検索

5.3.2. Central インストールスクリプトの実行

download PDF

対話型インストーラーを実行した後、setup.sh スクリプトを実行して Central をインストールできます。

手順

  1. setup.sh スクリプトを実行して、イメージレジストリーアクセスを設定します。

    $ ./central-bundle/central/scripts/setup.sh
  2. 必要なリソースを作成します。

    $ oc create -R -f central-bundle/central
  3. デプロイメントの進行状況を確認します。

    $ oc get pod -n stackrox -w
  4. Central の実行後、RHACS ポータルの IP アドレスを見つけて、ブラウザーで開きます。プロンプトに応答するときに選択した公開方法に応じて、次のいずれかの方法を使用して IP アドレスを取得します。

    公開方法コマンドアドレス

    ルート

    oc -n stackrox get route central

    出力の HOST/PORT 列の下のアドレス

    https://central-stackrox.example.route

    ノードポート

    oc get node -owide && oc -n stackrox get svc central-loadbalancer

    サービス用に表示されたポート上の任意のノードの IP またはホスト名

    https://198.51.100.0:31489

    ロードバランサー

    oc -n stackrox get svc central-loadbalancer

    EXTERNAL-IP または、ポート 443 でサービスに表示されるホスト名

    https://192.0.2.0

    なし

    central-bundle/central/scripts/port-forward.sh 8443

    https://localhost:8443

    https://localhost:8443

注記

対話型インストール中に自動生成されたパスワードを選択した場合は、次のコマンドを実行して、Central にログインするためのパスワードを確認できます。

$ cat central-bundle/password
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.