 IP アドレス割り当ての設定例

{
  "ipam": {
    "type": "whereabouts",
    "range": "192.0.2.192/27",
    "exclude": [
       "192.0.2.192/30",
       "192.0.2.196/32"
    ]
  }
}

23.2.4.4. Whereabouts reconciler デーモンセットの作成

Whereabouts reconciler は、Whereabouts IP アドレス管理 (IPAM) ソリューションを使用して、クラスター内の Pod の動的 IP アドレス割り当てを管理します。これにより、各 Pod が指定された IP アドレス範囲から一意の IP アドレスを確実に取得します。また、Pod が削除またはスケールダウンされた場合の IP アドレスの解放も処理します。

注記

NetworkAttachmentDefinition カスタムリソースを使用して動的 IP アドレスを割り当てることもできます。

Whereabouts reconciler デーモンセットは、Cluster Network Operator を通じて追加のネットワークを設定するときに自動的に作成されます。YAML マニフェストから追加のネットワークを設定する場合、これは自動的には作成されません。

Whereabouts reconciler デーモンセットのデプロイメントをトリガーするには、Cluster Network Operator のカスタムリソースファイルを編集して、Whereabouts-shim ネットワーク割り当てを手動で作成する必要があります。

Whereabouts reconciler デーモンセットをデプロイするには、次の手順を使用します。

手順

  1. 以下のコマンドを実行して、Network.operator.openshift.io カスタムリソース (CR) を編集します。

    $ oc edit network.operator.openshift.io cluster
  2. CR の AdditionalNetworks パラメーターを変更して、whereabouts-shim ネットワーク割り当て定義を追加します。以下に例を示します。

    apiVersion: operator.openshift.io/v1
    kind: Network
    metadata:
      name: cluster
    spec:
      additionalNetworks:
      - name: whereabouts-shim
        namespace: default
        rawCNIConfig: |-
          {
           "name": "whereabouts-shim",
           "cniVersion": "0.3.1",
           "type": "bridge",
           "ipam": {
             "type": "whereabouts"
           }
          }
        type: Raw
  3. ファイルを保存し、テキストエディターを編集します。
  4. 次のコマンドを実行して、whereabouts-reconciler デーモンセットが正常にデプロイされたことを確認します。

    $ oc get all -n openshift-multus | grep whereabouts-reconciler

    出力例

    pod/whereabouts-reconciler-jnp6g 1/1 Running 0 6s
    pod/whereabouts-reconciler-k76gg 1/1 Running 0 6s
    pod/whereabouts-reconciler-k86t9 1/1 Running 0 6s
    pod/whereabouts-reconciler-p4sxw 1/1 Running 0 6s
    pod/whereabouts-reconciler-rvfdv 1/1 Running 0 6s
    pod/whereabouts-reconciler-svzw9 1/1 Running 0 6s
    daemonset.apps/whereabouts-reconciler 6 6 6 6 6 kubernetes.io/os=linux 6s

23.2.5. Cluster Network Operator による追加ネットワーク割り当ての作成

Cluster Network Operator (CNO) は追加ネットワークの定義を管理します。作成する追加ネットワークを指定する場合、CNO は NetworkAttachmentDefinition オブジェクトを自動的に作成します。

重要

Cluster Network Operator が管理する NetworkAttachmentDefinition オブジェクトは編集しないでください。これを実行すると、追加ネットワークのネットワークトラフィックが中断する可能性があります。

前提条件

  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。
  • cluster-admin 権限を持つユーザーとしてログインします。

手順

  1. オプション: 追加のネットワークの namespace を作成します。

    $ oc create namespace <namespace_name>
  2. CNO 設定を編集するには、以下のコマンドを入力します。

    $ oc edit networks.operator.openshift.io cluster
  3. 以下のサンプル CR のように、作成される追加ネットワークの設定を追加して、作成している CR を変更します。

    apiVersion: operator.openshift.io/v1
    kind: Network
    metadata:
      name: cluster
    spec:
      # ...
      additionalNetworks:
      - name: tertiary-net
        namespace: namespace2
        type: Raw
        rawCNIConfig: |-
          {
            "cniVersion": "0.3.1",
            "name": "tertiary-net",
            "type": "ipvlan",
            "master": "eth1",
            "mode": "l2",
            "ipam": {
              "type": "static",
              "addresses": [
                {
                  "address": "192.168.1.23/24"
                }
              ]
            }
          }
  4. 変更を保存し、テキストエディターを終了して、変更をコミットします。

検証

  • 以下のコマンドを実行して、CNO が NetworkAttachmentDefinition オブジェクトを作成していることを確認します。CNO がオブジェクトを作成するまでに遅延が生じる可能性があります。

    $ oc get network-attachment-definitions -n <namespace>

    ここでは、以下のようになります。

    <namespace>
    CNO の設定に追加したネットワーク割り当ての namespace を指定します。

    出力例

    NAME                 AGE
    test-network-1       14m

23.2.6. YAML マニフェストを適用した追加のネットワーク割り当ての作成

前提条件

  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。
  • cluster-admin 権限を持つユーザーとしてログインします。

手順

  1. 以下の例のように、追加のネットワーク設定を含む YAML ファイルを作成します。

    apiVersion: k8s.cni.cncf.io/v1
    kind: NetworkAttachmentDefinition
    metadata:
      name: next-net
    spec:
      config: |-
        {
          "cniVersion": "0.3.1",
          "name": "work-network",
          "type": "host-device",
          "device": "eth1",
          "ipam": {
            "type": "dhcp"
          }
        }
  2. 追加のネットワークを作成するには、次のコマンドを入力します。

    $ oc apply -f <file>.yaml

    ここでは、以下のようになります。

    <file>
    YAML マニフェストを含むファイルの名前を指定します。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.