検索

11.15. 仮想化

download PDF

https または ssh 経由での仮想マシンのインストールに失敗する場合がある

現在、virt-install ユーティリティーは、https または ssh 接続を介して ISO ソースからゲストオペレーティングシステム (OS)をインストールしようとすると失敗します。たとえば、virt-install--cdromhttps://example/path/to/image.iso を使用します。仮想マシンを作成する代わりに、上述の操作は internal error: process exited while connecting to monitor というメッセージが表示されて予期せず終了します。

同様に、https または ssh URL、あるいは Download OS 機能を使用した場合、RHEL 9 Web コンソールを使用したゲストオペレーティングシステムのインストールが失敗し、Unknown driver 'https' エラーが表示されます。

この問題を回避するには、ホストに qemu-kvm-block-curl および qemu-kvm-block-ssh をインストールして、https および ssh プロトコルのサポートを有効にします。別の接続プロトコルまたは別のインストールソースを使用することもできます。

Bugzilla:2014229

仮想マシンで NVIDIA ドライバーを使用すると Wayland が無効になる

現在、NVIDIA ドライバーは Wayland グラフィカルセッションと互換性がありません。これにより、NVIDIA ドライバーを使用する RHEL ゲストオペレーティングシステムは、Wayland を自動的に無効にし、代わりに Xorg セッションを読み込みます。これは主に以下のシナリオで生じます。

  • NVIDIA GPU デバイスを RHEL 仮想マシンに渡す場合
  • NVIDIA vGPU 仲介デバイスを RHEL 仮想マシンに割り当てる場合

Jira:RHELPLAN-117234[1]

Milan 仮想マシンの CPU タイプは、AMD Milan システムで利用できないことがあります。

一部の AMD Milan システムでは、Enhanced REP MOVSB (erms) および Fast Short REP MOVSB (fsrm) 機能フラグがデフォルトで BIOS で無効になっています。したがって、Milan CPU タイプは、これらのシステムで利用できない可能性があります。さらに、機能フラグ設定が異なる Milan ホスト間の仮想マシンのライブマイグレーションが失敗する可能性があります。これらの問題を回避するには、ホストの BIOS で erms および fsrm を手動で有効にします。

Bugzilla:2077767[1]

フェイルオーバー設定のある hostdev インターフェイスは、ホットアンプラグされた後にホットプラグすることはできない

フェイルオーバー設定の hostdev ネットワークインターフェイスを実行中の仮想マシン (VM) から削除した後、現在、インターフェイスを同じ実行中の VM に再接続することはできません。

Jira:RHEL-7337

フェイルオーバー VF を使用した VM のコピー後のライブマイグレーションが失敗する

現在、VM が仮想機能 (VF) フェイルオーバー機能が有効になっているデバイスを使用している場合、実行中の仮想マシン (VM) のコピー後移行の試行は失敗します。この問題を回避するには、コピー後の移行ではなく、標準の移行タイプを使用します。

Jira:RHEL-7335

ライブマイグレーション中にホストネットワークが VF と VM に ping できない

設定済みの仮想機能 (VF) で仮想マシン (仮想 SR-IOV ソフトウェアを使用する仮想マシンなど) のライブマイグレーションを行う場合、仮想マシンのネットワークは他のデバイスに表示されず、ping などのコマンドで仮想マシンに到達できません。ただし、移行が終了すると、問題は発生しなくなります。

Jira:RHEL-7336

AVX を無効にすると、仮想マシンが起動できなくなる

Advanced Vector Extensions (AVX) をサポートする CPU を使用するホストマシンで、現在、AVX を明示的に無効にして VM を起動しようとすると失敗し、代わりに VM でカーネルパニックが発生します。

Bugzilla:2005173[1]

ネットワークインターフェイスのリセット後に Windows VM が IP アドレスの取得に失敗する

ネットワークインターフェイスの自動リセット後に、Windows 仮想マシンが IP アドレスの取得に失敗することがあります。その結果、VM はネットワークに接続できません。この問題を回避するには、Windows デバイスマネージャーでネットワークアダプタードライバーを無効にしてから再度有効にします。

