検索

6.13. インフラストラクチャーノードの作成

download PDF
重要

高度なマシン管理およびスケーリング機能は、Machine API が動作しているクラスターでのみ使用できます。user-provisioned infrastructure を持つクラスターでは、Machine API を使用するために追加の検証と設定が必要です。

インフラストラクチャープラットフォームタイプが none のクラスターでは、Machine API を使用できません。この制限は、クラスターに接続されている計算マシンが、この機能をサポートするプラットフォームにインストールされている場合でも適用されます。このパラメーターは、インストール後に変更することはできません。

クラスターのプラットフォームタイプを表示するには、以下のコマンドを実行します。

$ oc get infrastructure cluster -o jsonpath='{.status.platform}'

インフラストラクチャーマシンセットを使用して、デフォルトのルーター、統合コンテナーイメージレジストリー、およびクラスターメトリクスおよびモニタリングのコンポーネントなどのインフラストラクチャーコンポーネントのみをホストするマシンを作成できます。これらのインフラストラクチャーマシンは、環境の実行に必要なサブスクリプションの合計数にカウントされません。

実稼働デプロイメントでは、インフラストラクチャーコンポーネントを保持するために 3 つ以上のマシンセットをデプロイすることが推奨されます。OpenShift Logging と Red Hat OpenShift Service Mesh の両方が Elasticsearch をデプロイします。これには、3 つのインスタンスを異なるノードにインストールする必要があります。これらの各ノードは、高可用性のために異なるアベイラビリティーゾーンにデプロイできます。この設定には、可用性ゾーンごとに 1 つずつ、合計 3 つの異なるマシンセットが必要です。複数のアベイラビリティーゾーンを持たないグローバル Azure リージョンでは、アベイラビリティーセットを使用して高可用性を確保できます。

注記

インフラストラクチャーノードに NoSchedule テイントを追加すると、そのノードで実行されている既存の DNS Pod は misscheduled としてマークされます。misscheduled DNS Pod に対する容認の追加 または削除を行う必要があります。

6.13.1. OpenShift Container Platform インフラストラクチャーコンポーネント

セルフマネージド Red Hat OpenShift の各サブスクリプションには、OpenShift Container Platform とその他の OpenShift 関連コンポーネントのエンタイトルメントが含まれています。これらのエンタイトルメントは、OpenShift Container Platform のコントロールプレーンおよびインフラストラクチャーのワークロードを実行するために含まれています。サイジング時にこれらのエンタイトルメントを考慮する必要はありません。

インフラストラクチャーノードとしての要件を満たし、含まれるエンタイトルメントを使用するには、(エンドユーザーのアプリケーションに含まれない) クラスターをサポートするコンポーネントだけを、それらのインスタンス上で実行します。たとえば、次のコンポーネントがあります。

  • Kubernetes および OpenShift Container Platform コントロールプレーンサービス
  • デフォルトルーター
  • 統合コンテナーイメージレジストリー
  • HAProxy ベースの Ingress Controller
  • ユーザー定義プロジェクトのモニタリング用のコンポーネントを含む、クラスターメトリクスの収集またはモニタリングサービス
  • クラスター集計ロギング
  • Red Hat Quay
  • Red Hat OpenShift Data Foundation
  • Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes
  • Kubernetes 用 Red Hat Advanced Cluster Security
  • Red Hat OpenShift GitOps
  • Red Hat OpenShift Pipelines
  • Red Hat OpenShift Service Mesh

他のコンテナー、Pod またはコンポーネントを実行するノードは、サブスクリプションが適用される必要のあるワーカーノードです。

インフラストラクチャーノードおよびインフラストラクチャーノードで実行できるコンポーネントの詳細は、OpenShift sizing and subscription guide for enterprise Kubernetes の「Red Hat OpenShift control plane and infrastructure nodes」セクションを参照してください。

インフラストラクチャーノードを作成するには、マシンセットを使用する か、ノードにラベル を付けるか、マシン設定プールを使用 します。

6.13.1.1. 専用インフラストラクチャーノードの作成

重要

installer-provisioned infrastructure 環境またはコントロールプレーンノードがマシン API によって管理されているクラスターについて、Creating infrastructure machine set を参照してください。

クラスターの要件により、インフラストラクチャー ( infra ノードとも呼ばれる) がプロビジョニングされます。インストーラーは、コントロールプレーンノードとワーカーノードのプロビジョニングのみを提供します。ワーカーノードは、ラベル付けによって、インフラストラクチャーノードまたはアプリケーション (app とも呼ばれる) として指定できます。

手順

  1. アプリケーションノードとして機能させるワーカーノードにラベルを追加します。

    $ oc label node <node-name> node-role.kubernetes.io/app=""
  2. インフラストラクチャーノードとして機能する必要のあるワーカーノードにラベルを追加します。

    $ oc label node <node-name> node-role.kubernetes.io/infra=""
  3. 該当するノードに infra ロールおよび app ロールがあるかどうかを確認します。

    $ oc get nodes
  4. デフォルトのクラスタースコープのセレクターを作成するには、以下を実行します。デフォルトのノードセレクターはすべての namespace で作成された Pod に適用されます。これにより、Pod の既存のノードセレクターとの交差が作成され、Pod のセレクターをさらに制限します。

    重要

    デフォルトのノードセレクターのキーが Pod のラベルのキーと競合する場合、デフォルトのノードセレクターは適用されません。

    ただし、Pod がスケジュール対象外になる可能性のあるデフォルトノードセレクターを設定しないでください。たとえば、Pod のラベルが node-role.kubernetes.io/master="" などの別のノードロールに設定されている場合、デフォルトのノードセレクターを node-role.kubernetes.io/infra="" などの特定のノードロールに設定すると、Pod がスケジュール不能になる可能性があります。このため、デフォルトのノードセレクターを特定のノードロールに設定する際には注意が必要です。

    または、プロジェクトノードセレクターを使用して、クラスター全体でのノードセレクターの競合を避けることができます。

    1. Scheduler オブジェクトを編集します。

      $ oc edit scheduler cluster
    2. 適切なノードセレクターと共に defaultNodeSelector フィールドを追加します。

      apiVersion: config.openshift.io/v1
      kind: Scheduler
      metadata:
        name: cluster
      spec:
        defaultNodeSelector: node-role.kubernetes.io/infra="" 1
      # ...
      1
      この例のノードセレクターは、デフォルトでインフラストラクチャーノードに Pod をデプロイします。
    3. 変更を適用するためにファイルを保存します。

これで、インフラストラクチャーリソースを新しくラベル付けされた infra ノードに移動できます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.