検索

28.5. AWS での Ingress クラスタートラフィックの設定

download PDF

OpenShift Container Platform は、クラスター内で実行されるサービスを使用してクラスター外からの通信を可能にする方法を提供します。この方法では、AWS のロードバランサー、具体的には Network Load Balancer (NLB) またはク Classic Load Balancer (CLB) を使用します。どちらのタイプのロードバランサーもクライアントの IP アドレスをノードに転送できますが、CLB にはプロキシープロトコルのサポートが必要です。これは OpenShift Container Platform によって自動的に有効になります。

NLB を使用するように Ingress Controller を設定するには、次の 2 つの方法があります。

  1. 現在 CLB を使用している Ingress Controller を強制的に置き換える。これにより、IngressController オブジェクトが削除され、新しい DNS レコードが伝達され、NLB がプロビジョニングされている間、停止が発生します。
  2. CLB を使用する既存の Ingress Controller を編集して、NLB を使用する。これにより、IngressController オブジェクトを削除して再作成することなく、ロードバランサーが変更されます。

どちらの方法も、NLB から CLB への切り替えに使用できます。

これらのロードバランサーは、新規または既存の AWS クラスターで設定できます。

28.5.1. AWS での Classic Load Balancer タイムアウトの設定

OpenShift Container Platform は、特定のルートまたは Ingress Controller のカスタムタイムアウト期間を設定するためのメソッドを提供します。さらに、AWS Classic Load Balancer (CLB) には独自のタイムアウト期間があり、デフォルトは 60 秒です。

CLB のタイムアウト期間がルートタイムアウトまたは Ingress Controller タイムアウトよりも短い場合、ロードバランサーは接続を途中で終了する可能性があります。ルートと CLB の両方のタイムアウト期間を増やすことで、この問題を防ぐことができます。

28.5.1.1. ルートのタイムアウトの設定

Service Level Availability (SLA) で必要とされる、低タイムアウトが必要なサービスや、バックエンドでの処理速度が遅いケースで高タイムアウトが必要なサービスがある場合は、既存のルートに対してデフォルトのタイムアウトを設定することができます。

前提条件

  • 実行中のクラスターでデプロイ済みの Ingress Controller が必要になります。

手順

  1. oc annotate コマンドを使用して、ルートにタイムアウトを追加します。

    $ oc annotate route <route_name> \
        --overwrite haproxy.router.openshift.io/timeout=<timeout><time_unit> 1
    1
    サポートされる時間単位は、マイクロ秒 (us)、ミリ秒 (ms)、秒 (s)、分 (m)、時間 (h)、または日 (d) です。

    以下の例では、2 秒のタイムアウトを myroute という名前のルートに設定します。

    $ oc annotate route myroute --overwrite haproxy.router.openshift.io/timeout=2s

28.5.1.2. Classic Load Balancer タイムアウトの設定

Classic Load Balancer (CLB) のデフォルトのタイムアウトを設定して、アイドル接続を延長できます。

前提条件

  • 実行中のクラスターにデプロイ済みの Ingress Controller がある。

手順

  1. 次のコマンドを実行して、デフォルト ingresscontroller の AWS 接続アイドルタイムアウトを 5 分に設定します。

    $ oc -n openshift-ingress-operator patch ingresscontroller/default \
        --type=merge --patch='{"spec":{"endpointPublishingStrategy": \
        {"type":"LoadBalancerService", "loadBalancer": \
        {"scope":"External", "providerParameters":{"type":"AWS", "aws": \
        {"type":"Classic", "classicLoadBalancer": \
        {"connectionIdleTimeout":"5m"}}}}}}}'
  2. オプション: 次のコマンドを実行して、タイムアウトのデフォルト値を復元します。

    $ oc -n openshift-ingress-operator patch ingresscontroller/default \
        --type=merge --patch='{"spec":{"endpointPublishingStrategy": \
        {"loadBalancer":{"providerParameters":{"aws":{"classicLoadBalancer": \
        {"connectionIdleTimeout":null}}}}}}}'
注記

現在のスコープがすでに設定されている場合を除き、接続タイムアウト値を変更するには scope フィールドを指定する必要があります。デフォルトのタイムアウト値に戻す場合は、scope フィールドを設定する際に再度設定する必要はありません。

28.5.2. ネットワークロードバランサーを使用した AWS での ingress クラスタートラフィックの設定

OpenShift Container Platform は、クラスター内で実行されるサービスを使用してクラスター外からの通信を可能にする方法を提供します。そのような方法の 1 つでは、Network Load Balancer (NLB) を使用します。NLB を新規または既存の AWS クラスターに設定することができます。

28.5.2.1. Ingress Controller を Classic Load Balancer から Network Load Balancer に切り替える

Classic Load Balancer (CLB) を使用している Ingress Controller を、AWS の Network Load Balancer (NLB) を使用する Ingress Controller に切り替えることができます。