Jira:RHEL-11366

vCPU をホットプラグした後、Windows Server 2016 VM が動作を停止することがある

現在、Windows Server 2016 ゲストオペレーティングシステムで実行中の仮想マシン (VM) に vCPU を割り当てると、VM が予期せず終了したり、応答しなくなったり、再起動したりするなど、さまざまな問題が発生する可能性があります。

Bugzilla:1915715

多数のキューを使用すると、仮想マシンで障害が発生することがある

仮想 Trusted Platform Module (vTPM) デバイスが有効で、マルチキュー virtio-net 機能が 250 を超えるキューを使用するように設定されている場合、仮想マシン (VM) が失敗することがあります。

この問題は、vTPM デバイスの制限が原因で発生します。vTPM デバイスには、開いているファイル記述子の最大数に関するハードコーディングされた制限があります。新しいキューごとに複数のファイル記述子が開かれるため、内部の vTPM 制限を超えて VM が失敗する可能性があります。

この問題を回避するには、次の 2 つのオプションのいずれかを選択します。

  • vTPM デバイスを有効のままにしますが、使用するキューは 250 未満にします。
  • 250 を超えるキューを使用するには、vTPM デバイスを無効にします。

Jira:RHEL-13335[1]

NVIDIA パススルーデバイスを備えた VM での冗長エラーメッセージ。

RHEL 9.2 以降のオペレーティングシステムを搭載した Intel ホストマシンを使用している場合、パススルー NVDIA GPU デバイスを備えた仮想マシン (VM) で、次のエラーメッセージが頻繁に記録されます。

Spurious APIC interrupt (vector 0xFF) on CPU#2, should never happen.

ただし、このエラーメッセージは VM の機能には影響しないため、無視してかまいません。詳細は、Red Hat ナレッジベース を参照してください。

Bugzilla:2149989[1]

AMD EPYC CPU を搭載したホストで v2v 変換後に一部の Windows ゲストが起動に失敗する

virt-v2v ユーティリティーを使用して、Windows 11 または Windows Server 2022 をゲスト OS として使用する仮想マシン (VM) を変換した後、現在 VM は起動に失敗します。これは、AMD EPYC シリーズ CPU を使用するホストで発生します。

Bugzilla:2168082[1]

ホストで OVS サービスを再起動すると、実行中の VM でネットワーク接続がブロックされることがある

ホストで Open vSwitch (OVS) サービスが再起動またはクラッシュすると、このホストで実行されている仮想マシン (VM) はネットワークデバイスの状態を回復できません。その結果、仮想マシンがパケットを完全に受信できなくなる可能性があります。

この問題は、virtio ネットワークスタックで圧縮された virtqueue 形式を使用するシステムのみに影響します。

この問題を回避するには、virtio ネットワークデバイス定義で packed=off パラメーターを使用して、圧縮された virtqueue を無効にします。圧縮された virtqueue を無効にすると、状況によっては、ネットワークデバイスの状態を RAM から回復できます。

Jira:RHEL-333

中断されたコピー後の VM 移行の回復が失敗することがある

仮想マシン (VM) のコピー後の移行が中断された後、同じ受信ポートですぐに再開されると、移行は Address already in use のエラーで失敗する可能性があります。

この問題を回避するには、コピー後の移行を再開する前に少なくとも 10 秒待つか、移行の回復のために別のポートに切り替えます。

Jira:RHEL-7096

AMD EPYC CPU で NUMA ノードマッピングが正しく機能しない

QEMU は、AMD EPYC CPU の NUMA ノードマッピングを正しく処理しません。これにより、NUMA ノード設定を使用する場合、これらの CPU を持つ仮想マシン (VM) のパフォーマンスに悪影響が及ぶ可能性があります。さらに、VM は起動時に以下のような警告を表示します。

sched: CPU #4's llc-sibling CPU #3 is not on the same node! [node: 1 != 0]. Ignoring dependency.
WARNING: CPU: 4 PID: 0 at arch/x86/kernel/smpboot.c:415 topology_sane.isra.0+0x6b/0x80

