検索

5.3. OpenShift Pipelines tkn リファレンス

download PDF

このセクションでは、基本的な tkn CLI コマンドのリストを紹介します。

5.3.1. 基本的な構文

tkn [command or options] [arguments…​]

5.3.2. グローバルオプション

--help, -h

5.3.3. ユーティリティーコマンド

5.3.3.1. tkn

tkn CLI の親コマンド。

例: すべてのオプションの表示

$ tkn

5.3.3.2. completion [shell]

インタラクティブな補完を提供するために評価する必要があるシェル補完コードを出力します。サポートされるシェルは bash および zsh です。

例: bash シェルの補完コード

$ tkn completion bash

5.3.3.3. version

tkn CLI のバージョン情報を出力します。

例: tkn バージョンの確認

$ tkn version

5.3.4. Pipelines 管理コマンド

5.3.4.1. パイプライン

Pipeline を管理します。

例: ヘルプの表示

$ tkn pipeline --help

5.3.4.2. pipeline delete

Pipeline を削除します。

例: namespace から mypipeline Pipeline を削除します。

$ tkn pipeline delete mypipeline -n myspace

5.3.4.3. pipeline describe

Pipeline を記述します。

例: mypipeline Pipeline を記述します。

$ tkn pipeline describe mypipeline

5.3.4.4. pipeline list

Pipeline のリストを表示します。

例: Pipeline のリストを表示します。

$ tkn pipeline list

5.3.4.5. pipeline logs

特定の Pipeline のログを表示します。

例: mypipeline Pipeline のライブログのストリーミング

$ tkn pipeline logs -f mypipeline

5.3.4.6. pipeline start

Pipeline を起動します。

例: mypipeline Pipeline を起動します。

$ tkn pipeline start mypipeline

5.3.5. Pipeline 実行コマンド

5.3.5.1. pipelinerun

Pipeline 実行を管理します。

例: ヘルプの表示

$ tkn pipelinerun -h

5.3.5.2. pipelinerun cancel

Pipeline 実行をキャンセルします。

例: namespace からの mypipelinerun Pipeline 実行を取り消します。

$ tkn pipelinerun cancel mypipelinerun -n myspace

5.3.5.3. pipelinerun delete

Pipeline 実行を削除します。

例: namespace からの Pipeline 実行を削除します。

$ tkn pipelinerun delete mypipelinerun1 mypipelinerun2 -n myspace

例: 最近実行された 5 つの Pipeline 実行を除き、namespace からすべての Pipeline 実行を削除します。

$ tkn pipelinerun delete -n myspace --keep 5 1

1
5 を、保持する最近実行された Pipeline 実行の数に置き換えます。

例: すべての Pipeline を削除します。

$ tkn pipelinerun delete --all

注記

Red Hat OpenShift Pipelines 1.6 以降では、tkn pipelinerun delete --all コマンドは、running 状態のリソースを削除しません。

