検索

27.2. セキュリティー保護されたルート

download PDF

セキュアなルートは、複数の TLS 終端タイプを使用してクライアントに証明書を提供できます。以下のセクションでは、カスタム証明書を使用して re-encrypt、edge、および passthrough ルートを作成する方法を説明します。

重要

パブリックエンドポイントを使用して Microsoft Azure にルートを作成する場合、リソース名は制限されます。特定の用語を使用するリソースを作成することはできません。Azure が制限する語のリストは、Azure ドキュメントの Resolve reserved resource name errors を参照してください。

27.2.1. カスタム証明書を使用した re-encrypt ルートの作成

oc create route コマンドを使用し、カスタム証明書と共に reencrypt TLS termination を使用してセキュアなルートを設定できます。

前提条件

  • PEM エンコードされたファイルに証明書/キーのペアが必要です。ここで、証明書はルートホストに対して有効となっています。
  • 証明書チェーンを完了する PEM エンコードされたファイルの別の CA 証明書が必要です。
  • PEM エンコードされたファイルの別の宛先 CA 証明書が必要です。
  • 公開する必要のあるサービスが必要です。
注記

パスワードで保護されるキーファイルはサポートされません。キーファイルからパスフレーズを削除するには、以下のコマンドを使用します。

$ openssl rsa -in password_protected_tls.key -out tls.key

手順

この手順では、カスタム証明書および reencrypt TLS termination を使用して Route リソースを作成します。以下では、証明書/キーのペアが現在の作業ディレクトリーの tls.crt および tls.key ファイルにあることを前提としています。また、Ingress Controller がサービスの証明書を信頼できるように宛先 CA 証明書を指定する必要もあります。必要な場合には、証明書チェーンを完了するために CA 証明書を指定することもできます。tls.crttls.keycacert.crt、および (オプションで) ca.crt を実際のパス名に置き換えます。frontend を、公開する必要のある Service リソースに置き換えます。www.example.com を適切な名前に置き換えます。

  • reencrypt TLS 終端およびカスタム証明書を使用してセキュアな Route リソースを作成します。

    $ oc create route reencrypt --service=frontend --cert=tls.crt --key=tls.key --dest-ca-cert=destca.crt --ca-cert=ca.crt --hostname=www.example.com

    結果として生成される Route リソースを検査すると、以下のようになります。

    セキュアなルートの YAML 定義

    apiVersion: route.openshift.io/v1
    kind: Route
    metadata:
      name: frontend
    spec:
      host: www.example.com
      to:
        kind: Service
        name: frontend
      tls:
        termination: reencrypt
        key: |-
          -----BEGIN PRIVATE KEY-----
          [...]
          -----END PRIVATE KEY-----
        certificate: |-
          -----BEGIN CERTIFICATE-----
          [...]
          -----END CERTIFICATE-----
        caCertificate: |-
          -----BEGIN CERTIFICATE-----
          [...]
          -----END CERTIFICATE-----
        destinationCACertificate: |-
          -----BEGIN CERTIFICATE-----
          [...]
          -----END CERTIFICATE-----

    他のオプションについては、oc create route reencrypt --help を参照してください。

27.2.2. カスタム証明書を使用した edge ルートの作成

oc create route コマンドを使用し、edge TLS termination とカスタム証明書を使用してセキュアなルートを設定できます。edge ルートの場合、Ingress Controller は、トラフィックを宛先 Pod に転送する前に TLS 暗号を終了します。ルートは、Ingress Controller がルートに使用する TLS 証明書およびキーを指定します。

前提条件

  • PEM エンコードされたファイルに証明書/キーのペアが必要です。ここで、証明書はルートホストに対して有効となっています。
  • 証明書チェーンを完了する PEM エンコードされたファイルの別の CA 証明書が必要です。
  • 公開する必要のあるサービスが必要です。
注記

パスワードで保護されるキーファイルはサポートされません。キーファイルからパスフレーズを削除するには、以下のコマンドを使用します。

$ openssl rsa -in password_protected_tls.key -out tls.key

手順

この手順では、カスタム証明書および edge TLS termination を使用して Route リソースを作成します。以下では、証明書/キーのペアが現在の作業ディレクトリーの tls.crt および tls.key ファイルにあることを前提としています。必要な場合には、証明書チェーンを完了するために CA 証明書を指定することもできます。tls.crttls.key、および (オプションで) ca.crt を実際のパス名に置き換えます。frontend を、公開する必要のあるサービスの名前に置き換えます。www.example.com を適切な名前に置き換えます。

  • edge TLS termination およびカスタム証明書を使用して、セキュアな Route リソースを作成します。

    $ oc create route edge --service=frontend --cert=tls.crt --key=tls.key --ca-cert=ca.crt --hostname=www.example.com

    結果として生成される Route リソースを検査すると、以下のようになります。

    セキュアなルートの YAML 定義

    apiVersion: route.openshift.io/v1
    kind: Route
    metadata:
      name: frontend
    spec:
      host: www.example.com
      to:
        kind: Service
        name: frontend
      tls:
        termination: edge
        key: |-
          -----BEGIN PRIVATE KEY-----
          [...]
          -----END PRIVATE KEY-----
        certificate: |-
          -----BEGIN CERTIFICATE-----
          [...]
          -----END CERTIFICATE-----
        caCertificate: |-
          -----BEGIN CERTIFICATE-----
          [...]
          -----END CERTIFICATE-----

    他のオプションについては、oc create route edge --help を参照してください。

27.2.3. passthrough ルートの作成

oc create route コマンドを使用し、passthrough termination を使用してセキュアなルートを設定できます。passthrough termination では、暗号化されたトラフィックが TLS 終端を提供するルーターなしに宛先に直接送信されます。そのため、ルートでキーや証明書は必要ありません。

前提条件

  • 公開する必要のあるサービスが必要です。

手順

  • Route リソースを作成します。

    $ oc create route passthrough route-passthrough-secured --service=frontend --port=8080

    結果として生成される Route リソースを検査すると、以下のようになります。

    passthrough termination を使用したセキュリティー保護されたルート

    apiVersion: route.openshift.io/v1
    kind: Route
    metadata:
      name: route-passthrough-secured 1
    spec:
      host: www.example.com
      port:
        targetPort: 8080
      tls:
        termination: passthrough 2
        insecureEdgeTerminationPolicy: None 3
      to:
        kind: Service
        name: frontend

    1
    オブジェクトの名前で、63 文字に制限されます。
    2
    termination フィールドを passthrough に設定します。これは、必要な唯一の tls フィールドです。
    3
    オプションの insecureEdgeTerminationPolicy。唯一有効な値は NoneRedirect、または空の値です (無効にする場合)。

    宛先 Pod は、エンドポイントでトラフィックに証明書を提供します。これは、必須となるクライアント証明書をサポートするための唯一の方法です (相互認証とも呼ばれる)。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.