この問題を回避するには、NUMA ノード設定に AMD EPYC CPU を使用しないでください。

Bugzilla:2176010

VM 移行中の NFS 障害により、移行が失敗してソース仮想マシンのコアダンプが発生する

現在、仮想マシン (VM) の移行中に NFS サービスまたはサーバーがシャットダウンした場合、ソース VM の QEMU は、実行を再開したときに NFS サーバーに再接続できません。その結果、移行に失敗し、ソース VM でコアダンプが開始されます。現在、使用可能な回避策はありません。

Bugzilla:2058982

PCIe ATS デバイスが Windows 仮想マシンで動作しない

Windows ゲストオペレーティングシステムを使用して仮想マシン (VM) の XML 設定で PCIe アドレス変換サービス (ATS) デバイスを設定しても、ゲストが仮想マシンの起動後に ATS デバイスを有効にしません。これは、Windows が現在 virtio デバイス上の ATS をサポートしていないためです。

詳細は、Red Hat ナレッジベース を参照してください。

Bugzilla:2073872

virsh blkiotune --weight コマンドが正しい cgroup I/O コントローラー値を設定できない

現在、virsh blkiotune --weight コマンドを使用して VM weight を設定しても、期待どおりに機能しません。このコマンドは、cgroup I/O コントローラーインターフェイスファイルに正しい io.bfq.weight 値を設定できません。現時点では回避策はありません。

Bugzilla:1970830

NVIDIA A16 GPU を使用して仮想マシンを起動すると、ホスト GPU が動作を停止する場合がある

現在、NVIDIA A16 GPU パススルーデバイスを使用する仮想マシンを起動すると、ホストシステム上の NVIDIA A16 GPU 物理デバイスが動作を停止する場合があります。

この問題を回避するには、ハイパーバイザーを再起動し、GPU デバイスの reset_methodbus に設定します。

# echo bus > /sys/bus/pci/devices/<DEVICE-PCI-ADDRESS>/reset_method
# cat /sys/bus/pci/devices/<DEVICE-PCI-ADDRESS>/reset_method
bus

詳細は、Red Hat ナレッジベースの記事 を参照してください。

Jira:RHEL-7212[1]

FIFO スケジューラーを備えた RT 仮想マシンが起動できない

現在、vCPU スケジューラーに fifo 設定を使用するようにリアルタイム (RT) 仮想マシンを設定すると、仮想マシンを起動しようとしても応答しません。代わりに、仮想マシンに Guest has not initialized the display (yet) というエラーが表示されます。

Jira:RHEL-2815[1]

ストレージエラーが原因で Windows 仮想マシンが応答しなくなる可能性がある

Windows ゲストオペレーティングシステムを使用する仮想マシン (VM) では、I/O 負荷が高いときにシステムが応答しなくなることがあります。このような場合、システムは viostor Reset to device, \Device\RaidPort3, was issued エラーをログに記録します。

Jira:RHEL-1609[1]

特定の PCI デバイスを搭載した Windows 10 仮想マシンが起動時に応答しなくなることがある

現在、Windows 10 ゲストオペレーティングシステムを使用する仮想マシン (VM) は、ローカルディスクバックエンドを備えた virtio-win-scsi PCI デバイスが仮想マシンにアタッチされている場合、起動中に応答しなくなる可能性があります。この問題を回避するには、multi_queue オプションを有効にして仮想マシンを起動します。

Jira:RHEL-1084[1]

virtio-win ドライバー用の virtio-win-guest-tool の修復機能が機能しない

現在、Virtio Balloon Driver などの virtio-win ドライバーに対して virtio-win-guest-toolRepair ボタンを使用しても、このボタンは効果がありません。そのため、ドライバーをゲスト上で削除した後は再インストールできません。

