検索

11.2. MTC カスタムリソースマニフェスト

download PDF

MTC (Migration Toolkit for Containers) は以下のカスタムリソース (CR) マニフェストを使用して、アプリケーションを移行します。

11.2.1. DirectImageMigration

DirectImageMigration CR はイメージをソースクラスターから宛先クラスターに直接コピーします。

apiVersion: migration.openshift.io/v1alpha1
kind: DirectImageMigration
metadata:
  labels:
    controller-tools.k8s.io: "1.0"
  name: <direct_image_migration>
spec:
  srcMigClusterRef:
    name: <source_cluster>
    namespace: openshift-migration
  destMigClusterRef:
    name: <destination_cluster>
    namespace: openshift-migration
  namespaces: 1
    - <source_namespace_1>
    - <source_namespace_2>:<destination_namespace_3> 2
1
移行するイメージが含まれる namespace を 1 つ以上指定します。デフォルトでは、宛先の namespace の名前はソース namespace と同じになります。
2
別の名前で宛先 namespace にマップされるソース namespace。

11.2.2. DirectImageStreamMigration

DirectImageStreamMigration CR はイメージストリーム参照をソースクラスターから宛先クラスターに直接コピーします。

apiVersion: migration.openshift.io/v1alpha1
kind: DirectImageStreamMigration
metadata:
  labels:
    controller-tools.k8s.io: "1.0"
  name: <direct_image_stream_migration>
spec:
  srcMigClusterRef:
    name: <source_cluster>
    namespace: openshift-migration
  destMigClusterRef:
    name: <destination_cluster>
    namespace: openshift-migration
  imageStreamRef:
    name: <image_stream>
    namespace: <source_image_stream_namespace>
  destNamespace: <destination_image_stream_namespace>

11.2.3. DirectVolumeMigration

DirectVolumeMigration CR は永続ボリューム (PV) をソースクラスターから宛先クラスターに直接コピーします。

apiVersion: migration.openshift.io/v1alpha1
kind: DirectVolumeMigration
metadata:
  name: <direct_volume_migration>
  namespace: openshift-migration
spec:
  createDestinationNamespaces: false 1
  deleteProgressReportingCRs: false 2
  destMigClusterRef:
    name: <host_cluster> 3
    namespace: openshift-migration
  persistentVolumeClaims:
  - name: <pvc> 4
    namespace: <pvc_namespace>
  srcMigClusterRef:
    name: <source_cluster>
    namespace: openshift-migration
1
true に設定して、宛先クラスターの PV の namespace を作成します。
2
true に設定して移行後に DirectVolumeMigrationProgress CR を削除します。デフォルト値は false です。これにより、DirectVolumeMigrationProgress CR はトラブルシューティング用に保持されます。
3
宛先クラスターがホストクラスターではない場合は、クラスター名を更新します。
4
移行する PVC を 1 つ以上指定します。

11.2.4. DirectVolumeMigrationProgress

DirectVolumeMigrationProgress CR は、DirectVolumeMigration CR の進捗を表示します。

apiVersion: migration.openshift.io/v1alpha1
kind: DirectVolumeMigrationProgress
metadata:
  labels:
    controller-tools.k8s.io: "1.0"
  name: <direct_volume_migration_progress>
spec:
  clusterRef:
    name: <source_cluster>
    namespace: openshift-migration
  podRef:
    name: <rsync_pod>
    namespace: openshift-migration

11.2.5. MigAnalytic

MigAnalytic CR は、関連付けられた MigPlan CR から、イメージの数、Kubernetes リソースおよび永続ボリューム (PV) 容量を収集します。

収集するデータを設定できます。

apiVersion: migration.openshift.io/v1alpha1
kind: MigAnalytic
metadata:
  annotations:
    migplan: <migplan>
  name: <miganalytic>
  namespace: openshift-migration
  labels:
    migplan: <migplan>
spec:
  analyzeImageCount: true 1
  analyzeK8SResources: true 2
  analyzePVCapacity: true 3
  listImages: false 4
  listImagesLimit: 50 5
  migPlanRef:
    name: <migplan>
    namespace: openshift-migration
1
オプション: イメージの数を返します。
2
オプション: Kubernetes リソースの番号、種類、および API バージョンを返します。
3
オプション: PV 容量を返します。
4
イメージ名のリストを返します。デフォルトは false で、出力が過剰に長くなることはありません。
5
オプション: listImagestrue の場合、返されるイメージ名の最大数を指定します。

