検索

6.3. ユーザー定義のアラートルーティング用の個別の Alertmanager インスタンスの有効化

download PDF

クラスターによっては、ユーザー定義のプロジェクト用に専用の Alertmanager インスタンスをデプロイする必要がある場合があります。これは、デフォルトのプラットフォーム Alertmanager インスタンスの負荷を軽減するのに役立ちます。また、デフォルトのプラットフォームアラートとユーザー定義のアラートを分離することができます。このような場合、必要に応じて、Alertmanager の別のインスタンスを有効にして、ユーザー定義のプロジェクトのみにアラートを送信できます。

前提条件

  • cluster-admin クラスターロールを持つユーザーとしてクラスターにアクセスできる。
  • ユーザー定義プロジェクトのモニタリングが有効化されている。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。

手順

  1. user-workload-monitoring-config ConfigMap オブジェクトを編集します。

    $ oc -n openshift-user-workload-monitoring edit configmap user-workload-monitoring-config
  2. data/config.yaml の下にある alertmanager セクションに enabled: true および enableAlertmanagerConfig: true を追加します。

    apiVersion: v1
    kind: ConfigMap
    metadata:
      name: user-workload-monitoring-config
      namespace: openshift-user-workload-monitoring
    data:
      config.yaml: |
        alertmanager:
          enabled: true 1
          enableAlertmanagerConfig: true 2
    1
    enabled の値を true に設定して、クラスター内のユーザー定義プロジェクトの Alertmanager の専用インスタンスを有効にします。値を false に設定するか、キーを完全に省略してユーザー定義プロジェクトの Alertmanager を無効にします。この値を false に設定した場合や、キーを省略すると、ユーザー定義のアラートはデフォルトのプラットフォーム Alertmanager インスタンスにルーティングされます。
    2
    enableAlertmanagerConfig 値を true に設定して、ユーザーが AlertmanagerConfig オブジェクトで独自のアラートルーティング設定を定義できるようにします。
  3. 変更を適用するためにファイルを保存します。ユーザー定義プロジェクトの Alertmanager の専用インスタンスが自動的に起動します。

検証

  • user-workload Alertmanager インスタンスが起動していることを確認します。

    # oc -n openshift-user-workload-monitoring get alertmanager

    出力例

    NAME            VERSION   REPLICAS   AGE
    user-workload   0.24.0    2          100s

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.