Jira:RHEL-1517[1]

メモリーバルーンデバイスセットが設定された Windows 11 仮想マシンが再起動中に予期せず終了することがある

現在、Windows 11 ゲストオペレーティングシステムとメモリーバルーンデバイスを使用する仮想マシン (VM) の再起動が、DRIVER POWER STAT FAILURE ブルースクリーンエラーで失敗する場合があります。

Jira:RHEL-935[1]

ネットワーク負荷が高い状態で Windows 11 または Windows Server 2022 仮想マシンを移行すると失敗することがある

Windows Server 2022 または Windows 11 をゲストオペレーティングシステムとして使用する仮想マシン (VM) をライブマイグレーションする場合に、ネットワークが高いパックロスによる影響を受けると、マイグレーションが応答しなくなったり、予期せず終了したりすることがあります。

Jira:RHEL-2316[1]

コピー後の仮想マシン移行の再開が失敗する場合がある

現在、仮想マシンのコピー後の移行を実行するときに、移行の RECOVER フェーズでプロキシーネットワークに障害が発生すると、仮想マシンが応答しなくなり、移行を再開できなくなります。代わりに、recovery コマンドは次のエラーを表示します。

error: Requested operation is not valid: QEMU reports migration is still running

Jira:RHEL-7115

virtio バルーンドライバーが Windows 10 仮想マシンで動作しない場合がある

特定の状況下では、virtio-balloon ドライバーが Windows 10 ゲストオペレーティングシステムを使用する仮想マシン (VM) 上で正しく動作しません。その結果、そのような仮想マシンは割り当てられたメモリーを効率的に使用できない可能性があります。

Jira:RHEL-12118

Windows 仮想マシンの virtio ファイルシステムのパフォーマンスは最適ではない

現在、Windows ゲストオペレーティングシステムを使用する仮想マシン (VM) 上で virtio ファイルシステム (virtiofs) が設定されている場合、仮想マシン内の virtiofs のパフォーマンスは、Linux ゲストを使用する仮想マシンよりも大幅に低下します。

Jira:RHEL-1212[1]

Windows 仮想マシンのストレージデバイスのホットアンプラグが失敗する可能性がある

Windows ゲストオペレーティングシステムを使用する仮想マシン (VM) で、仮想マシンの実行中にストレージデバイスを削除すると (デバイスのホットアンプラグとも呼ばれる)、失敗する場合があります。その結果、ストレージデバイスは仮想マシンにアタッチされたままになり、ディスクマネージャーサービスが応答しなくなる可能性があります。

Jira:RHEL-869

CPU を Windows 仮想マシンにホットプラグするとシステム障害が発生する可能性がある

Huge Page が有効になっている Windows 仮想マシンに最大数の CPU をホットプラグすると、ゲストオペレーティングシステムが次の Stop エラー でクラッシュする場合があります。

PROCESSOR_START_TIMEOUT

Jira:RHEL-1220

Windows 仮想マシンの virtio ドライバーの更新が失敗する可能性がある

Windows 仮想マシン (VM) で KVM 準仮想化 (virtio) ドライバーを更新すると、更新によりマウスが動作しなくなり、新しくインストールされたドライバーが署名されない可能性があります。この問題は、virtio-win.iso ファイルの一部である virtio-win-guest-tools パッケージからインストールして、virtio ドライバーを更新する際に発生します。

この問題を回避するには、Windows Device Manager を使用して virtio ドライバーを更新します。

Jira:RHEL-574[1]

AMD SEV-SNP を搭載した仮想マシンで Kdump が失敗する

現在、Secure Nested Paging (SNP) 機能を備えた AMD Secure Encrypted Virtualization (SEV) を使用する RHEL 9 仮想マシン (VM) では kdump が失敗します。

Jira:RHEL-10019[1]

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.