5.3.5.4. pipelinerun describe

Pipeline 実行を記述します。

例: namespace での mypipelinerun Pipeline 実行を記述します。

$ tkn pipelinerun describe mypipelinerun -n myspace

5.3.5.5. pipelinerun list

Pipeline 実行をリスト表示します。

例: namespace での Pipeline 実行のリストを表示します。

$ tkn pipelinerun list -n myspace

5.3.5.6. pipelinerun logs

Pipeline 実行のログを表示します。

例: namespace のすべてのタスクおよび手順を含む mypipelinerun Pipeline 実行のログを表示します。

$ tkn pipelinerun logs mypipelinerun -a -n myspace

5.3.6. タスク管理コマンド

5.3.6.1. task

タスクを管理します。

例: ヘルプの表示

$ tkn task -h

5.3.6.2. task delete

タスクを削除します。

例: namespace からの mytask1 および mytask2 タスクを削除します。

$ tkn task delete mytask1 mytask2 -n myspace

5.3.6.3. task describe

タスクを記述します。

例: namespace の mytask タスクを記述します。

$ tkn task describe mytask -n myspace

5.3.6.4. task list

タスクをリスト表示します。

例: namespace のすべてのタスクをリスト表示します。

$ tkn task list -n myspace

5.3.6.5. task logs

タスクログを表示します。

例: mytask タスクの mytaskrun タスク実行のログを表示します。

$ tkn task logs mytask mytaskrun -n myspace

5.3.6.6. task start

タスクを開始します。

例: namespace の mytask タスクを開始します。

$ tkn task start mytask -s <ServiceAccountName> -n myspace

5.3.7. タスク実行コマンド

5.3.7.1. taskrun

タスク実行を管理します。

例: ヘルプの表示

$ tkn taskrun -h

5.3.7.2. taskrun cancel

タスク実行をキャンセルします。

例: namespace からの mytaskrun タスク実行を取り消します。

$ tkn taskrun cancel mytaskrun -n myspace

5.3.7.3. taskrun delete

TaskRun を削除します。

例: namespace からの mytaskrun1 および mytaskrun2 タスク実行を削除します。

$ tkn taskrun delete mytaskrun1 mytaskrun2 -n myspace

例: namespace から最近実行された 5 つのタスク以外のすべてのタスクを削除します。

$ tkn taskrun delete -n myspace --keep 5 1

1
5 を、保持する最近実行したタスク実行の数に置き換えます。

5.3.7.4. taskrun describe

タスク実行を記述します。

例: namespace での mytaskrun タスク実行を記述します。

$ tkn taskrun describe mytaskrun -n myspace

5.3.7.5. taskrun list

タスク実行をリスト表示します。

例: namespace のすべてのタスク実行をリスト表示します。

$ tkn taskrun list -n myspace

5.3.7.6. taskrun logs

タスク実行ログを表示します。

例: namespace での mytaskrun タスク実行のライブログを表示します。

$ tkn taskrun logs -f mytaskrun -n myspace

5.3.8. 条件管理コマンド

5.3.8.1. condition

条件を管理します。

例: ヘルプの表示

$ tkn condition --help

5.3.8.2. condition delete

条件を削除します。

例: namespace からの mycondition1 条件の削除

$ tkn condition delete mycondition1 -n myspace

5.3.8.3. condition describe

条件を記述します。

例: namespace での mycondition1 条件の記述

$ tkn condition describe mycondition1 -n myspace

5.3.8.4. condition list

条件をリスト表示します。

例: namespace での条件のリスト表示

$ tkn condition list -n myspace

5.3.9. Pipeline リソース管理コマンド

5.3.9.1. resource

Pipeline リソースを管理します。

例: ヘルプの表示

$ tkn resource -h

5.3.9.2. resource create

Pipeline リソースを作成します。

例: namespace での Pipeline リソースの作成

$ tkn resource create -n myspace

これは、リソースの名前、リソースのタイプ、およびリソースのタイプに基づく値の入力を要求するインタラクティブなコマンドです。

5.3.9.3. resource delete

Pipeline リソースを削除します。

例: namespace から myresource Pipeline リソースを削除します。

$ tkn resource delete myresource -n myspace

5.3.9.4. resource describe

Pipeline リソースを記述します。

例: myresource Pipeline リソースの記述

$ tkn resource describe myresource -n myspace

5.3.9.5. resource list

Pipeline リソースをリスト表示します。

例: namespace のすべての Pipeline リソースのリスト表示

$ tkn resource list -n myspace

5.3.10. ClusterTask 管理コマンド

重要

Red Hat OpenShift Pipelines 1.10 では、tkn コマンドラインユーティリティーの ClusterTask 機能が非推奨になり、将来のリリースで削除される予定です。