11.2.6. MigCluster

MigCluster CR は、ホスト、ローカル、またはリモートクラスターを定義します。

apiVersion: migration.openshift.io/v1alpha1
kind: MigCluster
metadata:
  labels:
    controller-tools.k8s.io: "1.0"
  name: <host_cluster> 1
  namespace: openshift-migration
spec:
  isHostCluster: true 2
# The 'azureResourceGroup' parameter is relevant only for Microsoft Azure.
  azureResourceGroup: <azure_resource_group> 3
  caBundle: <ca_bundle_base64> 4
  insecure: false 5
  refresh: false 6
# The 'restartRestic' parameter is relevant for a source cluster.
  restartRestic: true 7
# The following parameters are relevant for a remote cluster.
  exposedRegistryPath: <registry_route> 8
  url: <destination_cluster_url> 9
  serviceAccountSecretRef:
    name: <source_secret> 10
    namespace: openshift-config
1
migration-controller Pod がこのクラスターで実行されていない場合には、クラスター名を更新します。
2
true の場合、migration-controller Pod がこのクラスターで実行されます。
3
Microsoft Azure のみ: リソースグループを指定します。
4
オプション: 自己署名 CA 証明書の証明書バンドルを作成しており、insecure な パラメーターの値が false の場合、base64 でエンコードされた証明書バンドルを指定します。
5
SSL 検証を無効にするには true に設定します。
6
クラスターを検証するには、true に設定します。
7
ステージ Pod の作成後に Restic Pod をソースクラスターで再起動するには、true に設定します。
8
リモートクラスターおよび直接のイメージ移行のみ: 公開されるセキュアなレジストリールートを指定します。
9
リモートクラスターのみ: URL を指定します。
10
リモートクラスターのみ: Secret オブジェクトの名前を指定します。

11.2.7. MigHook

MigHook CR は、指定の移行段階でカスタムコードを実行する移行フックを定義します。最大 4 つの移行フックを作成できます。各フックは異なる移行フェーズで実行されます。

フック名、ランタイム期間、カスタムイメージ、およびフックが実行されるクラスターを設定できます。

フックの移行フェーズおよび namespace は MigPlan CR で設定されます。

apiVersion: migration.openshift.io/v1alpha1
kind: MigHook
metadata:
  generateName: <hook_name_prefix> 1
  name: <mighook> 2
  namespace: openshift-migration
spec:
  activeDeadlineSeconds: 1800 3
  custom: false 4
  image: <hook_image> 5
  playbook: <ansible_playbook_base64> 6
  targetCluster: source 7
1
オプション: このパラメーターの値に一意のハッシュが追加され、それぞれの移行フックに一意の名前が追加されます。name パラメーターの値を指定する必要はありません。
2
generateName パラメーターを指定しない場合は、移行フック名を指定します。
3
オプション: フックを実行できる最大秒数を指定します。デフォルトは 1800 です。
4
true の場合、フックはカスタムイメージです。カスタムイメージには Ansible を含めることも、これを別のプログラミング言語で記述することもできます。
5
カスタムイメージ (例: quay.io/konveyor/hook-runner:latest) を指定します。customtrue の場合に必要です。
6
base64 でエンコードされた Ansible Playbook。customfalse の場合に必要です。
7
フックの実行先のクラスターを指定します。有効な値は ソース または 宛先 です。

11.2.8. MigMigration

MigMigration CR は MigPlan CR を実行します。

Migmigration CR はステージまたは増分移行を実行し、進行中の移行をキャンセルしたり、完了した移行をロールバックしたりするように設定できます。

apiVersion: migration.openshift.io/v1alpha1
kind: MigMigration
metadata:
  labels:
    controller-tools.k8s.io: "1.0"
  name: <migmigration>
  namespace: openshift-migration
spec:
  canceled: false 1
  rollback: false 2
  stage: false 3
  quiescePods: true 4
  keepAnnotations: true 5
  verify: false 6
  migPlanRef:
    name: <migplan>
    namespace: openshift-migration
1
実行中の移行を取り消すには、true に設定します。
2
完了した移行をロールバックするには、true に設定します。
3
段階移行を実行するには、true に設定します。データが増分的にコピーされ、ソースクラスター上の Pod は停止しません。
4
移行時にアプリケーションを停止するには、true に設定します。ソースクラスターの Pod は、Backup ステージの後に 0 にスケーリングされます。
5
移行中に適用されるラベルとアノテーションは保持するには、true を設定します。
6
宛先クラスターで移行される Pod のステータスをチェックして、Running 状態にない Pod の名前を返すには、true に設定します。

