検索

第1章 認証および認可の概要

download PDF

1.1. OpenShift Container Platform の認証および認可に関する一般的な用語集

この用語集では、OpenShift Container Platform の認証および認可で使用される一般的な用語を定義します。

認証
認証は、OpenShift Container Platform クラスターへのアクセスを決定し、認証されたユーザーのみが OpenShift Container Platform クラスターにアクセスできるようにします。
認可
認可は、要求されたアクションを実行するパーミッションを識別されたユーザーが持っているかどうかを決定します。
ベアラートークン
ベアラートークンは、ヘッダー Authorization: Bearer <token> で API を認証するために使用されます。
Cloud Credential Operator
Cloud Credential Operator (CCO) は、クラウドプロバイダーの認証情報をカスタムリソース定義 (CRD) として管理します。
設定マップ
config map は、設定データを Pod に注入する方法を提供します。タイプ ConfigMap のボリューム内の ConfigMap に格納されたデータを参照できます。Pod で実行しているアプリケーションは、このデータを使用できます。
コンテナー
ソフトウェアとそのすべての依存関係を設定する軽量で実行可能なイメージ。コンテナーはオペレーティングシステムを仮想化するため、データセンター、パブリッククラウドまたはプライベートクラウド、またはローカルホストでコンテナーを実行できます。
カスタムリソース (CR)
CR は Kubernetes API のエクステンションです。
グループ
グループはユーザーの集まりです。グループは、一度に複数のユーザーにパーミッションを付与する場合に便利です。
HTPasswd
HTPasswd は、HTTP ユーザーの認証用のユーザー名とパスワードを格納するファイルを更新します。
Keystone
Keystone は、ID、トークン、カタログ、およびポリシーサービスを提供する Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) プロジェクトです。
Lightweight Directory Access Protocol (LDAP)
LDAP は、ユーザー情報を照会するプロトコルです。
手動モード
手動モードでは、ユーザーは Cloud Credential Operator (CCO) の代わりにクラウド認証情報を管理します。
mint モード
mint モードは、サポートされるプラットフォームで使用する Cloud Credential Operator (CCO) のデフォルトおよび推奨されるベストプラクティスの設定です。このモードでは、CCO は提供される管理者レベルのクラウド認証情報を使用して、必要となる特定のパーミッションのみでクラスター内のコンポーネントの新規の認証情報を作成します。
namespace
namespace は、すべてのプロセスから見える特定のシステムリソースを分離します。namespace 内では、その namespace のメンバーであるプロセスのみがそれらのリソースを参照できます。
node
ノードは、OpenShift Container Platform クラスター内のワーカーマシンです。ノードは、仮想マシン (VM) または物理マシンのいずれかです。
OAuth クライアント
OAuth クライアントは、ベアラートークンを取得するために使用されます。
OAuth サーバー
OpenShift Container Platform コントロールプレーンには、設定されたアイデンティティープロバイダーからユーザーのアイデンティティーを決定し、アクセストークンを作成する組み込みの OAuth サーバーが含まれています。
OpenID Connect
OpenID Connect は、ユーザーが Single Sign-On (SSO) を使用して OpenID プロバイダーを使用するサイトにアクセスすることを認証するためのプロトコルです。
passthrough モード
passthrough モードでは、Cloud Credential Operator (CCO) は提供されるクラウド認証情報を、コンポーネントを要求するコンポーネントに渡します。
Pod
Pod は、Kubernetes における最小の論理単位です。Pod は、ワーカーノードで実行される 1 つ以上のコンテナーで構成されます。
通常ユーザー
最初のログイン時または API 経由でクラスター内に自動的に作成されるユーザー。
リクエストヘッダー
要求ヘッダーは、サーバーが要求の応答を追跡できるように、HTTP 要求コンテキストに関する情報を提供するために使用される HTTP ヘッダーです。
ロールベースのアクセス制御 (RBAC)
クラスターユーザーとワークロードが、ロールを実行するために必要なリソースにのみアクセスできるようにするための重要なセキュリティーコントロール。
サービスアカウント
サービスアカウントは、クラスターコンポーネントまたはアプリケーションによって使用されます。
システムユーザー
クラスターのインストール時に自動的に作成されるユーザー。
ユーザー
ユーザーは、API にリクエストを送信できるエンティティーです。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.