検索

2.3. 一時ストレージ管理

download PDF

クラスター管理者は、非終了状態のすべての Pod の一時ストレージに対して制限範囲や一時ストレージの要求数を定義するクォータを設定することで、プロジェクト内で一時ストレージを管理できます。開発者は Pod およびコンテナーのレベルで、このコンピュートリソースの要求および制限を設定することもできます。

要求と制限を指定することで、ローカルの一時ストレージを管理できます。Pod 内の各コンテナーは、以下を指定できます。

  • spec.containers[].resources.limits.ephemeral-storage
  • spec.containers[].resources.requests.ephemeral-storage

一時ストレージの制限と要求は、バイト単位で測定されます。ストレージは、E、P、T、G、M、k のいずれかの接尾辞を使用して、単純な整数または固定小数点数として表すことができます。Ei、Pi、Ti、Gi、Mi、Ki の 2 のべき乗も使用できます。たとえば、128974848、129e6、129M、および 123Mi はすべてほぼ同じ値を表します。接尾辞の大文字と小文字は区別する必要があります。400m の一時ストレージを指定すると、おそらく意図されたものであろう 400 メビバイト (400Mi) または 400 メガバイト (400M) ではなく、0.4 バイトが要求されます。

次の例は、2 つのコンテナーを持つ Pod を示しています。各コンテナーは、2GiB のローカル一時ストレージを要求します。各コンテナーには、4GiB のローカル一時ストレージの制限があります。したがって、Pod には 4GiB のローカル一時ストレージの要求と、8GiB のローカル一時ストレージの制限があります。

apiVersion: v1
kind: Pod
metadata:
  name: frontend
spec:
  containers:
  - name: app
    image: images.my-company.example/app:v4
    resources:
      requests:
        ephemeral-storage: "2Gi" 1
      limits:
        ephemeral-storage: "4Gi" 2
    volumeMounts:
    - name: ephemeral
      mountPath: "/tmp"
  - name: log-aggregator
    image: images.my-company.example/log-aggregator:v6
    resources:
      requests:
        ephemeral-storage: "2Gi" 3
    volumeMounts:
    - name: ephemeral
      mountPath: "/tmp"
  volumes:
    - name: ephemeral
      emptyDir: {}
1 3
ローカル一時ストレージの要求。
2
ローカル一時ストレージの制限。

Pod 仕様のこの設定は、スケジューラーが Pod のスケジューリングを決定する方法と、kubelet が Pod を削除する方法に影響します。まず、スケジューラーは、スケジュールされたコンテナーのリソース要求の合計がノードの容量よりも少ないことを確認します。この場合は、使用可能な一時ストレージ (割り当て可能なリソース) が 4GiB を超える場合にのみ、Pod をノードに割り当てることができます。

次に、コンテナーレベルでは、最初のコンテナーがリソース制限を設定するため、kubelet エビクションマネージャーはこのコンテナーのディスク使用量を測定し、このコンテナーのストレージ使用量がその制限 (4GiB) を超える場合は、Pod をエビクトします。Pod レベルでは、kubelet は、その Pod 内のすべてのコンテナーの制限を合計することで、Pod 全体のストレージ制限を計算します。この場合、Pod レベルでの合計ストレージ使用量は、すべてのコンテナーからのディスク使用量と Pod の emptyDir ボリュームの合計になります。この合計使用量が全体的な Pod ストレージの制限 (4GiB) を超えた場合、kubelet は Pod にエビクションのマークも付けます。

プロジェクトのクォータの定義については、プロジェクトごとのクォータ設定 を参照してください。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.