11.2.9. MigPlan

MigPlan CR は移行計画のパラメーターを定義します。

宛先 namespace、フックフェーズ、および直接または間接的な移行を設定できます。

注記

デフォルトで、宛先 namespace の名前はソース namespace と同じになります。別の宛先の namespace を設定した場合には、UID および GID の範囲が移行時にコピーされるため、namespace が移行元または移行先ホストで複製されないようにする必要があります。

apiVersion: migration.openshift.io/v1alpha1
kind: MigPlan
metadata:
  labels:
    controller-tools.k8s.io: "1.0"
  name: <migplan>
  namespace: openshift-migration
spec:
  closed: false 1
  srcMigClusterRef:
    name: <source_cluster>
    namespace: openshift-migration
  destMigClusterRef:
    name: <destination_cluster>
    namespace: openshift-migration
  hooks: 2
    - executionNamespace: <namespace> 3
      phase: <migration_phase> 4
      reference:
        name: <hook> 5
        namespace: <hook_namespace> 6
      serviceAccount: <service_account> 7
  indirectImageMigration: true 8
  indirectVolumeMigration: false 9
  migStorageRef:
    name: <migstorage>
    namespace: openshift-migration
  namespaces:
    - <source_namespace_1> 10
    - <source_namespace_2>
    - <source_namespace_3>:<destination_namespace_4> 11
  refresh: false  12
1
true の場合、移行が完了します。この MigPlan CR の別の MigMigration CR を作成することはできません。
2
オプション: 最大 4 つの移行フックを指定できます。各フックは異なる移行フェーズで実行される必要があります。
3
オプション: フックが実行される namespace を指定します。
4
オプション: フックが実行される移行フェーズを指定します。1 つのフックを 1 つのフェーズに割り当てることができます。有効な値は、PreBackupPostBackupPreRestore、および PostRestore です。
5
オプション: MigHook CR の名前を指定します。
6
オプション: MigHook CR の namespace を指定します。
7
オプション: cluster-admin 権限でサービスアカウントを指定します。
8
false の場合、直接的なイメージ移行が無効にされます。イメージはソースクラスターからレプリケーションリポジトリーに、レプリケーションリポジトリーから宛先クラスターにコピーされます。
9
false の場合、直接的なボリューム移行が無効にされます。PV はソースクラスターからレプリケーションリポジトリーに、レプリケーションリポジトリーから宛先クラスターにコピーされます。
10
namespace を 1 つ以上指定します。ソース namespace のみを指定する場合には、宛先 namespace は同じになります。
11
宛先 namespace が異なる場合には、宛先 namespace を指定します。
12
true の場合、MigPlan CR が検証されます。

11.2.10. MigStorage

MigStorage CR はレプリケーションリポジトリーのオブジェクトストレージを記述します。

Amazon Web Services (AWS)、Microsoft Azure、Google Cloud Storage、Multi-Cloud Object Gateway、および汎用 S3 互換クラウドストレージがサポート対象です。

AWS およびスナップショットのコピー方法には追加のパラメーターがあります。

apiVersion: migration.openshift.io/v1alpha1
kind: MigStorage
metadata:
  labels:
    controller-tools.k8s.io: "1.0"
  name: <migstorage>
  namespace: openshift-migration
spec:
  backupStorageProvider: <backup_storage_provider> 1
  volumeSnapshotProvider: <snapshot_storage_provider> 2
  backupStorageConfig:
    awsBucketName: <bucket> 3
    awsRegion: <region> 4
    credsSecretRef:
      namespace: openshift-config
      name: <storage_secret> 5
    awsKmsKeyId: <key_id> 6
    awsPublicUrl: <public_url> 7
    awsSignatureVersion: <signature_version> 8
  volumeSnapshotConfig:
    awsRegion: <region> 9
    credsSecretRef:
      namespace: openshift-config
      name: <storage_secret> 10
  refresh: false 11
1
ストレージプロバイダーを指定します。
2
スナップショットのコピー方法のみ: ストレージプロバイダーを指定します。
3
AWS のみ: バケット名を指定します。
4
AWS のみ: バケットリージョン (例: us-east-1) を指定します。
5
ストレージ用に作成した Secret オブジェクトの名前を指定します。
6
AWS のみ: AWS Key Management Service を使用している場合は、キーの一意の識別子を指定します。
7
AWS のみ: AWS バケットへのパブリックアクセスを付与する場合は、バケット URL を指定します。
8
AWS のみ: バケットに対する要求の認証に使用する AWS 署名バージョン (例: 4) を指定します。
9
スナップショットを使用したコピー方法のみ: クラスターの地理的なリージョンを指定します。
10
スナップショットを使用したコピー方法のみ: ストレージ用に作成した Secret オブジェクトの名前を指定します。
11
クラスターを検証するには、true に設定します。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.