5.3.10.1. clustertask

ClusterTask を管理します。

例: ヘルプの表示

$ tkn clustertask --help

5.3.10.2. clustertask delete

クラスターの ClusterTask リソースを削除します。

例: mytask1 および mytask2 ClusterTask の削除

$ tkn clustertask delete mytask1 mytask2

5.3.10.3. clustertask describe

ClusterTask を記述します。

例: mytask ClusterTask の記述

$ tkn clustertask describe mytask1

5.3.10.4. clustertask list

ClusterTask をリスト表示します。

例: ClusterTask のリスト表示

$ tkn clustertask list

5.3.10.5. clustertask start

ClusterTask を開始します。

例: mytask ClusterTask の開始

$ tkn clustertask start mytask

5.3.11. 管理コマンドのトリガー

5.3.11.1. eventlistener

EventListener を管理します。

例: ヘルプの表示

$ tkn eventlistener -h

5.3.11.2. eventlistener delete

EventListener を削除します。

例: namespace の mylistener1 および mylistener2 EventListener の削除

$ tkn eventlistener delete mylistener1 mylistener2 -n myspace

5.3.11.3. eventlistener describe

EventListener を記述します。

例: namespace の mylistener EventListener の記述

$ tkn eventlistener describe mylistener -n myspace

5.3.11.4. eventlistener list

EventListener をリスト表示します。

例: namespace のすべての EventListener の一覧表示

$ tkn eventlistener list -n myspace

5.3.11.5. eventlistener ログ

EventListener のログを表示します。

例: namespace の mylistener EventListener のログ表示

$ tkn eventlistener logs mylistener -n myspace

5.3.11.6. triggerbinding

TriggerBinding を管理します。

例: TriggerBindings ヘルプの表示

$ tkn triggerbinding -h

5.3.11.7. triggerbinding delete

TriggerBinding を削除します。

例: namespace の mybinding1 および mybinding2 TriggerBinding の削除

$ tkn triggerbinding delete mybinding1 mybinding2 -n myspace

5.3.11.8. triggerbinding describe

TriggerBinding を記述します。

例: namespace の mybinding TriggerBinding の記述

$ tkn triggerbinding describe mybinding -n myspace

5.3.11.9. triggerbinding list

TriggerBinding をリスト表示します。

例: namespace のすべての TriggerBinding のリスト表示

$ tkn triggerbinding list -n myspace

5.3.11.10. triggertemplate

TriggerTemplate を管理します。

例: TriggerTemplate ヘルプの表示

$ tkn triggertemplate -h

5.3.11.11. triggertemplate delete

TriggerTemplate を削除します。

例: namespace の mytemplate1 および mytemplate2 TriggerTemplate の削除

$ tkn triggertemplate delete mytemplate1 mytemplate2 -n `myspace`

5.3.11.12. triggertemplate describe

TriggerTemplate を記述します。

例: namespace の mytemplate TriggerTemplate の記述

$ tkn triggertemplate describe mytemplate -n `myspace`

5.3.11.13. triggertemplate list

TriggerTemplate をリスト表示します。

例: namespace のすべての TriggerTemplate のリスト表示

$ tkn triggertemplate list -n myspace

5.3.11.14. clustertriggerbinding

ClusterTriggerBinding を管理します。

例: ClusterTriggerBinding のヘルプの表示

$ tkn clustertriggerbinding -h

5.3.11.15. clustertriggerbinding delete

ClusterTriggerBinding を削除します。

例: myclusterbinding1 および myclusterbinding2 ClusterTriggerBinding の削除

$ tkn clustertriggerbinding delete myclusterbinding1 myclusterbinding2

5.3.11.16. clustertriggerbinding describe

ClusterTriggerBinding を記述します。

例: myclusterbinding ClusterTriggerBinding の記述

$ tkn clustertriggerbinding describe myclusterbinding

5.3.11.17. clustertriggerbinding list

ClusterTriggerBinding のリストを表示します。

例: すべての ClusterTriggerBinding の一覧表示

$ tkn clustertriggerbinding list

5.3.12. hub 対話コマンド

タスクやパイプラインなど、リソースの Tekton Hub と対話します。

5.3.12.1. hub

ハブと対話します。

例: ヘルプの表示

$ tkn hub -h

例: ハブ API サーバーとの対話

$ tkn hub --api-server https://api.hub.tekton.dev

注記

それぞれの例で、対応するサブコマンドとフラグを取得するには、tkn hub <command> --help を実行します。

5.3.12.2. hub downgrade

インストール済みのリソースをダウングレードします。

例: mynamespace namespace の mytask タスクを古いバージョンにダウングレードします。

$ tkn hub downgrade task mytask --to version -n mynamespace

5.3.12.3. hub get

名前、種類、カタログ、およびバージョン別に、リソースマニフェストを取得します。

例: tekton カタログからの特定バージョンの myresource Pipeline またはタスクのマニフェスト取得

$ tkn hub get [pipeline | task] myresource --from tekton --version version

5.3.12.4. hub info

名前、種類、カタログ、およびバージョン別に、リソースに関する情報を表示します。

例: tekton カタログからの特定バージョンの mytask タスクについての情報表示

$ tkn hub info task mytask --from tekton --version version

5.3.12.5. hub install

種類、名前、バージョンごとにカタログからのリソースをインストールします。

例: mynamespace namespace の tekton カタログから mytask タスクの特定のバージョンのインストール

$ tkn hub install task mytask --from tekton --version version -n mynamespace

5.3.12.6. hub reinstall

種類および名前ごとにリソースを再インストールします。

例: mynamespace namespace の tekton カタログから mytask タスクの特定のバージョンの再インストール

$ tkn hub reinstall task mytask --from tekton --version version -n mynamespace

5.3.12.8. hub upgrade

インストール済みのリソースをアップグレードします。

例: mynamespace namespace のインストールされた mytask タスクの新規バージョンへのアップグレード

$ tkn hub upgrade task mytask --to version -n mynamespace

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.