これらのロードバランサーを切り替えても、IngressController オブジェクトは削除されません。

警告

この手順により、次の問題が発生する可能性があります。

  • 新しい DNS レコードの伝播、新しいロードバランサーのプロビジョニング、およびその他の要因により、数分間続く可能性のある停止。この手順を適用すると、Ingress Controller ロードバランサーの IP アドレスや正規名が変更になる場合があります。
  • サービスのアノテーションの変更により、ロードバランサーリソースがリークする。

手順

  1. NLB を使用して切り替える既存の Ingress Controller を変更します。この例では、デフォルトの Ingress コントローラーに External スコープがあり、他のカスタマイズがないことを前提としています。

    ingresscontroller.yaml ファイルの例

    apiVersion: operator.openshift.io/v1
    kind: IngressController
    metadata:
      creationTimestamp: null
      name: default
      namespace: openshift-ingress-operator
    spec:
      endpointPublishingStrategy:
        loadBalancer:
          scope: External
          providerParameters:
            type: AWS
            aws:
              type: NLB
        type: LoadBalancerService

    注記

    spec.endpointPublishingStrategy.loadBalancer.providerParameters.aws.type フィールドの値を指定しない場合、Ingress コントローラーは、インストール時に設定されたクラスター Ingress 設定の spec.loadBalancer.platform.aws.type 値を使用します。

    ヒント

    Ingress Controller に、ドメインの変更など、更新したい他のカスタマイズがある場合は、代わりに Ingress Controller 定義ファイルを強制的に置き換えることを検討してください。

  2. 次のコマンドを実行して、Ingress Controller YAML ファイルに変更を適用します。

    $ oc apply -f ingresscontroller.yaml

    Ingress Controller の更新中は、数分間の停止が予想されます。

28.5.2.2. Network Load Balancer の使用から Classic Load Balancer への Ingress Controller の切り替え

Network Load Balancer (NLB) を使用している Ingress Controller を、AWS の Classic Load Balancer (CLB) を使用する Ingress Controller に切り替えることができます。

これらのロードバランサーを切り替えても、IngressController オブジェクトは削除されません。

警告

この手順により、新しい DNS レコードの伝播、新しいロードバランサーのプロビジョニング、およびその他の要因により、数分間続く停止が発生する可能性があります。この手順を適用すると、Ingress Controller ロードバランサーの IP アドレスや正規名が変更になる場合があります。

手順

  1. CLB を使用して切り替える既存の Ingress Controller を変更します。この例では、デフォルトの Ingress コントローラーに External スコープがあり、他のカスタマイズがないことを前提としています。

    ingresscontroller.yaml ファイルの例

    apiVersion: operator.openshift.io/v1
    kind: IngressController
    metadata:
      creationTimestamp: null
      name: default
      namespace: openshift-ingress-operator
    spec:
      endpointPublishingStrategy:
        loadBalancer:
          scope: External
          providerParameters:
            type: AWS
            aws:
              type: Classic
        type: LoadBalancerService

    注記

    spec.endpointPublishingStrategy.loadBalancer.providerParameters.aws.type フィールドの値を指定しない場合、Ingress コントローラーは、インストール時に設定されたクラスター Ingress 設定の spec.loadBalancer.platform.aws.type 値を使用します。

    ヒント

    Ingress Controller に、ドメインの変更など、更新したい他のカスタマイズがある場合は、代わりに Ingress Controller 定義ファイルを強制的に置き換えることを検討してください。

  2. 次のコマンドを実行して、Ingress Controller YAML ファイルに変更を適用します。

    $ oc apply -f ingresscontroller.yaml

    Ingress Controller の更新中は、数分間の停止が予想されます。

28.5.2.3. Ingress Controller Classic Load Balancer の Network Load Balancer への置き換え

Classic Load Balancer (CLB) を使用している Ingress Controller は、AWS の Network Load Balancer (NLB) を使用している Ingress Controller に置き換えることができます。

警告

この手順により、次の問題が発生する可能性があります。

  • 新しい DNS レコードの伝播、新しいロードバランサーのプロビジョニング、およびその他の要因により、数分間続く可能性のある停止。この手順を適用すると、Ingress Controller ロードバランサーの IP アドレスや正規名が変更になる場合があります。
  • サービスのアノテーションの変更により、ロードバランサーリソースがリークする。

手順

  1. 新しいデフォルトの Ingress Controller を含むファイルを作成します。以下の例では、デフォルトの Ingress Controller の範囲が External で、その他のカスタマイズをしていないことを想定しています。

    ingresscontroller.yml ファイルの例

    apiVersion: operator.openshift.io/v1
    kind: IngressController
    metadata:
      creationTimestamp: null
      name: default
      namespace: openshift-ingress-operator
    spec:
      endpointPublishingStrategy:
        loadBalancer:
          scope: External
          providerParameters:
            type: AWS
            aws:
              type: NLB
        type: LoadBalancerService

