検索

15.4. セキュリティーコンテキスト制約の作成

download PDF

OpenShift CLI (oc) を使用して Security Context Constraints (SCC) を作成できます。

重要

独自の SCC の作成と変更は高度な操作であり、クラスターを不安定にする可能性があります。独自の SCC の使用について質問がある場合は、Red Hat サポートにお問い合わせください。Red Hat サポートへの連絡方法は、サポートを受ける方法 を参照してください。

前提条件

  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。
  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてクラスターにログインしている。

手順

  1. scc-admin.yaml という名前の YAML ファイルで SCC を定義します。

    kind: SecurityContextConstraints
    apiVersion: security.openshift.io/v1
    metadata:
      name: scc-admin
    allowPrivilegedContainer: true
    runAsUser:
      type: RunAsAny
    seLinuxContext:
      type: RunAsAny
    fsGroup:
      type: RunAsAny
    supplementalGroups:
      type: RunAsAny
    users:
    - my-admin-user
    groups:
    - my-admin-group

    オプションとして、requiredDropCapabilities フィールドに必要な値を設定して、SCC の特定の機能を取り除くことができます。指定された機能はコンテナーからドロップされます。すべてのケイパビリティーを破棄するには、ALL を指定します。たとえば、KILL 機能、MKNOD 機能、および SYS_CHROOT 機能のない SCC を作成するには、以下を SCC オブジェクトに追加します。

    requiredDropCapabilities:
    - KILL
    - MKNOD
    - SYS_CHROOT
    注記

    allowedCapabilitiesrequiredDropCapabilities の両方に、機能を追加できません。

    CRI-O は、Docker ドキュメント に記載されている同じ一連の機能の値をサポートします。

  2. ファイルを渡して SCC を作成します。

    $ oc create -f scc-admin.yaml

    出力例

    securitycontextconstraints "scc-admin" created

検証

  • SCC が作成されていることを確認します。

    $ oc get scc scc-admin

    出力例

    NAME        PRIV      CAPS      SELINUX    RUNASUSER   FSGROUP    SUPGROUP   PRIORITY   READONLYROOTFS   VOLUMES
    scc-admin   true      []        RunAsAny   RunAsAny    RunAsAny   RunAsAny   <none>     false            [awsElasticBlockStore azureDisk azureFile cephFS cinder configMap downwardAPI emptyDir fc flexVolume flocker gcePersistentDisk gitRepo glusterfs iscsi nfs persistentVolumeClaim photonPersistentDisk quobyte rbd secret vsphere]

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.