検索

第7章 クロスサイトレプリケーション操作の実行

download PDF

異なる場所で実行されている Data Grid クラスターは、データをバックアップするために相互に検出および通信できます。

前提条件

  • Data Grid CLI を起動している。
  • 実行中の Data Grid クラスターに接続している。

7.1. バックアップ場所のオフラインおよびオンライン化

バックアップ場所を手動でオフラインにし、オンラインに戻します。

手順

  1. Data Grid への CLI 接続を作成します。
  2. site status コマンドを使用して、バックアップの場所がオンラインかオフラインかを確認します。

    //containers/default]> site status --cache=cacheName --site=NYC
    注記

    --site はオプションの引数です。設定されていない場合、CLI はすべてのバックアップ場所を返します。

  3. 次のようにバックアップ場所を管理します。

    • bring-online コマンドを使用して、バックアップの場所をオンラインにします。

      //containers/default]> site bring-online --cache=customers --site=NYC
    • take-offline コマンドを使用して、バックアップの場所をオフラインにします。

      //containers/default]> site take-offline --cache=customers --site=NYC

詳細と例については、help site コマンドを実行してください。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.