    デフォルトの Ingress Controller が他にカスタマイズされている場合には、それに応じてファイルを修正してください。

    ヒント

    Ingress Controller に他のカスタマイズがなく、ロードバランサータイプのみを更新する場合は、「Ingress Controller を Classic Load Balancer から Network Load Balancer に切り替える」に記載の手順に従ってください。

  2. Ingress Controller の YAML ファイルを強制的に置き換えます。

    $ oc replace --force --wait -f ingresscontroller.yml

    Ingress Controller の置き換えが完了するまでお待ちください。数分間の停止が予想されます。

28.5.2.4. 既存 AWS クラスターでの Ingress Controller ネットワークロードバランサーの設定

AWS Network Load Balancer (NLB) がサポートする Ingress Controller を既存のクラスターに作成できます。

前提条件

  • AWS クラスターがインストールされている。
  • インフラストラクチャーリソースの PlatformStatus は AWS である必要があります。

    • PlatformStatus が AWS であることを確認するには、以下を実行します。

      $ oc get infrastructure/cluster -o jsonpath='{.status.platformStatus.type}'
      AWS

手順

既存のクラスターの AWS NLB がサポートする Ingress Controller を作成します。

  1. Ingress Controller のマニフェストを作成します。

     $ cat ingresscontroller-aws-nlb.yaml

    出力例

    apiVersion: operator.openshift.io/v1
    kind: IngressController
    metadata:
      name: $my_ingress_controller1
      namespace: openshift-ingress-operator
    spec:
      domain: $my_unique_ingress_domain2
      endpointPublishingStrategy:
        type: LoadBalancerService
        loadBalancer:
          scope: External3
          providerParameters:
            type: AWS
            aws:
              type: NLB

    1
    $my_ingress_controller を Ingress コントローラーの一意の名前に置き換えます。
    2
    $my_unique_ingress_domain を、クラスター内のすべての Ingress コントローラー間で一意のドメイン名に置き換えます。この変数は、DNS 名 <clustername>.<domain> のサブドメインである必要があります。
    3
    External を内部 NLB を使用するために Internal に置き換えることができます。
  2. クラスターにリソースを作成します。

    $ oc create -f ingresscontroller-aws-nlb.yaml
重要

新規 AWS クラスターで Ingress Controller NLB を設定する前に、インストール設定ファイルの作成 手順を完了する必要があります。

28.5.2.5. 新規 AWS クラスターでの Ingress Controller ネットワークロードバランサーの設定

新規クラスターに AWS Network Load Balancer (NLB) がサポートする Ingress Controller を作成できます。

前提条件

  • install-config.yaml ファイルを作成し、これに対する変更を完了します。

手順

新規クラスターの AWS NLB がサポートする Ingress Controller を作成します。

  1. インストールプログラムが含まれるディレクトリーに切り替え、マニフェストを作成します。

    $ ./openshift-install create manifests --dir <installation_directory> 1
    1
    <installation_directory> については、クラスターの install-config.yaml ファイルが含まれるディレクトリーの名前を指定します。
  2. cluster-ingress-default-ingresscontroller.yaml という名前のファイルを <installation_directory>/manifests/ ディレクトリーに作成します。

    $ touch <installation_directory>/manifests/cluster-ingress-default-ingresscontroller.yaml 1
    1
    <installation_directory> については、クラスターの manifests/ ディレクトリーが含まれるディレクトリー名を指定します。

    ファイルの作成後は、以下のようにいくつかのネットワーク設定ファイルが manifests/ ディレクトリーに置かれます。

    $ ls <installation_directory>/manifests/cluster-ingress-default-ingresscontroller.yaml

    出力例

    cluster-ingress-default-ingresscontroller.yaml

  3. エディターで cluster-ingress-default-ingresscontroller.yaml ファイルを開き、必要な Operator 設定を記述するカスタムリソース (CR) を入力します。

    apiVersion: operator.openshift.io/v1
    kind: IngressController
    metadata:
      creationTimestamp: null
      name: default
      namespace: openshift-ingress-operator
    spec:
      endpointPublishingStrategy:
        loadBalancer:
          scope: External
          providerParameters:
            type: AWS
            aws:
              type: NLB
        type: LoadBalancerService
  4. cluster-ingress-default-ingresscontroller.yaml ファイルを保存し、テキストエディターを終了します。
  5. オプション: manifests/cluster-ingress-default-ingresscontroller.yaml ファイルをバックアップします。インストールプログラムは、クラスターの作成時に manifests/ ディレクトリーを削除します。

28.5.3. 関連情報

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.